onahotopics

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、十日戎で屋台のからあげをパクつきながら美味しいお酒を召し上がる為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

【閲覧注意】「首吊り掃除機オナニー」で窒息死した男! 死の快楽… “変態の極み”生配信中の悲劇|TOCANA

7963-00061-1-728x450
世の中には、常人の理解の範疇を超えた特殊性癖が存在する。その中の一つに「掃除機フェチ」がある。掃除機フェチのオナニーは、電源を入れた掃除機のパイプにペニスを突っ込み、吸引される感覚を楽しみながら射精するのが一般的である。

行為をイメージできない読者は、アダルトサイトを「vacuum cleaner」で検索してみるとよいだろう。掃除機を使ったオナニー動画がいくつもヒットするはずだ。

日本の性教育 セックスをどこまで教えるか|Yahoo News

img_a5874917d1a8d9c39cb8faa58b54962f413937
「お母さんの膣へお父さんのおちんちん入れて、精子を子宮へ運ぶ。このことを英語でセックスと言うの」 お母さんたちが、地域の子どもたちに直接伝える性教育。

小学校の教科書には、セックスについては触れないとされています。 お母さん「そこの流れを切る意味がわからない」 だから自分たちが、子どもたちに正しい知識を早いうちから教えたい。近所のおばさん感覚で伝えます。

アレそっくり!?ビーチを埋め尽くす大量のペニスフィッシュ 米カリフォルニア州|ハザードラボ

yumushi0002
米カリフォルニア州の砂浜に今月初め、男性器そっくりの何千何万という数の「ユムシ」が打ち上げられて話題になっている。  


この生き物は、日本語で「ユムシ(螠虫)」といわれていて、すべすべしたピンク色のソーセージのような姿から、英語ではそのものズバリ「Penis fish」と呼ばれているが、魚とは違って背骨のない無脊椎動物だ。

現在、アンドロペニス(R)がペイロニー病治療、 ペニス増大の唯一の治療法となりました。|@PRESS

LL_img_201533_1
アンドロメディカルは、アンドロペニス(R)と言うペニス牽引器具がペイロニー病とペニス増大治療において日本で有効な唯一の治療法だとアナウンスしました。

なぜなら、今年度末までにアメリカE.P.研究所はコラゲナーゼクロストリジウムヒストリチカム(CCH)注射をヨーロッパ、オーストラリア、アジアで廃止しているからです。

にんげんだもの:2019年のセクシャル・テックニュースまとめ|GIZMODE

tech-w1280
テクノロジーの発展を支えているのって人間の欲望だと思います。

もっとこうしたい、ああしたい、自分の体がもうっとこうなってくれたら…、そういう「満たしたい気持ち」が医学にしろ技術にしろ、その進歩を加速させていると思うんです。つまり、人間の心と体はテックと綿密な関係を持っていると言えるでしょう。

それを裏付けるように、今年もたくさんの肉体関連テックニュースがありました。

ED治療の最前線 再生医療を取り入れ衰えた細胞の復活も|NEWSポストセブン

20191223-00000013-pseven-000-1-view
年齢を重ねた男性の悩みに寄り添うための「ED治療」を巡る研究は、日進月歩の世界だ。広く世界に目を向ければ、画期的な新治療の研究がいくつも進んでいる。そのひとつが、最先端の再生医療を取り入れた「幹細胞治療」だ。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が解説する。

筋肉しか信じない男子が「人間ラブドール製造所」で人間界を離れた結果|fumumu

fumumu20191230ally-arata2-750x500
「ラブドール」――それは、男性がセックスを擬似的に楽しむために作られた人形のこと。かつては同じ目的で作られた「ダッチワイフ」というものがありましたが「オリエント工業」がシリコーンなどを使用して作るラブドールは、見た目のみならず感触もリアルに近い人形です。

そのかわいらしい表情や、リアルを追求したカラダなどは、女性からも支持を集め、コレクターもいるほど。 今回は、人間がラブドールになれるという「人間ラブドール製造所」に突撃! 「マッチョ男子をかわいいラブドールにしてほしい」の願いを叶えてもらいました。

「世界一リアルなラブドール」がいるショールームに潜入取材! 直接触れることができる「WAGDOLL」がやばい!|TOCANA

8101000
日本のラブドール界が変革のときを迎えようとしている。本格的な“中華ラブドール”の時代がやって来た。  

以前、筆者は、中国最大のラブドールメーカーである人造人科技(本社:広東省東莞市)の正規輸入代理店となっている「乙女ドール」(栃木県小山市)を紹介したが、それと前後する形で「WAGDOLL」という会社(代表:ぶっちょカシワギ氏)が大阪府にラブドールのショールームをオープンした。

PayPalの厳しい用語規制が明らかに。アダルトプラットフォームの問題点が浮上|おたぽる

GettyImages-946916816_-630x441
昨年から国内最大級のアダルトプラットフォームFANZAにおいて、使用できる用語の規制が強化されたことが話題になっている。

従来使われてきた「催眠」というキーワードが使用できなくなり、「催○」と表記しなくてはならなくなったりしているのだ。  

こうした措置は、アダルト系の決済を嫌がるクレジットカード会社の意向が反映されているとされる。そうした中、FANZAのヘルプページで規制の厳しさが可視化されて話題になっている。

世界最大のポルノサイトPornhubが「2019年アクセス統計」を公開、2019年を象徴する単語は「素人」「エイリアン」検索数トップは「日本人」「ヘンタイ」|GIGAZINE

00
世界最大のポルノムービーサイトPornhubが「2019年度のアクセス統計」を発表しました。「エイリアン」、有名コスプレイヤーの「ベル・ドルフィン」、「Apex Legends」などがランクインした「2019年度を象徴する検索キーワードTOP10」や1位2位を「日本人」「ヘンタイ」が占めた「最も検索された単語TOP20」、そして総アクセス数などの統計情報も明かされています。

日本の人気女優たちの合成ポルノ動画も氾濫。中国AI「ディープフェイク」の闇|日刊SPA!

f03817008c8e8f8ec86ce42de8f9dc5a_s-550x367
有名芸能人のアダルト動画が水面下で大量にアップされている――その震源地は中国だった。AIを使った高度な合成映像はどのように流通しているのか。製造者にコンタクトを取ることに成功した!

圧倒的再現度とインパクト、TENGAのiPhoneケース発売|engadget

001
12月26日、TENGAの直販サイトにて「TENGA iPhone CASE」が発売されました。価格は税込み4180円で、2020年1月7日以降の発送となります。対応機種はiPhone XとiPhone XSです。

足フェチのためにAIが自動生成した足の画像を送ってくれるサイト「This Foot Does Not Exist」が登場|GIGAZINE

00_m
過去には、AIでこの世界に存在しない人物の画像をワンタッチで生成できるサイト「This person does not exist」が登場していますが、新たに「この世界に存在しない足の画像」をAIで自動生成する「This Foot Does Not Exist」が登場しています。