001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、釣ってきたいい感じの鯖を七輪でジワジワと炙る為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

小泉進次郎環境相「セクシー発言」の真意は、”エロごみ”対策だった!?|日刊サイゾー

aflo_111871193
「気候変動のような大きな問題には、楽しく、クールで、セクシーに取り組むべき」  外交デビューとなったニューヨークでの国連気候行動サミットで、小泉進次郎環境相はこう言い放った。

【人肌恋しい季節に♡】フランスの大学、シリコン製の人肉っぽいスマホケースを発表!|edamame

2

少しずつ寒さを増してきて、人肌恋しくなる季節も近づいてきたのではないだろうか。 そんなあなたにオススメのスマホケースカバーが、なんと愛の国フランスから登場した! それがこちら。

不気味な支持の広がり。21世紀のファシズムは"オナ禁"から生まれる?|exciteニュース

1
アメリカで今、"オナ禁"が真剣に問題視されています。自慰行為を控え、禁欲的な生活を送れば心身のコンディションが良くなる――そんなオナ禁の効果をうたう真偽不明の体験談やネタ記事はアメリカにも日本にも昔からあり、検索すれば山ほど出てきます。

24人の美女が集結「ヌケるセクシー女優No.1決定戦」スタート!!! ~メンズサイゾー10周年記念イベント~|TOCANA

ivent_top
株式会社サイゾーが運営するウェブメディア「メンズサイゾー」が、サイト設立10周年を記念して来年1月10日(金)にリアルイベントを開催する。そのイベントに向けて、ゲオTVスペシャルアワード『ヌケるセクシー女優No.1決定戦』が本日17日(木)正午より始まった。

美少女ゲームレーベル「feng」運営のホワイトローズが破産 「あかね色に染まる坂」など人気|ITmedia NEWS

sh_feng_01
東京商工リサーチによると、「feng」のレーベル名で美少女ゲームを開発していたホワイトローズ(千葉県市川市)が、9月30日に千葉地裁から破産開始決定を受けた。「あかね色に染まる坂」「星空へ架かる橋」などのゲームがアニメ化され話題となったが、近年は業績が低迷していた。

【陰茎折症】「ポキッ」とトウモロコシを折ったような音が|日刊ゲンダイヘルスケア

2 (2)
「ギャー、ペニスが折れた!」  
そんな恐ろしいことが実際に起こるのです。セックスの途中でペニスが萎えてしまう“中折れ”とは違います。パンパンにフル勃起しているときに折れるのです。

学生証の自殺ホットラインに電話、セックスホットラインだった 米|CNN.co.jp

suicide-sex-hotline-student-id-super-169
(CNN) 米カリフォルニア州ランカスターの中学校でこのほど、退屈した生徒たちが学生証の裏に記された自殺防止ホットラインに電話したところ、「セックスホットライン」につながる出来事があった。

セックスホットラインに電話してしまったのはエミリー・ラベルさんとその友人。エミリーさんは28日、放課後活動の迎えに来た母親にこのことを告げた。

実の親が5歳の我が子をセックスビデオに出演させる! 学校では虐められ…深すぎる児童ポルノ・ダークネットワーク|TOCANAs

minorsingeorgia3
今回の事件は首都トビリシで起きた。これは単なる異常性欲者や、セレブの児童ポルノ・ネットワークだけが関与しているのではない。主な虐待者は両親であり、彼らは5歳から15歳までの娘たちに露骨なセックスビデオの撮影を強要し、金銭を受け取っていた。  

これらのビデオは、ダークウェブと小児性愛者のネットワークを介して国際的に販売され、報酬はビットコインを介し、児童ポルノ・ネットワークの元締めが手にしていたという。

124歳だという僧侶が長生きの秘訣を明かす セックスをせず辛いものを食べないこと|Sputnik

6748025
自分は124歳だと主張するインドの僧侶が長生きの秘訣を明かした。 この場合、彼の出生の書類に記された1896年8月8日という誕生日には疑いがあるが、シバナンダ氏は自分の寿命は、ヨガを続けていることやセックスレス、「美味しい食事」を取らないこと、さらに薪を枕に絨毯で眠ることといった生活様式に帰しているという。

しかし、若い心と身体を保つのはヨガだけでない。86歳の日本人男性は自分の長生きの秘訣がラグビーにあることを発見した。

クマのペニスを食べて6年間逃げ続けたインドの密猟者がついに逮捕される|GIGAZINE

00
インドのマディヤ・プラデシュ森林局が、最重要指名手配犯に指名されていた密猟者であるヤレン容疑者(30歳)を逮捕したと発表しました。当局の話によると、ヤレン容疑者には2013年に絶滅危惧種であるナマケグマ2頭を殺してそのペニスを食べた容疑がかかっているほか、同じく絶滅が危ぶまれている野生のトラの密猟にも関与しているとのことです。

