001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、忘年会にいそいそと馳せ参じる為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

薬草と祈りでペニスを大きくする「ペニス増大マッサージ」は重要な観光資源だとインドネシアの大臣が発言|GIGAZINE

00_m
インドネシアの保健大臣が「インドネシアで伝統的に行われるペニス増大マッサージなどの民間医療は、インドネシアが海外観光客に向けてアピールすべき重要な観光資源だ」と地元メディアに対して発言したと報じられています。

全裸オナニー動画配信で5億円荒稼ぎ! 公然わいせつで男女3人が逮捕|ニコニコニュース

2

わいせつ行為をインターネット上でライブ中継したとして、警視庁保安課は11月5日、東京・池袋を拠点に活動していた男女3人を公然わいせつの疑いで逮捕したと発表した。  

逮捕されたのは動画配信の代理店『LCNN(ライブチャットナイトネットワーク)』の内山隆志容疑者(38)、同社勤務のチャットレディーである吉野まこ容疑者(23)と村上遥容疑者(24)の3人だ。チャットレディーの両容疑者は、いずれも池袋のガールズバーで働いていたときに内山容疑者にスカウトされ、この仕事に就いたとみられる。

新婚初夜に処女のフリができるピル「i-virgin」がAmazonで販売されていた理由|Buzzap!

top
「処女のフリができるピル」とは?
インドのAmazonが販売していたのは「i-virgin」という商品。小さなカプセルの中に人間の血液に似せたとされる「血のパウダー」が入ったものです。

人間はロボットとセックスするようになるのか|PRESIDENT ONLINE

img_45fab0fedd07ffe0a87c0ab1a4b0ec87277818
AIの進化が人の孤独を癒やすかといえば、そうとは言い切れません。

人間が犬や猫などのペットに限らず、ソニーのロボット犬aiboにも癒やされるのは、なぜでしょうか。それは、人間が彼らと双方的にコミュニケーションが取れていると“感じることがある”からです。

つまり、飼い主である人間がペットやaiboに一方的に愛着を抱いている場合がほとんどです。当然ながら、aiboに人格と呼べるような意識はありません。人間の親近感や愛着とは、極めて主観的なものです。
続きを読む

世界初の「ペニスの完全移植手術」が見事成功か、移植したペニスの勃起やオーガズムも確認|GIGAZINE

00_m
戦争による負傷で下半身の大部分を失った男性兵士が、ペニス・陰茎・腹壁を移植するという世界でも類を見ない大手術を2018年に受けました。

そして術後1年が経過し、「男性の新しいペニスは正常な勃起が可能となり、オーガズムも得られるまでに回復した」と手術を行った医療チームが報告しています。

【閲覧注意】ペニス移植手術の過程がわかる画像がヤバすぎる! 勃起も排尿もできる“新しい陰茎”に患者大満足=米|TOCANA

20191126_penis_01
アメリカ海軍の退役軍人であるレイさんは昨年、陰茎と陰嚢を移植する手術を受けた。ペニス移植は世界で4例目で、その中でも最も複雑な手術だったという。

今月6日に刊行された医学誌「The New England Journal of Medicine」では、移植から1年経ったレイさんのペニスの写真が公開された。レイさんは、移植のおかげで「すっかり元通りになった」と感じ、ほぼ正常な勃起と射精も可能になったと医師に語った。

セーラームーンのコンドームなら欲しい!渋谷で配る理由とは。|BuzzFeed

001
性感染症のひとつである「梅毒」が流行しています。
患者数は20年前と比べると2019年には10倍にまで増えているのです。
そこで厚生労働省と、コンドームメーカーが協力してキャンペーンを打ち出しました。
そこで起用されたキャラクターが……

中国のラブドールがついに日本上陸!|東スポWeb

001

日本のラブドール界が変革の時を迎えようとしている。ついに“中華ラブドール”の逆襲が始まった。本紙は7月、中国最大のラブドールメーカーである「人造人科技」(本社・広東省東莞市)のCEOである一刀氏のインタビューを掲載したが、早くも中国製のラブドールを専門販売する正規代理店がオープンした。

SEXに最適化された「中華ラブドール」輸入代理店を取材!「膣の中にイボイボが…」「人体よりもイイ」「ズズッ…チュ…」|TOCANAs

loved_02
生身の女性よりもラブドールを愛してやまない男性が、中華ラブドールの正規輸入代理店をオープンさせた。栃木県小山市にショールームを開設したのは、中島千滋さん(64)。お店の名前は、「乙女ドール」という。

【人間ラブドール製造所を取材】年齢性別を超越したヒトの記号化!「人形になりたい」「操られたい」東京&大阪でイベントも!|TOCANA

IMG_4169
「人間をラブドールにしちゃうぞ」というサービスが好評の「人間ラブドール製造所」が新たなる分野に進出した。10月26~27日に開催されたアジアの国際的なアートフェアである「UNKNOWN ASIA2019」(大阪市北区/グランフロント大阪 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター)にインスタレーション作品を出展した。

日本初!百貨店に「女性用アダルトグッズ常設店」ができた深い理由|現代ビジネス

001
2019年11月22日、大阪の老舗百貨店・大丸梅田店5階に女性向けアダルトグッズ「iroha(イロハ)」の常設店がオープンした。女性向けのアダルトグッズがデパートに常設されるのは日本初である。

これまで3度のポップアップストアの反響が大きかったことから、この度の常設が決まったというが、老舗百貨店でアダルトグッズが販売されるという前代未聞の出来事は、どのような経緯で生まれたのか。

あなたがネットでエロ広告を見るのは、あなたがエロいからではない|HUFFPOST

5dce12e32500009c08d2d296
「ネットのエロ広告がひどい」というようなことを言うと、「ネットの広告はターゲティングされてるんですよ。エロ広告が出るのはあなたが普段エロサイトばかり見ているからではないですか」と言い返す人がいる。

最近どうも流行りの考え方のようで、このごろツイッターで似たようなやりとりを何度も目にしている。

Google ドライブにエロ画像を入れたら削除された? 「怖い」「検閲か」と不安広がる → Google「人による確認はしていない」|ねとらぼ

nt_191119googledrive01
はてな匿名ダイアリーに投稿された、「Googleドライブのエロ画像が消された」というエントリがネットユーザーの間で話題になっています。

ネット上ではGoogleの対応を巡り、「え、(ファイル内容を)見られてるの」「非公開でも消されるの流石にちょっと」などさまざまな声があがりましたが、Googleに問い合わせたところ「自動システムによるスキャンで乱用を示すシグナルを検出しており、人による確認はしていません」とのことでした。
 

『フェチフェス18』2020年1月開催決定! ステージチケットの前売り販売開始|SPICE

2
“ジャパニーズフェチ”をテーマにした即売会&パフォーマンスイベント『フェチフェス18』が、2020年1月19日(日)に東京・日本橋の綿商会館で開催されることが決定した。

『フェチフェス18』にはアーティスト・コスプレイヤー・セクシー女優が集結し、ジャンルを超えたボーダーレスな作品を出展する。
フェチな感性を刺激するアートやファッションなどと出会える貴重なチャンスだ。