001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、六甲山の牧場まで牛乳を飲みに行く為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

中国の病院には搾精マシーンがある|ニコニコニュース

no title
エロとテクノロジーで知られる日本にもこんなのない。ない? ないよね?
中国の病院にピンクのイソギンチャクの口みたいなのが内蔵されているマシンがあるとネットがざわついています。

Lad Bibleによると、どうやら男性の体液を採取するための電動ホールみたいなものなんですが、なんでそんなものがあるのでしょうか?

人類、ついにロボットと結婚する男性が登場してしまう!|ニコニコニュース

12
AIの技術が進化し、そのうち人間の脳を超えるのではないかとも言われておりますが、やはりそんなSFのような世界が来ることは誰もが予想でき、そして恐れている問題でもあります。人間を凌駕する思考を持つロボットが誕生すれば、当然彼らに交渉をしなくてはなりません。ただ、今の段階ではまだ人間の制御のきく範囲で大丈夫です。

女性用アダルトグッズの賞を撤回、そして再授与 米協会が謝罪|BBC NEWS JAPAN

_105120439_bb693313-95a4-4e1b-980a-d728ecde7402
女性向け買い物グッズや子育て道具では賞を取り下げるようなことはしないのに、女性向けアダルトグッズだけいったん贈った賞を撤回したのは性差別だ――。アダルトグッズを開発した女性社長のそうした主張が認められ、全米民生技術協会(CTA)が謝罪と賞の再授与に追い込まれた。

このアダルトグッズは、ローラ・ディカルロ社のバイブレーター「Ose」。CTAが今年1月、革新的な製品だと表彰した。

 【海外発!Breaking News】「アダルトグッズを捨てられた」40歳息子、両親を訴える(米)|テックインサイト

trash11110419
米インディアナ州に住む40歳の男性が、自分の大切な所有物を両親が破棄したとして裁判所に訴えを提起した。男性は2年前に警察に被害届を出していたが受理されることはなく、今回約1,000万円近い損害賠償を求めて両親を訴えた。しかし両親が破棄したのは、14箱にものぼるアダルトグッズだったことが明らかになっており物議を醸している。『PEOPLE.com』などが伝えた。

炎上したコンドームの広告、「同意」をめぐる議論はなぜなくならない?|Rolling Stones

5e7f956ef590c37caf6f615848e7e0bd
Tulipan社は広告に「PlacerConsentido」、英訳すれば「快楽は許可されました」というハッシュタグをつけてキャンペーンを展開。

きっと同社は、前向きな性的体験を得るには双方の協力が必要だ、という力強いメッセージをクリエイティヴに発信したかったのだろう。また、この手の社会啓発キャンペーンをおこなう他の企業と同様、こうしたメッセージを発信することで世間から拍手喝さいを浴びると考えたに違いない。だが、実際はそうならなかった。

蜂による「セックス」動画を世界最大のアダルトサイトが特集 その理由が深かった|HUFFPOST

ant006___ant_contents_img15
世界最大のアダルトサイト、ポルノハブが4月16日、世界で減少しているハチを救う「BEESEXUAL(ビーセクシュアル)」キャンペーンを開始した。

「ビーセクシュアル」(Beeの「ハチ」とBe「なろう」と、Sexual「性的に」の英語をかけている)は、ポルノハブの慈善事業部門であるポルノハブ・ケアズによる慈善キャンペーン。

アダルト宇宙RPG『Subverse』Kickstarter支援額が2億円を突破|GAME SPARK

299711
Studio FOW InteractiveがKickstarterキャンペーンを実施しているアダルト宇宙RPG『Subverse』ですが、同作のKickstarter支援額が2億円を突破しました。

同作はセクシー嫌いの支配者が君臨する宇宙で、宇宙船を駆り様々な美女たちと支配者打倒を目指すRPG。様々な会話パートのほか、宇宙では全方位シューティング、白兵戦ではターンベースのSRPGが展開する作りです。先日Game*Sparkにて取り上げた時点で100万ドルに迫る勢いであったキャンペーンは、残り18時間の時点でその2倍、200万ドル近くになっており、日本円に換算すると既に2億円を突破しています。

会社による男性のコンドームの市場調査2019年世界的な分析、機会および2025年までの予測|おもちゃ屋パーク

QY-Research-Store-Market-Analysis700X400-14

「グローバル男性用コンドーム市場2019」という調査レポートには、世界全体に関連する 男性用コンドーム市場 の詳細な概要が表示されます。詳細なレポートを通じて、重要な洞察を提供し、顧客に競争上の優位性を提供します。

男性用コンドームレポートは、現在の市場分析シナリオ、今後の機会、収益の成長、男性用コンドーム市場の価格設定および収益性について、非常に高い評価を示しています。

2人で協力しないと開かないコンドームが登場、セックスにおける「合意の大切さ」訴える|FRONTROW

b6c2968fd0f5fb468f0b7d6be818b96d95509cc0_xlarge
アルゼンチンのセックストイメーカーが、2人で協力しないと開封できないコンドームを開発した。(フロントロウ編集部)

このコンドームボックスは、8つのボタンを同時に押さないと開かない。8つのボタンがあるため2人で協力しながらでないと開封できないコンドームが開発された理由は、近年問題になっているセックス時の合意の大切さを訴えるため。

若者のセックス頻度が過去10年間で激減していることが調査で浮き彫りに|GIGAZINE

00_m
イギリス・ロンドンにある研究大学のロンドン・スクール・オブ・ハイジーン&トロピカル・メディスンが、イギリスの医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル上で、「現代人の性行為頻度」に関する調査をまとめた論文を発表しました。これによると、過去10年間で25歳以上のカップルの性行為頻度は著しく低下しています。

ブラジルでは毎年1000人がペニスの切除を余儀なくされている? ボルソナーロ大統領が驚きの発言|HUFFPOST

5cc56c16240000b500258b33
ブラジルでは毎年1000人がペニスの切除を余儀なくされている──? そんな驚きの発言が、ボルソナーロ大統領の口から飛び出し、注目を浴びている。衛生状態が悪いことが原因という。

イルカにも“敏感クリトリス”が存在していることが判明! セックスで絶頂オーガズムに達する衝撃のドルフィンヴァギナとは!?|TOCANA

0612dolphins-2
 イルカは知能レベルが高いことで知られ、人間にたとえると6歳児ほどの知能を持っているといわれている。  

そんなイルカが、これまで思われていたよりもさらに人間に近い動物であることが、2019年4月、科学者たちの研究発表によって判明した。なんと、メスのイルカには女性のクリトリスと似た性的器官があり、しかも、それにより交尾の際にオーガズムを感じている可能性があるのだという。
続きを読む

2030年代に無料風俗・無料ラブホが誕生!? 未来のセックス年表を作るとこうなる…。|ダ・ヴィンチニュース

81XdQ3nvL
「AIは私たちの暮らしをどう変えていくのか」という話題を扱う書籍は近年急増した。近い将来の経済や生活様式のあり方を考えるうえで、2045年頃に訪れるであろうシンギュラリティ(人工知能が人間を超えるとき)の存在は見逃せない。  

AIによって急激に変化する未来を考えるとき、メディアなどではあまり表立って議論されにくいが、どうしても外せないテーマが出てくる。それはセックスだ。