001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、岩盤浴に入りながら漫画を読みたくる為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

どう使うん?ってものまで!葛飾北斎による江戸時代のアダルトグッズ紹介「魂胆遣曲道具」|Japaaan

sc315979-1-660x350
江戸時代に庶民の間で人気だった浮世絵にはさまざまなジャンルがあります。風景画、役者絵、美人画の他に、性的描写を含む春画(艶本)と呼ばれるジャンルも庶民たちに人気でした。

当時は春画=エロ本といった、性欲を満たすだけのものではなかったそう。

メンズファッションバイヤー「MB」氏が、まさかのオナホールメーカーとコラボ!?|日刊SPA!

IMG_3042-550x413
メンズファッション指南の第一人者として、「最速でおしゃれに見せる方法」(弊社刊)を筆頭に、関連書籍は累計100万部を越え幅広い層から支持されるファッションバイヤーMB氏。これまでアパレルブランドを中心に様々な“コラボ商品”を発表してきたが、今回はまさかの……オナホールメーカーだ。

 男性のためのセルフプレジャーとして、「TENGA」のブームで市民権を得たオナホール。とはいえ、この意外過ぎるコラボはいったい何故? 事の発端は4月初旬のTwitterだった。

性的な衝動をコントロールできない! 「性依存」の背景にはストレスに対する弱さも|AERA .dot

001
過度の風俗店通いやアダルトサイトの閲覧から 痴漢や盗撮といった犯罪行為まで、「性依存」のあらわれ方はさまざまである。ただの風俗店好きと何が違うのか、性依存に陥りやすいのはどのような人なのか。

数少ない性依存治療の専門家(公認心理師・臨床心理士)である、筑波大学人間系心理学域教授の原田隆之氏に解説してもらった。

平成とともに消えたアダルト系「セルフ現像ラボ」|メンズサイゾー

GettyImages-534759773
 現在、写真撮影はきわめて身近で、しかも簡単なものとなっている。1人に1台にまで普及した携帯電話、スマートフォンに搭載されたカメラによって、撮影したい被写体を好きなだけ、好きなように画像として収めることができ、さらに、プリンターで、あるいはコンビニのコピー機で、簡単に写真の形で取り出すことができる。

たとえば、自分とパートナーとの性的なシーンのようなものでもまったく問題ない。

今年の“No.1セクシー女優”は相沢みなみ!2018年No.1の橋本ありなも祝福!!|ザテレビジョン

1135702
“真の No.1 セクシー女優”を決めるアダルト業界の祭典「FANZAアダルトアワード2019」が5月12日に都内で開催された。

新中野にできた「SyainBar SOD女子社員」はSODの愛と社風にあふれたお店だった|TOKYO HEADLINE

002
 アダルトエンターテインメントグループのソフト・オン・デマンド(SOD)が秋葉原に立ち飲み居酒屋「女子社員酒場」をオープンしたのが昨年5月。随分と盛り上がっているという噂を聞き、昨年末には本紙記者も足を運び実際に体験したのだが、それは噂を超えた世界だった。

変形フィギュア「TENGAロボ」の第2弾がついに発売!コンテスト受賞作品「ここ1番の勇気…発進!!」の造形がスゴすぎる……!!|電ホビ

hard_soft_banner-440x248
TENGAより、グッドスマイルカンパニーと共同開発した変形フィギュア「TENGAロボ」シリーズ第2弾「TENGAロボ HARD」「TENGAロボ SOFT」がついに発売! 発売タイミングにあわせ、「TENGAロボフォトコンテスト」受賞作品の展示やTwitterキャンペーンが展開中です。

緊急避妊薬のオンライン診療、9割超が賛成。必要な理由は「コンドームの失敗」|ニコニコニュース

2
皆さんは「緊急避妊薬」、「アフターピル」をご存知だろうか。緊急避妊薬とは、避妊に失敗した場合や望まない性行為で避妊ができなかった場合などに、なるべく早く飲むことで、妊娠を高い確率で防ぐことのできる薬のことだ。遅くとも72時間以内に飲むことが望ましいとされている。

ラブホテルの外観は立地するラブホ街によって傾向が異なる!?<ラブホテルの地理学>|ハーバービジネスオンライン

image1-550x369
この二つの写真をご覧いただきたい。左は、側面にギリシャ風の列柱をあしらい、屋上にネオンを掲げた巨大なラブホテル。

一方、右は一見普通のマンションと見まがうようなシンプルな外観をしているが、これもまたラブホテルである。

爆買いから爆セックスへ、中国14億人の根源的な欲望はどこへ|ダイアモンドオンライン

img_9e70818c84404a2d9bd465503217f130145833
「爆買いから爆セックスへ」。手に取るのを敬遠してしまいそうな本書『性と欲望の中国』の帯だが、先日、『八九六四』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した書き手の作品と聞けば買いの一手だ。

とはいえ、「爆セックス」が受賞後第一作とは幸なのか不幸なのか。

悲報!ペニス増大化手術はほとんど詐欺だったことが判明|GIZMODE

190515_penis-w1280
痛い思いして、逆効果。

新しい研究によると、ペニス増大手術は一般的に増大の効果がない上に精神的・身体的なダメージまでも与えてしまうという結果が報告されています。まったく逆効果! 悲報すぎる! 1,192名の男性の21種類の手術例を分析した結果がSexual Medicine Reviewsに発表されたわけですが、もっともポピュラーな手術法はペニスを支えている靭帯を切開し骨盤から引き出す方法とフィラー注入という2種類。

しかしThe Guardianによると、増大手術を受けた男性の多くは「偽医者」の被害者になってしまっていることが多く、本当にペニス増大に繋がったケースはあまりないとのこと。