71LzLGxxXbL._SL1100_今回はエーワンの

「6連蛇行膣壁(クランク)カリ責ベリアル」

試してみました。

6連小悪魔的なシリーズの続編ですね。


6連小悪魔シリーズ第3弾

なんて事が商品の説明文に書いてあったもんだからふと思い出しましたが、言われてみれば似たような6連的なオナホがエーワンからいくつか発売されていましたね。

第1弾
 

第2弾



やべぇ!!第2弾の時に気付いてなかったかも!!と思ってレビューを読み返してみたら、これまた同じように「うっかり見逃しそうになっていたぜ」的な文章が書かれており、自信の記憶力の悪さが憎らしくなってきますね。
71LzLGxxXbL._SL1100_

今回もまた6連続的な構造をコンセプトにしたものになっており、「6連蛇行膣壁」というクランク的な構造が採用されているみたいですね。

昔ギターの師匠に作曲のコツを聞いた時に「制約があった方が曲は作りやすい」という深い言葉を頂戴して以来、たまに何かのタイミングで思い出しては音楽以外のアイデアに応用したりしているオナ郎ですが、今回のオナホのシリーズもまた「6連」という制約の中でオナホールを作っているわけですね。

001

重量は約298g、全長は約14.5cm。
色味こそは違いますが外側の造形はシリーズですべて同じものが使われているみたいですね。

少し柔らかめで、臭いや油っぽさは控えめ気味な素材が使われています。

002

内部はうっすらとした二層構造になっており、イボの塊やヒダの塊のような突起が交互についた構造になっているみたいですね。

644c434d-s

こちらが前作の「6連肉塊 衝凸ラミア」の裏返した時の画像ですが、かなり似ている構造になっているような気がしますね・・・。

71UEGuKYOyL._SL1300_

細かく言えば突起の形状や大きさが微妙に違ったりもしているわけですが、大まかな構造としては同じようなものとなっており、第3弾にしてすでに6連構造のネタ切れ感が漂う結果となってしまっていますね。

6rendakou
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

前作と似ている似ていないはともかくとして、オナホとしてはこちらも十分満足出来るような挿入感になっており、

蛇行膣壁(クランク)

よろしく、モコモコとした蛇行しているような連続した突起を十分に味わう事が出来ますね。

突起の部分はゴリっと引っかかってくるような大胆なものではなく、わりとスムーズな挿入感の中にモコモコとした突起が滑らかに当たってくるような刺激となっており、裏筋はもちろんペニスの上側にもモコモコとした突起があって、イボ系のオナホールとしてはわりと正解を出しやすいような構造なのかもしれませんね。

突起の一つ一つにはイボやらヒダやらがついていますが、ペニスで感じられる刺激は一貫してザラザラとした刺激を感じるだけで、あまりヒダのゾリつくような刺激は混じっていないような感じですね。

「すごい!!」だとか「素敵!!」だとかいった感嘆詞が出てくる程に素敵感があるわけではありませんが、オナホとしての気持ちよさは十分にあり、モコモコといったコンセプト通りなクランクな挿入感も味わう事が出来る、平均点以上はしっかり出せているオナホールだと思います。

ただ、名前にもなっている「カリ責ベリアル」から連想するような亀頭のカリに訴えかけてくるようなカリ特化な刺激では全くないというのが少し疑問を感じてしまう点で、この挿入感であれば「カリ責ベリアル」ではなくて他の名前にしておいた方がもう少し違和感なく使えていたような気もしますね。

自信を持って★4とは言い難い感じですが、60点は間違いなく超えているくらいの★4なオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1300円前後
nkp(1g当たりの値段):4.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る