001今回はラブファクターの

「かりいじめ スパイラル」

試してみました。

かりいじめ~バキューム&シバキ上げ~」の続編ですね。




「かりいじめ バキューム&しばき上げ」



約二年前にレビューしたこのオナホール。
わりと印象的な関西弁バリバリの名前だったりで記憶にもしっかり残っているオナホールだったりしますが、確かオナホの方もたいしてカリをしばき上げてくるような感じでもなく、わりと普通の横ヒダ系のオナホールだった気がしますね。

001

今回はそんな「かりいじめ」というオナホールの続編となっており、しばき上げられるような要素はなく、シンプルに「スパイラル」な要素が加わったものになっているみたいですね。
いっその事そのままの路線で

「かりいじめ どつきまわし」

くらいの勢いで続編を発売してくれた方が、シリーズの統一感が出て良かったんじゃないかと思いますが、そんなジョーク感が満載のオナホールをリリースしてくるオナホメーカーというのもほとんどなくなってしまいましたね。

001

重量は約374g、全長は約15cm。
ミシェランマンのようなモコモコとした造形になっており、これは前回の「かりいじめ~バキューム&シバキ上げ~」でも色こそ違いますが同じ型が使われているみたいですね。

少し固めくらいで、臭いや油っぽさは控えめ気味な弾力のある素材が使われていますね。

001

ぱっと裏返してみた時の最初の印象は、スパイラル的な要素なんてどこにもないただの細横ヒダな構造に見えたんですが、

002

裏返してみると、矢印の部分にうっすらとしたスパイラル的な隆起がついているのが確認出来ますね。

81MBM8SH4VL._AC_SL1500_

断面図で見ると、それなりにしっかりとしたスパイラル構造になっているみたいですが、スパイラル系の構造は、はっきりとスパイラル感を体験出来るバランスというのが難しいものなので、この螺旋形状でどこまでスパイラルになっているのかがポイントになりそうですね。

kariijimespiral
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

普通に無難な横ヒダ系のオナホ

それ以上でもそれ以下でもないような、非常にシンプルなゾリゾリとした横ヒダ系のオナホールとなっており、そりゃあまぁ普通に気持ちは良いんだけど、このオナホならではの個性や特徴みたいなものもなく、「横ヒダホールは当たり前に気持ちいい」という事を再確認するだけのオナホールになってしまっていますね。

肝心なスパイラル的な挿入感は、これは「完全にない」とは言い難く、ペニスを挿入した状態だと多少捻ってくるような力の加わりを感じられるんですが、言ってしまえばそれくらいの役目しか果たしておらず、

スパイラル的な要素はあれどもスパイラル的な挿入感にはなっていない

そんな感じの使用感になってしまっていますね。

素材も少し固めくらいでゾリゾリ系の刺激は分かりやすいので、「刺激寄り」くらいのバランスにはなっていますが、そこまで穴の口径が狭いわけではないので「かりいじめ」と言う程亀頭に強い刺激が加わってこずに、コンセプトとしてもやや中途半端なものになっているような感じですね。

「刺激寄りな横ヒダホールが好きなんだ!」

という方であれば買って後悔はないくらいには楽しめるオナホールだと思いますが、2019年のオナホールであればせめてメインコンセプトの「かりいじめ」と「スパイラル要素」くらいはもう少しはっきりさせて欲しかった所ですね。

オススメ度はちょうど50点くらいの★3だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2200円前後
nkp(1g当たりの値段):5.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る