001今回はマジックアイズの

「すじまんくぱぁEXバージンろりんこ」

試してみました。

すじまんくぱぁシリーズの続編ですね。


さて今回はマジックアイズからの2019年の年納めホールが、この年の瀬になってギリギリ発売されていたのでしっかりレビューしていきましょう。

001
マジックアイズの長らく続く代表作的なシリーズでもある「すじまんくぱぁ」の続編となっており、「EXバージン」という、オナホの格闘ゲームがあれば徐々にゲージが溜まって必殺技を打てそうな感じの格好の良いサブタイトルがつけられた商品となっていますね。

パッケージや名前やオナホの重量からは、デラックスさエクストラ感は十分伝わってくる感じですが、いまいちどういった感じのオナホールなのかというのが伝わってこない感じなので、商品説明を読んでみる事にしましょう。
すじまんくぱぁろりんこに巨大な子宮口と超厚純潔膜を搭載したエクストラバージンろりんこの登場! !

くぱぁとしたすじまんから見える純潔膜は硬度と厚みを増しあなたの侵入を拒みます。

無次元の膣肉壁はかき分けるような感覚を味わえる密着度を達成し最奥部の硬度変更された「極彩EX子宮口」30mm砲で搾られる体験ができます。

全長180mmの660gボディはハンディサイズとしてもバランスが良く扱いやすいのですが裏返し洗浄はお控え下さい。
ベースとなっているオナホールは名前の通り「すじまんくぱぁ!ろりんこ」のようですね。
大きな特徴となっていそうなのは、
  • 超厚純潔膜を搭載
  • 極彩EX子宮口30mm砲
こちらの2点で、先に断面図をチラ見してしまったのでネタバレしておくと、

手前の処女膜と奥の子宮口に違う硬度の素材を使ったオナホール

といった特殊二層構造のオナホールですね。

さて、特殊二層構造のオナホールって一体なんなのさ、という方も多いと思うので先に断面図を見ていきましょう。
001

ご覧の通り、矢印の部分の赤いパーツにまた違った硬度の素材が使われている構造となっており、「イボやヒダだけ」だったり、「子宮パーツだけ」だったりの特殊二層構造は最近ではさほど珍しくはなくなってきましたが、

特殊二層構造を二箇所に使う

というの「ダブル特殊二層構造」といったようなあまり見かけない珍しい構造ですね。

アプローチ的には全く違いますが、ホットパワーズの「ダブルフェラ魔チオ」なんかが、同じようなダブル特殊二層構造を使ったオナホールで、同じ名前の構造でもメーカーが違えばここまでタイプの違うオナホールになるというのも各々の個性が出ていて楽しいですね。

001

重量は約659g、全長は約18.5cm程のかなり大きいサイズのハンドホールなトルソー型ですね。
すじまんくぱぁ!ろりんこ」よりかは大きく、「すじまんくぱぁ ろりんこ処女宮」よりかは小さいサイズで、分厚い唇のような大陰唇であったりロリっぽい造形は他のすじまんくぱぁシリーズと同じような造りになっていますね。

少し柔らかめで臭いや油っぽさはやや控えめ気味~ほどほど程度に収まっています。

001

固いパーツが入ってある所らへんを揉みしだいてみると、入り口側の処女膜の部分では特に大きな変化は感じられませんでしたが、奥の子宮部分の所にはあきらかに固いコリコリとしたシコリのようなものが入っているのを確認する事が出来ますね。

002

背面には毎度お馴染みなメーカーロゴが刻印されている仕様になっています。

003

今となってはその醍醐味みたいなものもかなり薄れてしまいましたが、やはり「すじまんくぱぁ」と言えばこの入口のくぱぁ感を楽しむものだというのを忘れてはいけませんね。

004

内部はうっすらピンクの二層構造で、その奥の赤いパーツの部分がダブル特殊二層構造の固い処女パーツになっていますね。

この部分が狭くそして固い為に、なんらかの犠牲を払わないと裏返しは出来ない感じですね。


極彩ex

処女膜と子宮パーツが別素材になっているので、実質的には三層構造のオナホールという事になりますね。
真ん中付近の構造は大きめのヒダをもたせているような有機的な構造を採用しているみたいですね。

sujimanex
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

やだ、なにこれ。

どう評価していいのかさっぱり分からない挿入感

となっており、あまりにも刺激の情報量が多すぎて、単純にこれが気持ちいいのかどうかですら判断するのがとても難しいオナホールとなっていますね。
001

とりあえず、ファーストインサートの印象としては、

「めちゃくちゃ食らいついてくる」

と言ったような、強い締め付けや窮屈な中の具合だったりを感じてしまう挿入感となっており、ここらへんの感触の大部分は入り口の処女膜が担当している感じですね。

常にペニスの中央から根本付近までぐっぽりと咥えるように小さい穴が締め付けてくる為に、一般的なオナホールよりも入り口付近の密着感というか圧迫感というか窮屈な感じがとても強く、まるでなんらかの生物にペニスを丸呑みにされたような感覚に陥ってしまいますね。

