71J5q3xiEIL._SL1000_今回はRIDE JAPANの

「天下一穴 挟まれ変化」

試してみました。

天下一穴」の続編ですね。


ちょうど一年くらい前の2018年に登場した「天下一穴」というオナホール。



イボ系のオナホールというのは、ヒダ系のそれに比べると刺激が安定しておらずに高評価にはなかなか繋がらない事が多いんですが、それでも二層構造の安定感やロングサイズのバランスもあって★5をつけた  と言うよりも、★4にする理由もなくて★5を付けさせられた感のあるオナホールでしたね。

71J5q3xiEIL._SL1000_

そんな「天下一穴」から一年ぶりに登場した続編が今回のオナホール。
RIDE JAPANの続編と言えば、素材違いバージョンとして発売される事が多かったりしますが、今回は二層構造はそのままに、パッケージも大きく変更された完全な続編として発売されています。
天下に轟く快楽オナホ!天下一穴の第2弾!
リアルに挟まる快楽構造。
挟まれるの気持ちイイ! 挟まれて変化する快感!
キュキュッと!グイッと!肉玉、ヒダ玉が挟み込む!
アウターは優しくソフト素材。
インナーは激しくハード素材!充血二層システムで挟まれ快感お試しあれ!
説明文や商品名にもある通り、今回の大きなポイントは

「挟まれる」

というのがポイントとなっていますね。

ho7796jp-002

ぱっと見では前作の「天下一穴」と同じようなイボメインな構造になっていますが、大きく変化している所が一つあるのが分かりますね。

001

分かりやすいように比較の画像を作ってみました。
「挟まれ変化」よろしく真ん中付近に大きなコブが2つ付けられており、おそらくこのコブが「挟まれ感」を演出しているんだと思います。

細かい所を見ていくと、前半部分についているモコモコとしたなんかのサナギのようなイボが少し小さめになっており、奥の子宮ゾーンの口の空間がなくなっていますね。

前作ですでに完成されていた感のあるオナホールだったので、大きく違った構造であればまだしも。
こういった微妙な変化の続編だと逆にバランスが悪くなったりするような気もするんですが、そこはRIDE JAPANのバランス感覚を信じたい所ですね。

002

重量は464g、全長は約16cm。
似たような続編とは言え外型はまた違うものが使われており、重量は約80g程増えた上で全長が約1cm程短くなった肉厚感を強調した造形になっています。

素材は同じ「ベビータッチ」の二層構造が使われており、臭いはほどほど。
油っぽさはやや気になるくらいについている素材となっていますね。

001

事前に断面図の画像を見ていなければ、あっさりと見落としてしまいそうになるくらい「挟まれイボ」の存在がとても分かりくくなっていますね。
画像で言うとおそらく真ん中付近の少し色の濃い部分が、断面図のモコっと膨らんだ部分に当たるんだと思いますが、裏返した状態ではほとんど分かりませんね。

奥の方には螺旋っぽい感じのヒダがついていたりと、ここらへんは逆に断面図ではあまりしっかりと見えていなかった部分ですね。

tenkaikketuhasamare
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

実の所、上下のイボは「ホワイトファング系」のようなボコついた挿入感を想像していたんですが、実際の挿入感はそんな分かりやすすぎるようなものではなく、挿入感に変化をもたらす高度なテクニックを使っているオナホールとなっていますね。

普通にイボイボしいオナホールを作ってしまうと、ペニスとの間に隙間が生まれて密着感が下がりがちになるという特徴を持っているわけですが、上下にゆるやかなカーブになるような突起を付ける事によって、

イボのデコボコした感じはしっかりあるのに密着感が高い

といったような、とにかくオナホ内部の壁とペニスとのフィット感みたいなものが非常に心地よい挿入感になっていますね。
なぜ「挟まれ突起」や「挟まれイボ」みたいな名前ではなく、「挟まれ変化」という名前を付けたのかがよく分かるような挿入感で、

上下のイボは刺激を与える為のものではなく挿入感に変化をもたらす為に付けられている

という理由からなんじゃないかと思います。

前半部分はそんな密着感やフィット感のあるデコボコとした穴を掻き分けて進むような挿入感になっており、ややペニスがピクついてしまうような刺激の高さはあるものの気持ちよさに加えてフィット感の高さによる心地よさも同時に感じられるようなオナホールといった感じですね。

少し残念だったのは後半部分の構造で、前半部分の素敵感がある内部構造に比べて後半はやや大人しく感じてしまうような刺激になっており、確かにザラついたような刺激はあるので「後半部分が仕事をしていない」わけではないものの、

明らかに前半部分の出来が良すぎて後半部分がだいぶ霞んでしまう

そんな印象を受けてしまいますね。

奥まで使ったロングストロークをするよりも、前半の2/3程を使った浅めのストロークの方が心地よい刺激がペニス全体に響いてくれたので、「挟まれ変化」のバランス加減はさすがRIDE JAPANといった所でしたが、今回は奥の方はもう少し詰めようがあったんじゃないかと思ってしまいます。

001

例えば、そこまで雑でもないコラ画像で説明してみると  前作の強く主張する構造だった子宮ゾーンをこれに付けてみるだとか、

002

「挟まれ変化」の構造を奥にももう一つ付けてみるだとしていた方が、前半後半のバランスがしっかり取れて、より素敵なオナホールに仕上がっていた  あくまで「かも」ですが  しれませんね。

その辺の事を踏まえた上でのオススメ度としては★4くらいがちょうどいい加減だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2400円前後
nkp(1g当たりの値段):5.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る