001今回はタマトイズの

「便器の子」

試してみました。

大ヒット上映中の映画のパロディですね。


おそらくオナホメーカーの中で一番「便器」にまつわるオナホールを発売しているタマトイズ。
遂には「便器」そのものに挿入するなんていうぶっ飛んだコンセプトのオナホールまで発売してしまったわけですが、今回はそんな狂気的なコンセプトではなく分かりやすいパロディのオナホールみたいですね。

001

「便器の子」

という事で、わりとドストレートに伝わってくる「天気の子」という映画のパロディホールですね。

00

「天気の子」は観よう観ようと思いながらも全然行く機会がなくて、すっかり上映開始から3ヶ月も過ぎてしまい「さっさと地上波でやらねぇかな」なんて思っていたら、今調べてみればまだ絶賛上映中だったんですね。

昨日に引き続き、久しぶりとなるタマトイズのドストレートパロディホールの登場ですが、こうして発売されるとなんというかとても安心している自分を発見してしまいますね。

もちろんパロディなどせずに真面目にオナホールを作るという最近のタマトイズの姿勢は尊重していますが、やはり長年続いてきたパロディメーカーのイメージは根強いので、たまにこうして発売されるとなんというか久しぶりに地元に帰ってきた時のような懐かしさと安心感みたいなものがありますね。

001

重量は約345g、全長は約14cmな程よいサイズな筒型の造形のオナホール。
固さは普通~少し柔らかめくらいで、臭いや油っぽさはほどほどな素材が使われていますね。

002

内部は横ヒダメインな構造になっており、等間隔で少し太めなヒダがついているような構造になっているみたいですね。

61Qtjf-7njL._AC_SL1024_


なるほど、断面図で見てみると最近やや流行り気味の気配がある「連続子宮」のような構造になっており、それぞれの太めのヒダに角度が付けられているのが特徴ですね。

メイトの「Nana -ナナ-」なんかに良く似た構造ですね。

benkinoko
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

ボコボコボコボコ!っとした連続で当たる太ヒダの刺激が特徴的な挿入感になっており、亀頭に対する刺激もそれなりに強い刺激寄りなオナホールとなっていますね。

ただ、「Nana -ナナ-」のような一風変わったベロンベロン感みたいなものもなく、子宮的なクポクポする挿入感でもなく、ただただ太ヒダが連続でボコボコ当たってくるだけといったようなわりとあっさりとした挿入感になっており、挿入感としてもリズミカルで楽しいんですが、少しハリのある素材との相性のせいなのか、射精を促すような気持ちよさをそこまで感じないような挿入感になってしまっていますね。

ある意味ではそこまで刺激耐性がない人でも、エッジ感のある刺激をぎりぎり楽しめるくらいのバランスになっている感じですが、少し万人向けに寄りすぎている感じもあって、刺激自体がやや中途半端なバランスにもなっているような気がしますね。

もう少しハードな素材であれば「痛すぎるわ!」なんて言って逆にオススメ度を下げていたかもしれませんが、それだけにゴリゴリ系のハードな刺激が好きな方にはオススメはしやすかったかもしれませんね。

低刺激なものが好きな人にはやや強すぎる刺激だし、高刺激が好きな人には少し物足りなさがあるような、そんな印象の強い★3なオナホールといった感じですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1700円前後
nkp(1g当たりの値段):4.9円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る