715xPQAWm1L._SL1000_今回はRIDE JAPANの

「ヴァギナモーションロングプレイング」

試してみました。

ヒダモーション的なオナホールですね。


圧倒的強者

として長らくオナホ業界のトップに君臨しているRIDE JAPAN。

2017年にヴァージンループの爆発的ヒットがあってその地位を不動のものにしていたわけですが、さすがに3年も経てばブームは収束して、最近の月間ランキングではヴァージンループだけではなく色んなメーカーの色んなオナホが見られるようになってきましたね。

ただ、RIDE JAPANにとってのヴァージンループは「生命線」と言える程に唯一無二なヒット作というわけではなく、「生命線」と呼べるようなRIDE JAPANの強みというのは

色んな素材の色んな構造のオナホを早いペースで安定しすぎたクオリティとコストパフォーマンスで発売している

という所なので、ブームが一つや二つ終わった所でRIDE JAPANの強みがなくなるわけでもなく、また今年も色んな素敵オナホールを見せてくれるんじゃないかと思います。

715xPQAWm1L._SL1000_

そんなわけで2020年の一発目にリリースしてきたのが今回のオナホール。

「ヴァギナがモーションしてくる」

そんな挿入感になっているかどうかはまだ挿入してみなければ分かりませんが、どちらかと言うと分かりやすいのは後半の「ロングプレイング」という点で、

001

「長時間専用」だとか「長くやりたいに応えました」といった、まったり低刺激系な挿入感を示唆するようなキャッチコピーが散りばめられていますね。

ただ単にそのコンセプトを忠実に再現するのであれば、ふわとろ系のソフト素材を使えば余裕でクリア出来るわけですが、今回のポイントはあえてバンジータッチ素材というRIDE JAPANの中ではノーマルに位置する素材で作られているという点ですね。

あえてのバンジータッチ素材で発売してきた意図みたいなものが感じられるかどうかがポイントになりそうですね。

001

重量は約378g、全長は約16cm。
ロングプレイとも相性の良いロングサイズなオナホで発売してくるRIDE JAPANのバランス感覚はさすがといった所。

素材は先程も紹介したようにノーマルに位置する「バンジータッチ素材」が使われており、少し柔らかめで臭いや油っぽさはほどほどな素材ですね。

002

入り口にはイボ・・・いやヒダ・・・のような細い突起みたいなものがたくさんついており、ペニスを捕食したら溶かしてきそうな感じの食虫植物のような入り口になっていますね。

003

そんな感じの細いヒダ突起みたいなものが壁一面にぎっしりと敷き詰められている構造となっており、「これは斬新だな!!!」と驚くような画期的な構造・・・という感じではありませんが、なるほど確かに今までになかったかもしれない珍しい形になっていますね。

004

正面からアップで撮影するとこんな感じで、魚の背びれのような細いヒダになっていますね。
こんなにも薄くて細い突起だと、工場の技術次第では成形時にブチブチと千切れて見るも無残な姿になってしまってもおかしくないくらいに繊細な構造となっており、ここらへんの技術力の高さもRIDE JAPANの強みの一つですね。

71bxZPfSpvL._SL1000_

真ん中部分には少し長めの細ヒダ突起を配置していたり、子宮ゾーンを配置していたりと、微妙な変化もつけているみたいですね。

vaginamotion
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

刺激が繊細すぎる。

ふわとろなソフティタッチ素材では構造のエッジ感が完全に消えてしまうために、この構造をギリギリ感じられるバランスとしてバンジータッチが選ばれたのかもしれませんね。

さてこの小魚の背びれのような突起ヒダの群れの挿入感なわけですが、あまりにも細くてペニスを挿入すればそれらが軒並みなぎ倒されてしまい、際立ったような突起感であったりヒダ感みたいなものは感じらないですね。

ただ、それらの構造が完全に消え去っているのかと言われればそうでもなく、壁の凹凸の変化としてはきちんと残っており、どこかしらが引っかかってくるような分かりやすい刺激ではないものの「ないんだけどある」といったような不思議な壁のモニュモニュした感じを味わえるような挿入感となっていますね。

確かに「ロングプレイング」よろしく長時間楽しめるような低刺激寄りなオナホールだというのは間違ってはいないものの、もちろん射精くらいは余裕で出来てしまうくらいには気持ちのいい構造ではあるんですけど、★5か★4かで悩める程には素敵なオナホールにはなり得ていないような気がしますね。

ふわとろ系の素材で内部構造を感じられるようなエッジ感のある構造にする今までにもよくあった方法ではなく、あえてのバンジータッチ素材で内部構造のエッジ感を薄くすることによってまったり感を演出するというアプローチ自体が今回の裏テーマみたいなものだったようにも思いますが、何かこう

「刺激のフック」的な要素が薄く感じてしまう

ようなバランスになってしまっており、オススメ度としては★3くらいがちょうどよく感じてしまうオナホールでした。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:2100円前後
nkp(1g当たりの値段):5.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る