tsg0007743_01z今回はおながんの

「ONA砲 MEGA BURST」

試してみました。

ONA砲シリーズの続編ですね。


メーカーのイメージだけで言うと、RIDE JAPANがヴァージンループのシリーズ持っているけど「勝利の構造のメーカー」というイメージは一切なく、むしろ「おながん」の方が

勝利の構造メーカー

と認識されている感まであり、なんというか後発メーカーとしては「うまくやったな・・・」という印象がとても強いですね。

ONA砲 ソフト/ハード」のレビューでも書いてある通り、出来る事であれば「おながん」には勝利の構造以外のオナホールで鼻から精子が漏れ出すレベルの★5をもぎ取って欲しい所ですが、ここまで来てしまったら勝利の構造系のオナホールの亜種を連発して認知を上げていった方が近道かもしれませんね。


tsg0007743_01z

そして今回ももちろん勝利の構造系のオナホールの亜種的なもので、「ONA砲 ソフト/ハード」の続編となるシリーズですね。

001

こちらが今回のコンセプト・・・というか背景設定。

一応このシリーズは「宇宙から来た謎の生命体(EOE)を迎え撃つ為の武器」という事になっており、今回はONA砲の派生モデルという立ち位置になっていますね。

地球防衛軍の世界観をオナホールに落とし込んだシリーズ

みたいな感じなので、いっその事「ONA砲」だけではなく、他のオナホールもそういう括りで新商品を作ればシリーズ的には面白いのかもしれませんね。

「ONAゴリアスシリーズ」

みたいなオナホでもあれば試してみたい所ではありますが、地球防衛軍を3までしかやっていないオナ郎としては4以降の兵器を出されてもいまいちピンと来ないかもしれないのが残念な所です。

001

重量は約385g、全長は約15.5cmの少し大きめなミドルサイズのオナホール。
前作よりも130g程サイズアップしており、ハンドホールとしては十分なサイズ感になっていますね。

今回もメイトのおなぺっと素材が使われており、少し柔らかめで臭いや油っぽさはほどほどな素材ですね。

002

前作が太めの縦ヒダ構造だったのに対して、今作は太めのヒダをさらに2つに割ったような構造になっており、縦ヒダの数が10本と

勝利の構造史上一番多い縦ヒダ数

かもしれません。

003

裏返してみるとすっきりとまとまったシンプルな構造になっており、2つのヒダの間隔が狭く作られているのが分かりますね。
004

一応奥の方には吸盤のようなものがついていますね。
子宮系のオナホとは違ってあまり見かけない構造なので、これがうまく機能するかどうかは未知数な感じですね。



tsg0007743_03z

こうして整った入り口からの画像を見れば、なるほど確かに粒子砲でも発射しそうなサイバーな見た目になっていますね。

megaburst
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

はぁ・・・。
勝利の構造の亜種だとは言え、こんな構造のオナホール気持ちいいに決まっている。
そう、“気持ちいいに決まっている” のだ。

とは言えこの勝利の構造で今まで何回も★5を出してきたオナ郎としては、またしても同じような勝利の構造で★5を付けるのは、いかにも馬鹿丸出しな感じもあって評価の悩ましい所ではあった。

さらには前作の「ONA砲 ソフト/ハード」でも★5を叩き出していた為に、出来る事であればなんだかんだと文句を並べた上で、せめて★4くらいで収めておきたいのがレビュワーとしてのバランス感覚でもあったのだが、唯一の相棒でもあるペニ郎が今にもその先端から涙を流しそうになりながらこう言うのであった。
気持ちいいな・・・。

斬新な挿入感なんてもちろんなく、何回も何回もコスってきた勝利の構造系のオナホールなので、まぁ気持ちいいだろうとは思っていたものの、あれやこれやと頭に過る余計な情報を一切合切考慮した上でも、

やはりこのオナホに★5をつけないわけにはいかないな

と思える程に、快感性能が飛び抜けていいオナホールですね。

十分すぎる肉厚感はこれとて説明するまでもなく、十分すぎる肉厚感を与えてくれており、ハンドホールとしての肉厚的な不満は一切ない使用感になっていますね。

ヴァージンループシリーズのようなゾリゾリとした切なくなってくる感じの刺激ももちろんありながら、縦ヒダの立体感も十二分に感じられるようなバランスになっており、特にゆっくりと引き抜いた時にカリの部分を撫でるようにして10本のヒダがゾリゾリと擦ってくる感じがたまらないですね。

奥の部分には子宮口と言う程はっきりとしたクポり感はありませんが、モニュっとペニスの先端でなんらかの柔らかい物質を潰しているような優しい感触がありますね。
その部分が直接快楽に繋がっているというわけではないなんですが、ペニスの先端で感じるアクセントとしては十分心地よく、シンプル気味な勝利の構造の挿入感にひと味違ったスパイスを加えてくれていますね。

何よりも縦ヒダの本数や太さや素材との相性がちょうどよく、

ゾリゾリヒダの気持ちよさと縦ヒダの立体感を同時に味わうのに適した構造

といったバランスの良さが際立っている感じですね。

唯一と言ってもいいくらいの欠点としては、入り口部分がかなり広めに作られている上に、構造上隙間が出来やすいので、しっかりとしたバキュームが効かないというのがやや残念な所ですね。

入り口部分のをしっかり魅せる為にこうしたのかどうかは定かでありませんが、もう少し入り口の穴を絞っていた方がバキュームの調整がしやすくてよかったかもしれませんね。

それくらいしか文句の付けるとこもなく、勝利の構造系の刺激が好きな人であれば誰でも楽しめる素晴らしいオナホールだと思います。

~追記~
あらかた書き終わってから見つけてしまったもう一つの欠点としては、OEMな商品なだけにコスパがあまり良くないという欠点もありましたね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:3000円前後
nkp(1g当たりの値段):7.7円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る