717c6nZdVqL._SL1000_今回はGPROJECTの

「SUPER FIT[スーパーフィット]」

試してみました。

フィットしてくる感じのオナホールですね。


フィット感

オナホの挿入感を演出するに当たって肉厚やら構造やら内部口径やら素材やらと数多くの要素があるわけですが、「フィット感」、つまり「密着具合」というのも、あまり多く語られる事はなくてもかなり重要な要素となっていますね。
001
オナホの内部構造は複雑なものなので一概には言えませんが、一つの例を上げてみるとすれば上記のようなものがフィット感の低い高いの違いが出やすいような構造になっています。

左図のように内部構造が極端に大きくなればなるほど、オナホの刺激はダイナミックになり特徴が出やすい分、ペニスとオナホとの間にたくさんの隙間が出来てしまいフィット感や密着感というものが得にくくなっていきます。
突き詰めていけば、オナホの刺激が「面」ではなく「点」に近づいていくというわけですね。

右図のように内部構造が浅く作られているものは、オナホの刺激は繊細になり、俗に言う特徴的な構造であるだとか分かりやすい構造ではなく、ありきたりな刺激に近づいていきますが、その分ペニスとオナホとの間に隙間がない分、フィット感や密着感が高くなっていくというわけですね。
こちらは逆にオナホの刺激が「点」ではなく「面」に近づいていきます。

どちらの構造にも一長一短があり、どっちの方が優れているというものではなく、構造としてこういった特徴になりやすいという事で、意識の高いオナホメーカーなんかはその辺のバランスをうまく調整して絶妙な内部構造を作り上げているというわけですね。

717c6nZdVqL._SL1000_

そんなやけに真面目くさい内部構造の解説をしてみた所で、今回のオナホールは「スーパーフィット」よろしく「フィット感」をコンセプトにしたオナホール。

内部構造の説明なんかで「気持ちのいいフィット感」だとか「最高の密着感」だとか言った謳い文句でなんとなく適当な感じで済まされている事の多いこの要素ですが、それをメインコンセプトにじっくり添えたオナホールというのはなかなか珍しいですね。

001

密着を超えた極着内壁

が本当にあるのかないのかという所に注目しながらしっかりレビューしていきましょう。

001

重量は約343g、全長は約15.5cm。
中央がやや窪んだ感じの造形になっていますね。

少し固めで、臭いの方は

「これほどまでに気配を消せるものなのか?」

と言うくらいに無臭な素材になっており、ここらへんはさすがのGPROJECTクオリティといった感じですね。

71SA84OMapL._SL1000_

使われているのは「momochi」というずいぶん前からGPROJECT内で使われている素材ですね。

「においゼロ」「べたつきゼロ」

と書いてある通り、臭いは確かにゼロでべたつきもないサラサラとした素材感ですが、油っぽさは少し気になる程度についてしまっているのがこの説明画像には書かれていない点ですね。

少し固めな素材のわりには手がヌルヌル感じてしまうくらいに油っぽさがついており、ここらへんを完全に改善出来たら、それが気持いいかどうかはさておきオナホの素材に対する不快指数はゼロになるでしょうね。

002

入り口は凸型になっており、かなり小さめに作られていますね。

003

内部は小さなイボがたくさんついた構造で、勝利の構造系のような縦ヒダが一筋入った構造になっています。

61733qnm0rL._SL1000_

裏返した時には何がなんだかよくわからないただの小さめのイボの群れ構造に見えましたが、断面図で見てみると3段階でイボの密集率を変えた構造になっていたようですね。

713ju03Z+uL._SL1000_

密集率だけではなく、それぞれのイボの形もヒダイボ、ピラミッドイボ、丸イボとそれぞれ形が異なるイボになっているようですね。

また「PIT IN構造」という事で、穴の形状を丸ではなく三角にしていたりと密着感を出すための工夫がなされています。

superfit
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

なるほど、確かにコンセプト通り「フィット感」という点では十分納得出来るような挿入感となっており、ペニスとオナホとの間にほとんど隙間のないような密着感のある挿入感を味わう事が出来ますね。

密着しながら小さなイボがなめらかにペニスを滑る様は、例えて言うなら口溶けのいい上質なバニラアイスをペニスで食べた時のような滑らかさのある挿入感となっており、小さいながらも一つ一つのイボの刺激をペニス全体で楽しめる挿入感になっていますね。

素材は少し固めで、穴も小さく密着感も高いんですが、そのイボの刺激がかなり優しい加減になっている為に、刺激レベルはそこまで大きく上がらずに、5段階中の3と4の間を彷徨うくらいの刺激加減といった感じですね。

スーパーフィットやらピットイン構造やら様々なイボやらと、かなり多くの装飾された言葉で飾られているオナホールなので、あえてそれを切り取って説明はしてみましたが、大雑把に言えば

非常にシンプルな小さいイボのオナホール

といった言葉で一括りにしても差し支えのないような挿入感で、気持ちよさとしてもそこまで気持ち良いというわけではなく、「ぴったり★3くらいがちょうどいい評価だな」といった感想になってしまいますね。

コンセプトとしても興味の惹くものであったり、わりと丁寧に作られているオナホールではあるんですが、評価的には少し劣ったものになってしまいオナホールの方も平凡な域を超えられてないようなものになってしまっている感じですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2700円前後
nkp(1g当たりの値段):7.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る