71NvhDOsYeL._SL1100_今回はエーワンの

「まるなまバージン膣ひねり ヒダトルネード」

試してみました。

トルネード系のオナホールですね。


トルネード構造

オナホールの中でもヒダやイボと並んだ代表的なこの構造。
とりあえず付けておけばそれっぽくなるヒダやイボとは違ってトルネード構造というのは、その見た目的には分かりやすくて気持ちよさそうに見えるんですが、わりと繊細なバランスが必要で、トルネード構造のオナホは数多くあっても、実際の挿入感がしっかりトルネードしているオナホールは少なかったりしますね。

71NvhDOsYeL._SL1100_

トルネード系のオナホールはコンセプトにもしやすいのか、今回のオナホのようにわりと名前やパッケージにも分かりやすく「トルネードなんだぞ!」と表記されている事が多いですね。

今回のものは「ヒダトルネード」という事でヒダメインな構造になっていますが、同時に「イボトルネード」というものもシリーズで発売されているので、また後日レビューする予定です。

001

わりと遊んでいそうなこのパツキン女子ですが、「まるなまバージン」という名前からでも分かる通り一応「バージン」という設定のようですね。

パッケージを見る限りではあまり「バージン」的な要素はなさそうなオナホールだったので、この設定は必要だったのかどうかは疑問が残る所です。

001

重量は約411gで全長は約15.5cm。
公式重量は450gと表記されているので、約10%の重量誤差がありますね。
一時期はやけに重量誤差を指摘していたような気がしますが、ここ最近では10%程の誤差はあまり見かけなかったので、なんだか珍しいものを見ているような気分になりますね。

素材は柔らかめなものが使われており、ふわとろ系一歩手前くらいのフニフニとした柔らかい素材になっています。
油っぽさは多少気になるくらいにはついてしまっていますが、臭いの方はほぼ無臭くらいに抑えられており、オナホの臭いに関してはこのくらいの柔らかさでもゼロに抑えられるような時代になってきたんですね。

002

内部は二層構造になっており、トルネードコンセプトな通り、分かりやすいくらいに螺旋状のヒダがついた構造になっていますね。

71pPuQ0X4xL._SL1250_

バージン設定に加えて「幼馴染設定」まで付けられていたんですね。
こういったオナホとは全く関係のない一見無駄に思える設定がたくさんついているオナホールは、ジェネリック系のオナホールに多いような気がします。

tituhineri
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

柔らかな内部素材とは違って内部の二層素材はもう少し固めのものが採用されている為に、外側のまったりしそうな柔らかさとは正反対な刺激寄りな挿入感になっていますね。

特に連続した螺旋ヒダの部分がコリッコリにカリの部分に引っかかってくる為に、挿入してからしばらくは痛みを感じてしまうくらいにエッジ感のある挿入感となっています。

しばらくストロークしていれば徐々に刺激には慣れてはくるんですが、それでもまだ少し強いかなと思ってしまうくらいの当たり加減となっており、あまりオナ郎は気持ちよさをしっかりと感じられるようなバランスの挿入感ではありませんね。

ゴリバキ亀頭攻めのような分かりやすくハードな挿入感とは違って、全体的には柔らさかのある挿入感なんですけど、カリの部分だけピンポイントで硬いヒダが当たってくるような少し変わった刺激系のオナホールとなっている感じですね。

あまりギュルギュルとしたトルネード系に求めるような挿入感ではなく、どちらかと言うと横ヒダ系の
シンプルな引っかかり方をする挿入感なので、トルネード系のオナホとしてはなく横ヒダ系のオナホとして考えた方が良さそうなオナホールですね。

あまりにコリコリと引っかかってくる刺激加減があまり好きな刺激ではない為に、オススメ度としては★3くらいがちょうどいい加減ですが、人によっては★4くらいには楽しめる刺激加減かもしれませんね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2200円前後
nkp(1g当たりの値段):5.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る