001今回はTENGAの

「TENGA GEO GLACIER / CORAL」

試してみました。

前回に引き続き、中型球体オナホのシリーズですね。


※今回は二本同時のワイド版のレビューとなりますので、明日のレビューはお休みさせて頂きます。

「デザインと機能性を両立させている」

というのが、どれだけTENGAがインテリアライクなオナホールを作ってきたとしても評価しやすい点だったんですが、「TENGA GEO AQUA」を使ってみた結果としてはどう考えてもデザインを重視しすぎた挙げ句、機能性が低下してしまったとしか思えないような結果になってしまいましたね。

もちろん内部構造が違えば印象もがらりと変わったりするのがオナホールというものなので、シリーズの残り二つに希望を託してしっかりレビューしていきましょう。

61Bbf0Sd+LL._AC_SL1500_
61y3p946oeL._AC_SL1500_

「AQUA」がわりと言葉にしやすい横ヒダ系の構造だったのに対して、今回の「GLACIER」と「CORAL」はなんとも説明のしにくいボコボコとした幾何学模様的な構造になっていますね。

公式の説明文であればパシっとしたうまい言葉で説明してくれているだろうと思って確認してみると、
  • AQUA(アクア):波打つダイレクト快感
  • CORAL(コーラル):絡みつくエレガント快感
  • GLACIER(グレイシャー):押し寄せるダイナミック快感
このように刺激に対する説明しかありませんね。

単語の意味で調べてみると、「GLACIER」は氷河。
「CORAL」は珊瑚という意味みたいで、なるほど確かにそう言われてみればそれっぽく見えてきましたね。

001

三角形の塊が球体になったようなものがGLASIER。
細いヒダが集まって突起っぽい形状に組み上がっているような形状のものがCORAL。
ぱっと見た感じでは「CORAL」の方がボコボコしていて気持ちよさそうな形状で、GLASIERの方はこれを裏返した場合、あまり溝がちゃんと出なくてのっぺりした使用感になりそうな構造に見えてしまいますね。

どちらも重量は200g程になっており、使われている素材はシリーズで同じ、普通くらいの固さな臭いと油っぽさは控えめな素材となっています。

001

裏返してくぱぁしてみた写真がこちら。
突起がちゃんとモコモコと粒立っている「CORAL」の方は問題ないとして、やはり「GLASIER」の溝部分がちゃんと機能しているか否かがポイントになりそうな感じですね。

001

裏返せばどちらも同じ、TENGA EGGをそのまま大きくしたような卵型の形状になりますね
球体のものを普通に裏返しても、このような綺麗な卵型になるはずがないので、ここらへんの成形技術の高さもTENGAの凄い所ですね。

TENGA GEO GLASIER

tengageoglasier
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

やはり懸念していた通り、「GLASIER」のような構造では裏返した時に、溝と溝の間が埋まってしまい、表面で見えているようなデコボコした感触は味わう事が出来なくなっていますね。

その代わり・・・と言ってはなんですが、三角形の模様の方は構造としてしっかり機能しており、多少ザラついたような刺激をペニスの表面に感じる事が出来ますね。

ただ全体的にはのっぺり気味な上に、ただのザラついた感じの刺激だけで終わってしまっており、気持ちいいかどうかと言われればそこまで気持ちいいわけではなく、「TENGA GEO AQUA」と同じように構造上の不満もあってオススメ度としてはかなり低くなってしまう感じですね。

TENGA GEO CORAL

tengageocoral
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

CORALの方は、突起にしっかりと立体感を持たせている為に、裏返して挿入したとしても、表面で見えているようなボコボコとした触感はしっかりと残っており、イボイボしい感じの刺激を楽しむ事が出来ますね。

刺激としても構造のエッジ感的にもしっかり際立っており、シリーズの中では一番分かりやすく楽しみやすいオナホールだと思いますね。

構造がちゃんと伝わってきたからこそ、また新たに出てくる構造上の不満点としては、その全長の短さによってストロークした時に当たってくる刺激の部分が通常のオナホールよりも短くなってしまっている為に、ちょうどいい気持ち良さであったり快適に感じる長さに足りておらず、オナホの刺激としてとても中途半端な仕上がりになってしまっている感じですね。

普通のオナホールのような筒形状のものであれば、もっと普通に楽しめるであろう構造なのに、あえての球体形状にした事によって、刺激にリミッターがかかっているような使い心地になる感じですね。

オススメ度としては★2くらいがちょうどいい評価なんじゃないかと思います。

TENGA GEOまとめ

内部構造が変わったからといって、その形状による根本的な問題はどれも解決されておらず、

普段使っているような筒形状のオナホールというものがいかにオナニーに最適な形をしていたのか

というのを改めて再確認出来るようなオナホールだったように思いますね。

逆に言えば10cm以下くらいの短めのペニスの方であれば、オナ郎が感じたような不満点はあまり意識せずに普通に使えてしまうんじゃないかと思いますね。

オブジェとしてこれを部屋に飾る方なんかはもちろんいないでしょうけど、

ぱっと見オナホには全く見えない

というのは、家族と一緒に暮らしている方なんかには大きなメリットだとは思うので、例えばこれを風呂場に置き忘れたりなんかしても、「体を洗うグッズなんだよ!!」的な説明でうまく乗り切れたりも出来るかもしれませんね。

オナホデータ

GLACIER[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
CORAL[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:3000円前後
nkp(1g当たりの値段):15円前後
GLACIERのオナ郎のオススメ度:(5段階評価:1)
CORALのオナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■TENGA GEO GLACIERの販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る

■TENGA GEO CORALの販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る