001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、最近買ったばかりのヘルシオでレンチン料理を楽しむ為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

生イカを食べ「体内で受精」した女性が話題に!|ニコニコニュース

no title
はい、タイトルそのままです。ただし決して、イカ人間が生まれてしまったとか、スプラトゥーン的なSFチックなお話ではなく、現実にありえるとても奇妙なニュースということです。そしてこの問題は、どんな方でも起こり得るという非常に恐ろしい事件でもあるわけです。早速ご覧ください。

阪急メンズ東京が日本初、アダルトグッズ店を常設。「百貨店は、いい子すぎるのかも|Forbes

baad4efc3aea8e7b26b872a3ccbc25cb
日本百貨店協会の調べによると、百貨店の売上高は年々減少傾向にある。2008年に全国百貨店の売り上げは7兆円を超えていたのが、2018年には6兆円を切っている。訪日外国人に支えられているものの、自然災害や政治状況に左右されやすく安定した数字ではない。

大規模リニューアルとともに新たな顔を見せる阪急メンズ東京の「戦略」についてモードファッション商品部マーチャンタイザーの民谷啓に話を聞いた。

中国、裏の次世代ロボット政策とは? 元政府機関研究員の社会学者が衝撃的提言|ハーバー・ビジネス・オンライン

04-1-550x367
 2月、中国社会科学院の元研究員で、著名な社会学者でもある李銀河氏から衝撃的な発言があった。現在、性人口比率が極端に男性に偏っている中国では、’50年に約3000万人の男性が“余る”という予測に対し、「セクサロイド(疑似性行為用ロボット)を活用すべし」と述べたのだ。

さらに、セクサロイドは会話や家事が可能になるほど技術的に発展を遂げ、値段も30万円前後と庶民の手の届く範囲になり、爆発的に普及していくと李氏は予想した。

ダイヤルQ2、ビデオ安売り王、加藤鷹…平成の性の文化史|NEWSポストセブン

aflo_dialq2
平成時代もいよいよ残り2か月を切った。平成の30年間は、テクノロジーも大きく進化したが、男女間の意識も大きく変化した。フーゾク、AV、ラブグッズ、医療、ベストセラー本、メディア……性生活と性意識の変遷を辿る。

レズ風俗の“鑑賞コース”は男性でも体験できるらしい。プレイを“監督”してもOK…濃厚すぎる90分間で目撃した“女性ならでは”のエロくも美しい世界をご覧あれ!|ニコニコニュース

01
 『あなたの知らないレズ風俗の世界』と題し、多くの男性にとって、秘密のベールに包まれた、神秘の世界を紹介する番組が、niconicoにて配信された。  

番組には、レズ風俗店「レズっ娘クラブ」の経営者であり『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』の著者である、御坊 obou氏。
そして、「レズっ娘クラブ」のキャスト・涼子氏と姉妹店「レズ鑑賞クラブティアラ」のまこ氏の計三名が参加。レズ風俗ならではの、独特かつ細分化されたサービス体系や、女性同士ならではの、きめ細やかで思いやりに溢れたプレイ内容を紹介した。

クリトリスの膨張率、遅漏・早漏対策を教えて! AV男優・しみけんがスパッと解答|サイゾーウーマン

simiken-main
個人デリヘルを経営し風俗嬢としてプライベートセックスレッスンを行う曼荼羅の不定期対談コーナー「曼荼羅の部屋」。今回はAV男優・しみけんさんに性にまつわる疑問を相談。パートナーが遅漏や早漏だったら? 女性と男性、双方からの解決策を探ってみました。

【閲覧注意】ズボンに入れていた銃でペニスを撃ってしまった男! 映画のようにうまくはいかない悲惨な現実=米|TOCANA

20190314_shoot_01
映画に登場するガンマンや警官は、使用後の銃を腰に装着したホルスターに戻す。しかし実際は、映画のようにスムーズにいかないことも――。米インディアナ州に住む男性、マーク・アンソニー・ジョーンズさん(46)を襲った悲惨な出来事を紹介しよう。

欧米では一般的なアフターピル、“コンドーム大国”の日本では普及しない特別な理由|デイリー新潮

1903140700_1
「避妊」と聞いて、その手段としてまっ先にコンドームを思い浮かべる日本人は多いはず。一方、欧米ではピルの使用が一般的で、薬局で処方箋なしでもアフターピルが買える国も多い。何故、日本ではピルやアフターピルが普及しないのだろうか。

日刊スポーツから「アダルト面」が消える 4月から紙面刷新、長年の歴史に幕|JCASTニュース

news_20190329172540-thumb-autox380-155136
スポーツ紙大手の日刊スポーツ(発行=日刊スポーツ新聞社、東京都中央区)が、2019年4月1日から成人男性向け「アダルト面」を廃止する。 J-CASTニュースの取材に対して、日刊スポーツが認めた。

セックスロボットとの「愛」は成立するか|President Online

img_da0fabbc08a2a456f506b70d1b4a6629631957
人工知能とロボット工学の進歩によって、かつてSFの世界であったものも、次第に現実味を帯びるようになってきた。その一つは、人間をサポートするロボットだ。人間と会話したり、サービスを補助したり、あるいは、医療や福祉の分野で心理的なケアを担ったりするロボットは、すでに幾つかのものが実現している。

ロボットとセックスする新時代の大問題|ニューズウィーク

magt190403-robot-thumb-720xauto-156376
ロボットはもう当たり前の存在になった。次は「セックスボット」の番なのか――。 今や多くの企業が、親密な交流や性的快楽の提供を目的とするロボットを開発中。いくつかは既に商品化されている。

恥ずべきものとされたセックストイやセックスドールと違って、セックスボットと呼ばれるロボットのセックスパートナーは主流になる可能性がある。17年のアメリカの調査では、回答者の半数近くが50年後にはロボットとの性行為が普通になると考えていた。

「アニメにエロ要素は必要ない」に共感多数 「原作が面白いのに無駄なエロを足すな」という声も|キャリコネニュース

20190314tv
アニメを見ていると、女性キャラのパンツが急に見えたり、走る時に露骨に胸が揺れたりするシーンが時折登場する。お色気系の作品に限らず、シリアスな作品でもそういった描写が見られることがあが、これに不快感を覚える人もいるようだ。

はてな匿名ダイアリーに3月12日、「もうアニメにエロ要素を入れるのはやめてほしい」というエントリーが寄せられた。

ロンドンの街角に巨大なおっぱいが出現 その意図は?|HUFFPOST

5ca2c3722400002701c8850f
イギリスのロンドンに、突如巨大なおっぱいバルーンが出現した。 エイプリルフールのジョークではない。重要なメッセージが込められているのだ。 イギリスの母の日である3月31日の朝、様々な大きさ、形、色の巨大おっぱいバルーンがロンドン市内に5つ設置された。