意外にも処女膜に挿入する時の抵抗はそこまでなく、しっかりとローションを垂らしておけばわりとすんなりと挿入する事が出来、またその位置が入り口付近な為にロングストロークで処女膜のクポクポ感を楽しむというよりかは、その強い締め付けから生まれる密閉されているような不思議な穴の挿入感を楽しむ為のものとして存在している感じですね。

それゆえにストロークする時の抵抗もなかなか強い感じで、片手でストロークするよりかはオナホを両手で持ってストロークする方が安定したストロークを楽しむ事が出来る感じですね。

真中部分は強烈にどこかのヒダが引っかかってくるような分かりやすい刺激にはなっておらず、ぐにょぐにょベロベロとした厚いヒダの複雑な壁を通り抜けているような刺激になっており、処女膜との密閉感とも相まって不思議な挿入感を加速させている感じですね。

001

奥の子宮部分には一応穴が空いているみたいなんですが、素材自体がかなり固めなものが使われているというのもあってこの部分に挿入するのはかなり難しいですね。

だからといってこの子宮部分が役に立っていないかと言えばそういうわけではなく、カチカチの固いイボとして亀頭の先端をゴロリゴロリと撫で回すように刺激してくるような動きになり、これもまた密閉感のある処女膜とのコンボで不思議な挿入感を加速させている感じですね。

このように、オナホ全体であったりパーツパーツの使用感は説明出来るんですが、

「これが気持ちいいのかどうかが良く分からない」

といった挿入感である事には変わらず、圧迫されながらグニョグニョとした壁を駆け抜けていく感覚はかなり奇特な挿入感ではあるし、気持ちよさ的にも十分実用範囲で収まっているはずなのに一体どうしてよく分からない刺激になってしまうのか・・・とジュポジュポとストロークしながら考えていると一つの結論に達する事が出来ました。

001
お前か。

処女膜の密閉感やグニョグニョとした通り道の合わせ技ですでに特殊な挿入感になりすぎていたので、奥の子宮パーツの刺激は「固いイボがゴツゴツと当たってくるアクセント」くらいにしか感じていなかったんですが、注意深くその刺激を観察してみると想定以上に亀頭への刺激が高かったようで、

直接亀頭の先端をゴツゴツと刺激してくる子宮パーツが亀頭責め系の鋭い刺激で射精感を阻害している挿入感になっている

というのが、「気持ちいいのかどうかが良く分からない」という感想の正体だったようですね。

これが奥の子宮パーツのみで構成されたシンプルなものであればすぐに気付く事が出来たんですが、あまりにも複雑すぎる挿入感で、その答えに至るまでにしばしの時間がかってしまいました。

sujimanex2
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

そうと分ければその刺激を逆手にとって、オナホールの底の部分を持ってこね回すようにすれば子宮口で亀頭を撫で回すような亀頭責め寄りの刺激を楽しめたり。
底を摘んで子宮に当たらないようにすれば、亀頭への刺激は軽減されてマイルドな挿入感を楽しめたり。
もちろん普通にストロークしてコツコツと当たる子宮口の刺激を楽しんだりと、刺激のバリエーションが一気に広がる感じですね。

子宮口だけではなく、全体的な挿入感としても基本的には強めな刺激加減になっているので、まったり系が好きな方にはいささかキツすぎる刺激ではありますが、

「複雑すぎる刺激寄りのオナホール使いたいんだ!」

という方にはオススメしやすいオナホール、という結論まで長い道のりを経てようやく辿りついた大変なオナホールでした。

ただ、一般的な子宮ホールのような穴に出入りする「クポクポ感」みたいなものは、ほとんど楽しめないと思った方が良いので、子宮系のオナホールが好きな人は注意が必要ですね。

オススメ度としては★4で間違いないでしょう。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:3200円前後
nkp(1g当たりの値段):4.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る
22_16x16大人のおもちゃ通販大魔王で詳細&レビューを見る