001今回はおながんの

「ヤバミッチ先輩 」

試してみました。

ヤバミッチ的なオナホールですね。


今まで「おながん」のオナホールをいくつかレビューしてきた所で、なんとなく分かってきた法則が、

国内(メイトのOEM)で作ったオナホだけやたらと気合が入っている

といった感じで、そのメイトのOEMオナホの合間に挟んでくるフワっとしたコンセプトのオナホールはまるで別のメーカーが作ったかの如くジェネリック感が満載のものになっている、という事ですね。

メーカーのブランディング的にはもちろんしっかりと考えて作ったのであろう面白みのあるオナホールばかりを発売していた方が長期的に見れば得策なわけですが、きっとおそらくおながんにはそのような海外から仕入れた(であろう)ぽっと出のオナホールを発売していかなければいけない理由があるんでしょうね。

001

少し前にレビューした「MUMEI」というオナホールと同時に発売されていたのがこちら。
「ヤバミッチ」というなんだかよく分からない先輩に射精を乞うてみるコンセプトとなっており、特にオナホがどうだとかいった情報はパッケージや名前からは読み取れず、ヤバミッチな先輩には申し訳ないですがコンセプト的にはふわっとした感じに仕上がっていますね。

001

重量は約314g、全長は約14cmなそれなりなサイズなミドルホールとなっており、入り口付近に肉厚の偏ったトルソー型の造形になっていますね。

少し柔らかめで臭いはほどほど。
やや油っぽさの気になる素材が使われており、パッケージの側面には「Made in Chana」の文字がしっかり書かれていたので、中国製のオナホールになりますね。

002

内部は半透明なピンク色をした二層構造になっており、ちょっとしたイボや無造作系のヒダがついた構造ですね。
最近ではあまり見かけなくなってきましたが、数年前にこんな感じのなんとも言えないジェネリックなヒダ系の構造が流行った時代があり、あまりにも見かける上に呼び方が決まっていなかったので「無造作系」という言葉を作った記憶がありますね。

718PLzlTwaL._SL1000_

断面図で見てもあまり裏返した時と印象の違いはない、イボとヒダのついた構造ですね。

yabamittisenpai
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

なんとなくゾリっと刺激してくるヒダ加減と、なんとなくコリっと当たってくるイボ加減と、どちらの刺激もささやかなオナホの内部構造として一応は機能はしているけど、それぞれが特別気持ちいいわけでも目新しいわけでもオリジナリティに富んでいるわけでもなく、ただただオナホとしての最低限の刺激と気持ちよさを与えてくれるような無難にも一歩足りないくらいの挿入感となっていますね。

トルソー型にした事によって見た目的には楽しめる造形になっていますが、腰のくびれの部分はかなり薄くなっている為に、真ん中付近の肉厚感もあまり心地の良いものではなく、トルソー型のデメリットがもろに出てしまっていますね。

平成も終わろうとしているこの2019年にあえてこれをオススメしたくなるような要素はほとんどないオナホール

といった感じですね。

オススメ度は★2で間違いないでしょう。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:2300円前後
nkp(1g当たりの値段):7.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る