ho7968pl今回はホットパワーズの

「淫夢の国のクチパコ姫」

試してみました。

クチパコ的なオナホールですね。


壁埋まり夫さん

001

いきなりそんな名前が出てきても「誰だそれ?」となってしまうかもしれませんが、ホットパワーズの「触手裏剣シリーズ」であったり、「フェラ魔チオシリーズ」であったりなんかのイラストを描かれているイラストレーターの方で、ホッパ方面に詳しい方なんかであれば知っている方も多いかもしれませんね。

かなり昔に、深くエロの探求を行っている事からオナホ動画.comの相互リンクを貼らせてもらった記憶があり、直接的なお付き合いがあるわけではありませんがオナ郎としてはわりと馴染みのある方だったりします。
ho7968pl

今回のオナホールもその「壁埋まり夫」さんがイラストを担当しているというのはもちろんなんですが、なぜ冒頭でわざわざ紹介してみたのかと言うと、今回は

その壁埋まり夫さん完全プロデュースのオナホール

になっているからですね。

どういった経緯で  みたいな事はホッパの公式サイトの説明を見てもあまり詳しくは書かれておらず、
壁埋まり夫さんはオナホールも好まれてプレイされており、ホッパの色々なオナホを味わいつくしてきた経験もある事から、今回オナホールのプロデューサーを初体験して頂くという新しい試みにチャレンジして頂いたのです。
これくらいのあっさりとした説明で済まされていますね。

001

パッケージにも掲載されている本人の挨拶と説明がこちら。

「W型切断面」

なんていう聞いた事のない新しい構造の説明があったりで、どんなオナホールなのか期待が高まりますね。

001

重量は約294g、全長は約15cm。
外型はホッパの自社工場製のオナホでよく使われているものですね。

使われている素材は「柔(-1)」な通り、柔らかめなものになっており、臭いや油っぽさはほどほど~少し気になる程度の素材ですね。

003

さてこちらが先程気になっていた「W型切断面」という構造。

12111356_5df077059bdb0

公式の紹介画像を見るとわかりやすいですね。
めちゃくちゃ簡単に言えば縦ヒダが3つついた構造なわけですが、その配置の仕方がなかなか新しくて見たことのないような形になっている感じですね。

12111356_5df076ea4473c

このW型の入り口を「クチパコ」よろしく、イラストのような口内感を演出しているコンセプトなわけですが、ちょっと待てよ・・・・・・と。

なんだかこんな感じの口の形を見て、すぐさま脳内にフラッシュバックしたオナホールがありますね。

e93db319-s

5.6年前にプライムが発売していた「マウスアライブ」というオナホールがあり、当時のプライムの技術ではこのような化け物地味たオナホールに収まってしまっていましたが、これの完成形が今回のような形だったわけですね。

004

入り口から見た形ではわりと斬新な形でしたが、裏返した画像で見ると片側には二本の縦ヒダがあり、

05

反対側には一本の縦ヒダがあり、その壁にはぎっしりと細い横ヒダがついた構造になっていますね。

kutipako
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

ああ、気持ちいい。

「こいつはすげぇオナホールだぜ!!」だとか、「こんな気持のいいオナホールはなかなか出会えないぜ!!」だとか言ったような、少年漫画の主人公がうっかり山場で発してしまうような熱い気持ちを乗せた言葉なんかは出てこないものの、例えば村上春樹の小説に出てくるキャラクターが

「このオナホって素敵よね」

と発したような、シンプルなんだけどどこか不思議な魅力のある言葉に聞こえるような、静かなトーンで「いいですね」と言いたくなるような素敵な気持ち良さがこのオナホールにはある感じですね。

さてこの「W型切断面」。
よっぽど新しくて斬新なオナホールなんかを求めている方には、

yasei_266424

と一蹴してしまってもいいくらい、およそ「斬新さ」といったような点とは無縁  という程ばっさり言い切れるわけではないですけど、それらはあまり感じられないような挿入感になっており、

単純にヒダ系のオナホールとしての気持ちよさの完成度が高いオナホール

となっている感じですね。

単純な横ヒダだけの気持ちよさで、オナ郎がこれほど「いいですね」と言っているわけではもちろんなく、その気持ちよさをブーストさせている機能がこの「W型切断面」の形になっている感じですね。

この3つのヒダがどういう役割をしているのかと言うと。
もちろん一本ヒダの面を裏筋側にすれば、山脈ヒダ系の隆起的な立体感を裏筋で得る事が出来るので、普通のストレートなヒダ系とは少し違ったアクセントを感じられるわけですが、このオナホの本質はおそらくそういった所ではなく、

W型切断面が穴の中でペニスをホールドしてくれている

という所にありそうですね。

この形によってペニスと穴の密着感が上がる事によって柔らかい素材ながらもゾリゾリとした刺激をしっかりと味わう事が出来、かつピンポイントな裏筋への刺激をブーストさせる事によって気持ち良さを加速させているような仕様になっている感じで、「そんなに変わった挿入感でもないのに、やたらと気持ちいいな・・・」と感じてしまうような、影の立役者的な構造になっており、使用感としては素人向けなシンプルさなんだけど、構造としては玄人感のある分かりにくい仕様になっている感じですね。

なのでこの「W型切断面」というものが、今までなかったような新しい挿入感を与えてくれているという印象はあまりなく、

このW型切断面になっている事によってヒダの気持ちよさをよりしっかり感じられるようなオナホールになっている

といった感想がしっくりくる感じです。

二本のヒダを裏筋側にもっていったりすればまた違った縦ヒダのアクセントでも楽しめたりもするようになっており、色んな角度で気持ちのいいポイントを探してみるのもいいかもしれませんね。

そんなW型切断面の役割のために、基本的には単調にも感じてしまうような挿入感ではありますが、気持ちよさで言えばなんの文句もなく★5をつけられるくらい、あっという間に射精にまで到達せざるを得なかった使用感なので、オススメ度としても安心して★5をつけられる感じですね。

オナホ初心者の方にはもちろん、「たまには気持ちのいいヒダホールを使いたいな」って方にはオススメしやすいオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2100円前後
nkp(1g当たりの値段)5.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る