世界で報告わずか80例の奇形 ペニスを持たない男児が誕生|しらべぇ

GettyImages-516987122-600x400
トルコのコンヤにあるネジメッティン・エルバカン大学付属病院で、このほど極めて珍しい「陰茎欠損症」の男の赤ちゃんが誕生した。

早い話がペニスを持たずに生まれたというその男の子。2つの睾丸があるものの陰茎は根部から欠損しており、いわゆる小陰茎症(マイクロペニスとも)と呼ばれるものとも異なるという。

【セックス外傷】裏筋が突然裂けてコンドーム内が血まみれに|日刊ゲンダイヘルスケア

a663ac20373c514adbaf5cf18e2abbb220191002170539164
セックスで起こるトラブルは何も性病だけではありません。性感染症を専門とする医療機関では、さまざまな相談が持ち込まれるものです。特に出血を伴うようなデリケートゾーンの外傷は、大騒ぎになるのは当然でしょう。

ラブホ運営会社が手がけた一般ホテルが凄すぎる5つの理由と掲載NGのワケ|Yahoo Japanニュース

001
ラブホテルは“レジャーホテル”へ
筆者のホテル評論家としてのテリトリーは、ラグジュアリーホテルからビジネスホテル、カプセルホテル、旅館、民泊など宿泊施設全般にわたるが、いわゆる“ラブホテル”もその範疇だ。業界では「レジャーホテル」という呼称が定着しており本稿でもそれに倣うが、男女が特定の目的のために利用する施設と一般的には理解されている。

正確な定義を確認するためには、その独特なスタイルから法律的な解説も必要であるが本稿では割愛する。

オカモト、ビバジェル付きコンドームを発売|ゴム報知新聞

9b5244dbf425fe480da9a9aa805738ad
オカモトは10月10日から、好評を得ているコンドーム「ゼロゼロスリー」シリーズの新商品として「プレミアム ゼロゼロスリー+ビバジェル」を新発売した(同日メーカー出荷)。希望小売価格は2,000円(税別)、1箱10個入り。

技術とともに進化してきたアダルト業界、これからエロはAIでどう変わっていくか|AINOW

adlut
日本のアダルト市場は非常に大きく、矢野経済研究所の2016年の調査では45兆円を超えているほどです。

エロはさまざまな形で人々の欲求を満たしてきました。そして、その形は技術の変化とともに変わってきます。 事実、2000年代初めは成人向け雑誌を中心にコンテンツが提供されていましたが、しばらくしてDVDが登場、そして現在はスマートフォンやパソコンに代替されています。

つまり、アダルト業界はテクノロジーと一緒に進化を遂げてきたとも言えます。

アダルトコンテンツ視聴前に顔認証による年齢確認を行う仕組みが検討されている|GIGAZINE

00
インターネットでは容易にアダルトコンテンツを見ることができるため、近年はユーザーが18歳以上だと証明する必要がある仕組みが検討されたり、健全な性教育のためにポルノ製作に資金を提供するというアイデアが提案されています。

一方、オーストラリアではアダルトコンテンツ視聴前に顔認証で年齢確認する仕組みの導入が提案されています。

アメリカ司法省が世界最大のダークウェブ児童ポルノサイトを摘発「最も卑劣で非難すべき」|HUFFPOST

5dad2d08210000431d34a83d
米司法省は、ダークウェブ上で運営されていた最大規模の児童ポルノサイトの1つを摘発したと発表した。英国と韓国の協力のもと、児童虐待映像を宣伝・制作・配信した疑いで韓国人のJong Woo Son(ジョン・ウー・ソン)容疑者を起訴した。

ソン容疑者は2018年8月に逮捕されていたが、起訴は米国時間10月16日に明らかになった。NBCニュースが最初にこの起訴を報じた。サイトには児童が撮影された25万本以上のビデオがあった。データ量にして8TBにのぼる。

96%はフェイクポルノ、膨張する「ディープフェイクス」の本当の危険性|Yahoo Japanニュース

001
ネット上に拡散する「ディープフェイクス」は前年比で2倍近くに膨らみ、その96%はハリウッド女優などの画像を流用したフェイクポルノ――。

AIを使ったフェイク動画「ディープフェイクス」の現状についての報告書を、オランダ・アムステルダムのベンチャー「ディープトレース」がまとめている。

この国にはかつてエロ雑誌が群雄割拠していた! 『日本エロ本全史』著者が語るエロ本の栄華盛衰記|日刊サイゾー

yasudario01
今年9月より全国の大手コンビニから成人向け雑誌の売り場が撤去され、街からエロ本が姿を消した。東京五輪を翌年に控えた2019年は、エロ本文化が終焉を迎えた年として記憶されることになるだろう。そんな消えゆくエロ雑誌たちに多大なる情熱を注いだ一冊が、安田理央氏の著書『日本エロ本全史』(太田出版)だ。