550今回はメイトの

「クインテット」

試してみました。

5連続ヒダ的なオナホールですね。


ひとたび始まった雪崩の勢いを誰も止められないように。
ひとたび訪れてしまった射精の勢いを誰も止められないように。

オナホ業界の流れや流行というのも一度始まってしまえば収束するまで誰にも止められず、ある程度の長い期間は似たような構造のオナホールが多く発売されてしまうというものですね。

550

さて今回はメイトからの「クインテット」というシンプルな刺客。
去年レビューした「KYUPO DROPS」というオナホールでしっかり予習していたとおり、「クインテット」というのは音楽用語で「五重奏」だとか「五人組」を表す言葉で、おそらく今回も5連続的なヒダなそれになっているというのは容易に想像出来る所。

連続子宮ヒダ的な構造は去年や今年の一つの流行でもあるので、「Nana -ナナ-」のプチヒットを受けて少し違った派生ホールをリリースしてきたという事でしょうね。

001

重量は約370gで、全長は約13cm。
全長よりも肉厚を重視したごん太造形なボディとなっており、三葉虫だかなんだかを想像させるような節足動物的な造形になっているのが特徴的ですね。

こうした造形は見た目的にはとても面白くて個性的には見えるんですが、洗ったり水分を拭き取る時に溝の部分に水が溜まってしまったりと実用性が悪く、ヘビーユーザーにはやや敬遠されがちな構造とも言えますね。

素材はいつものおなぺっと素材ですが、今回は「少し柔らかめ」という程柔らかくはなく、普通くらいのしっかりとした固さになってしまっていますね。

おなぺっと素材は時期によって柔らかさにかなりムラがある素材なので、今回もきっとただの偶然なんでしょうけど、おなぺっと素材は昔のようなもっちりとした柔らか~い素材の方が気持ちよかったりもするので、出来れば安定させて欲しい所ですね。

002

こちらが入り口から剥いてみた画像。
Nanaのような連続子宮系の構造だというのは間違いなさそうですが、その子宮の周りにヒダを1枚追加したような構造になっている感じですね。

003

ここまでNanaに寄せてくる構造なのであれば、いっその事

「Nana-クインテット-」

と言うシリーズで出した方が戦略的には良かったんじゃないのか?と思ってもみたりしますが、メイトにはそうしたくない理由があったんでしょう。

71OCu47wlcL._SL1000_

これまた引っ掛かりがかなり強烈そうな構造ですね。
ハード化まで考えているなら、なおさら今回の素材はもっと柔らかい素材で作ってほしかった所です。

quintet
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

挿入してからしばらくはあまりにもひっかかりすぎるヒダ加減のおかげで痛いとまで感じるレベルの高刺激な挿入感になっていますが、しばらくストロークしていればわりと普通に使えてしまうあたり、オナ郎のペニスも鍛えられてきたものだな・・・と感じてしまいますね。

さて肝心な挿入感は、「連続子宮構造」といったようなポコンポコンと穴に出たり入ったりするような感じではなく、

ヒダからの二段攻撃、もしくは多段攻撃を受けているような挿入感

となっており、一枚引っかかってきたかと思ったヒダの裏でもう一枚ヒダがめくれてくるような感じで、脳内に湧いて出てきたイメージとしては、

00

ハンターハンターのカストロが使っていた虎咬真拳を受けた時のヒソカのような感じで、

一つのヒダの後に隠れていた分身(ダブル)がもう一度刺激してくる・・・

といったような挿入感となっていますね。

no title

この分身(ダブルヒダ)の箇所が5箇所もついている事になり、

合計で言えば10連ヒダ

が休む暇もなく絶えず亀頭とカリにベロベロベロベロと強く引っかかってくるような挿入感となっており、今までに体験した事のないような連続したヒダ感を味わう事が出来る感じですね。

前述した通り刺激もそれなりに強烈なものになっている為に、本来であればこれだけの荒ぶるヒダがあれば気持いいと感じる刺激になっているはずなのに、亀頭の刺激キャパシティーをややオーバーしてしまい、

気持いいんだけどなかなか射精まで辿りつけない

と、亀頭攻めのそれを受けている時のような挿入感になってしまい、射精に到達するまで長くペニスをいじめる必要があって少し疲れてしまう感じですね。

ハード版であればこのくらいの刺激は当然の如くあるものだとして、「いいですね」と言ってみたくなる所ですが、ソフト素材が売りのおなぺっと素材ではこれは少しやりすぎなくらいの刺激となっており、もう少し柔らかい素材で試したかったなぁ・・・と思ってしまいますね。

変わった挿入感を考慮すれば勢いで★5を付けてみたくなる所ですが、単純な気持ちよさを考慮すればオススメ度的には★4くらいで収まってしまっている感じですね。

虎咬真拳的なヒダの挿入感はなかなか他では味わえない感覚

なので、刺激系なヒダ構造が好きな方には少し試して欲しくなってしまうオナホールですね。

※昨日のワイド版で本日はお休みのはずだったんですが、テンション上がってうっかり本日のレビューをアップしてしまったので、明日お休みさせて頂きます。

オナホデータ

[まったり系]■■■■■[刺激系] (5段階:5)
ショップ平均価格:2000円前後
nkp(1g当たりの値段):5.4円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る