tsg0008200_01z今回はエグゼの

「りある -小悪魔の調教-」

試してみました。

「りある」の続編となるハードバージョンですね。


「りある」




ぷにあなシリーズの影に隠れている上に、あまりシリーズも発売されていない事から存在感自体はわりと薄めなシリーズなんですが、第1弾が発売されてから6年も経っているのにパッケージの印象は強くてわりと記憶に残っているオナホールですね。

第2弾の「りある-天使の極み-」ではギャップ二層構造も採用され、文字通り《リアルさ》を感じられるようなものに仕上がっていましたが、今回はハード版になっての登場ですね。
tsg0008200_01z
パッケージのイラストなんかはそのままに。
小悪魔よろしくボディーカラーはギャルっぽさのある褐色に変更が加えられていますね。
ナマ肌の色味に近づけ、もっと現実的な解放感へ究極の見た目・肌ざわり・弾力を追求! りあるの調教(ハードver)は極上の肉壁が堪能できる!

2層構造が実現したワンランク上の締めつけと絡みつきで更にリアルなりあるになりました♪ 弾力の異なる2つ穴で楽しみ2倍!

はかせることで、よりリアルでナマ感が楽しめるホール専用パンティー付き!

健康的な色味と若々しい肉づきのコラボでプリプリした揉み心地を堪能♪ 興奮掻き立てるぷっくり2層くぱぁ構造!
さて一体何が変わったのか、とりあえず商品説明を見ていきましょう。
はっきりと言葉に書いてある変更点としては、

「ナマ肌の色味に近づけ  

という部分のみで、(ハードVer)の表記はあるものの「素材が固くなった」だとかのはっきりとした言葉は書かれていませんね。

エグゼは昔「ぷにあなDXハードエディション」でも、ハードエディションと言っておきながら素材はほとんど変わっていない(はずの)ものをハードエディションとしては販売していた過去があるので、今回のものも「本当にハードエディションなのか~?」と、やや疑いの目を持ってしまいますね。

さすがに2年前の「りある-天使の極み-」がどんな素材だったかなんてさっぱり覚えていないので、触り心地と刺激加減で判断するしかなさそうですね。

001

とりあえずこちらが付属のショーツ。
一般的なショーツよりやや小さめのホール専用のサイズになっており、ぴったり収まってくれそうな感じですね。

過去にはどこかのメーカーのオナホールに付属していたショーツが「ゆるゆるすぎて全くオナホにフィットしない」なんて事もあったので、こうやって専用のものになっているのはありがたい・・・・・・というか、当たり前の話ですね。

001

造形は前作と同じものを使っている・・・・・・のかと思っていたんですが、公式重量が2.2kgから2kgに減っているので、もしかしたら違う型を使っているのかもしれませんね。
前回の画像と比べてみても似たような感じなのでよく分かりませんが、こころなしかお尻のボリュームが少し減っているような気もしなくはないですね。

そんなちょっと気になる造形の話よりも、もっと気になる素材感ですが、

ぜんっぜんハードになったとは思えないような素材

が使われており、いつもの定型文で説明するのであれば《少し柔らかめ》で臭いや油っぽさは気になる素材になっていますね。

内部素材が硬めのものを使っているのかも・・・と思って触ってみると、二層素材もそこまで言うほど固いってわけでもない感じですね。

ただ、前作の「りある-天使の極み-」では
アソコ側の二層素材は外側の素材に比べてかなり柔らかくなっています。
ともレビューで書いていたので、内部の素材だけがやや固めの素材に変更になっているのかもしれませんね。

001

入り口は2穴仕様になっており、かなり大陰唇のビラビラが大きめなクパァ仕様になっていますね。

tsg0008200_02z

内部構造は今までのリアルシリーズと似たような感じになっていますが、微妙にヒダの形が変わっていたり、小さいイボがついていたりと細かい変化がありますね。

001

ちなみにこちらがショーツを履かせてみた所。
予想通りオナホにぴったりフィットするサイズになっており、アソコに食い込む感じがなかなか感慨深さのあるエロスを感じさせてくれますね。

realkoakuma
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

このくらいのサイズだともはや腰振りオナニーするよりも、手に持って使った方が楽かもしれないと思ってしまうくらい、連日の大型ホールのレビューでやや感覚が麻痺しだしているオナ郎です。

実際の所、穴はかなり下側に付けられている上に背も少し低いので、机の上なんかで使うにはちょうどいい高さでない場合はかなり腰を落として挿入して上げる必要がありますね。

さて挿入感の方ももちろん「ハードVer」と言える程硬かったり刺激が強かったりするわけではなく、刺激レベルで言う所の5段階中の3くらいで収まっている加減となっていますね。

やや狭穴な感じとゾリゾリとした単調なヒダ加減だというのもあって、気持ちよさは並程度に感じる事が出来ますが、前作で感じられていたような「リアル感」みたいなものはあまりなく、どちらかと言えばオナホっぽいゾリゾリ感だったり、オナホっぽい締め付け感のような感じですね。

001

対してアナル側は、

肉厚バランスに疑問を感じるような挿入感

になっており、上記の画像は分かりやすく少し角度を付けて挿入していますが、矢印の所らへんの肉厚が非常に薄くなっており、あまり満足の行くような使用感にはなっていない感じですね。

アソコ側に比べてかなりゆるい挿入感になっている上に、刺激もそこまで感じないのっぺり気味な穴になっている為、オマケ的な挿入感としてもいまいち楽しめないバランスになっていますね。

「りある-天使の極み-」ではそこらへんの肉厚不足感は一切言及されておらず、なんだったらちょっと刺激が上がっているまで言っている始末なので、ここらへんが200gの重量差で出てきてしまったデメリットなのかもしれませんね。

オススメ度としては明らかに前作よりも下がっているような使用感で、そこまでハードすぎるわけでもないハード感や、褐色ってだけではこの差は埋められそうにありませんね。

★2を付けてしまうほど召し上がれないものでもないので、★2寄りな★3くらいがちょうどいい評価だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□~■■■□□[刺激系] (5段階:アナルが2でアソコが3)
ショップ平均価格:7500円前後
nkp(1g当たりの値段):3.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る