001今回はタマトイズの

「寝バック種付けプレス」

試してみました。

寝バックが楽しめる据え置き型ホールですね。


「寝バック」

うつ伏せ状態で寝ている女性に挿入するこの体位。

001

掲載しても良さそうな「寝バック」のイメージ画像を探していたら、ちょうど似たようなタイトルのAVが見つかってくれた上に、最近のお気に入りAV女優のトップ5にランクしている「あべみかこ」さんのAVを紹介出来て感無量な感じですね。

48手で言えば「敷き小股」なんて名前のこの体位を、オナホールでも楽しんでみようというのが今回の商品ですね。

001

「オナ郎の寝バック講座」なんて高尚なものを講義出来る程セックスに自信があるわけではないので割愛させて頂きますが、個人的にはわりと好きな体位でもありますね。

一般的なお尻型の据え置き型ホールを床やベッドの上に置いて楽しもうと思った場合、どうしても後背位のような体勢は高さが足りずに自然と寝バックの体勢になってしまうものなのですが、そこらへんをどう差別化出来ているのかがポイントになりそうですね。

001

なるほど。

一般的な据え置き型ホールと比べてかなり平べったい形になっており、ピーチトイズの「床オナシリーズ」の寝バックバージョンみたいな感じの造形になっていますね。

寝バックならではの特徴としては太ももの途中まで寝そべるような形で再現されている点で、全長も約37cmとかなりの長さを感じる造形ですね。

重量は約4.3kgとこれまた据え置き型ホールとしては比較的大きめなサイズになっており、挿入部分よりも造形の方に大部分の肉厚を使っているみたいですね。

素材は少し固めなものが使われており、臭いの方は控えめ~ほどほどくらいに収まっていますが、油っぽさが気になってしまう素材感で、手についたら落ちにくいようなねばっこい感じの油っぽさがあり、あまり素材の方は良いものが使われていないみたいですね。

001

裏側は床にフィットしやすいように真っ平らの形になっています。
これだけ接地面積が大きければストローク中にずれてしまう事はなさそうですね。

001

やけにお尻の筋がくっきりと出てしまっているような形になっていますが、全体的な造形としてはなかなか悪くはないですね。


001

アソコとアナルがついた二穴仕様になっていました。
さすがに4kgオーバーのオナホールなので、二穴の肉厚問題は軽くクリアしてくれているでしょうね。

s2_000000007253

断面図がこちら。
こうして見た感じでは、アソコ側とアナル側の構造にあまり差はなく。
どちらも大きめのコブと壁には小さめなイボがびっしりとついた構造になっているように見えますね。

奥の方では穴がつながっており、洗いやすいように貫通型になっていますね。

neback
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

さすがにこの造形なので騎乗位やら机上位やらの体勢での挿入は出来なくもないですが困難なので、いきなりベッドの上に置いた状態からで試してみました。

結論から先出ししておくと、

「とてもそれっぽくていいですね」

といったような使用感になっており、挿入感うんぬんの前にその使用感だけでわりとオススメしやすいオナホールとなっていますね。

アソコに挿入すればややキツめな肉に挟まれながらの、少しもどかしさを感じるような浅く入ってやや抜けやすく感じてしまうような挿入感が、寝バックをした時の挿入感と酷似しており「おぉ~おぉ~!こんな感じだわ!!」と臨場感を得られるような使用感になっている感じですね。

膝を曲げて挿入してみたり、足を伸ばして覆いかぶさるように挿入してみたりしても、寝バック的な臨場感は変わらず楽しめるような感じで、なんというか

寝バックを練習したいのであればこれがベスト

だと思えるような使用感ですね。

肝心な挿入感の方も、デコボコとしたわりと荒めな壁がコスってくるような使用感になっており、斬新さみたいなものはほとんどありませんが、オナホとしての挿入感もなかなかどうして上々な仕上がりになっていて、寝バックの臨場感との合わせ技でこれまた楽しめるようなオナホールとなっていますね。

neback002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

アナルの方は角度がかなり上を向いている分、非常にストロークがしやすく、アソコ側よりも奥の方までググっと容易に挿入出来るのが特徴ですね。

内部の挿入感はアソコ側と大体同じようなデコボコとした壁の刺激になっているんですが、アナル側の方がやや緩めな挿入感になっており、アソコ側に比べて少し物足りなさを感じてしまいますね。

二穴になった事によっての肉厚バランスは崩壊しておらず、アナル側もしっかりとした肉厚は感じられるので、ちょっとした角度の違いでの圧迫感がゆるく感じる原因になっているような感じですね。

まとめ

床オナ系の使用が限定されているオナホールではありますが、その性能や使いやすさやそれっぽい臨場感で言えばなかなか満足の行くオナホールとなっており、なんというかこんなオナホールじゃなくて無性にセックスのしたくなるオナホールでしたね。

気になる点としてはやはり「素材がイマイチ」という点と、「アナルがゆるくアソコと似たような構造」という2点のみで、ここらへんがもう少しブラッシュアップされていれば★5にも届いていたと思いますね。

この仕様だとしても

寝バックっぽさを十分楽しめる

のは間違いないので、オススメ度としては★4は十分付けられるオナホールだと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□~■■■■□[刺激系] (5段階:アソコが4でアナルガ3)
ショップ平均価格:10000円前後
nkp(1g当たりの値段):2.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る