onahotopics

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、今年こそは確定申告が締切日ぎりぎりにならないように着々と準備を進める為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

バナナの皮を使ったオナニーテク「バナナマン」が爆誕、医師は「やめるべき」と警告|GIGAZINE

00
バナナの皮を使用した男性の自慰行為、通称「バナナマン(Banana Man)」がインターネットの一部で流行を見せています。そんな自慰行為について、専門家からは「危険なのでやめるように」といさめる声が挙がっています。

【朗報】オナニーは新型肺炎とインフルエンザの特効薬だった! 病院に行く前にまずはオナニー…研究で判明!|TOCANA

onanivirus_01
武漢を中心に中国では新型コロナウイルス感染を恐れて、住民らは外出を控え、家に籠る生活が続いているという。なにもすることがなく退屈を持て余す毎日、性欲を持て余す若年男子の退屈しのぎともなればオナニーぐらいだろう。誰のためでもなく、自身のナニを無心でシゴき、精を放つ。事後の虚脱感はさらなる退屈と孤独感を招き、生の空虚さを嘆く……。

 しかし、オナニーは決して無意味ではないのだ! 特にウイルスが蔓延するこの時期には最適の予防策だったのである。知的情報サイト「Big Think」(2月4日付)によると、オナニーにより免疫系が活発になり、感染症から身を守ってくれるというのだ。

街角に出没する「ペニスマン」が本気を出した警察に逮捕される|GIGAZINE

00_m
アメリカのアリゾナ州で「PENIS MAN」という名前が至る所に落書きされるという謎の事件が発生し、インターネットの一部で話題となりました。この事件に対して「卑劣なペニスマンを必ず捕まえる」と宣戦布告をしたテンピ市警察の特殊部隊が、フェニックス市在住の男を2020年1月25日に逮捕したと報じられています。逮捕された男は「私はオリジナルではない」と証言しているとのことです。

激しすぎるセックスで「ペニスがもげる」珍事件勃発! 一面血だらけ…童貞が勢い余って自爆か!?|TOCANA

penisripped_02
英紙「Daily Star」(1月28日付)によると、今回ペニスを引き裂かれたのも30代のイギリス人男性だったという。現場の写真では、ベッドの上に鮮血がべっとりついており、かなりの傷であることが伺われる。一体彼に何が起こったのか?

「コンドーム」にかわる新しい「避妊法」?被験者カップルを募集中、期間は2年間|TABI LABO

001
画期的な避妊方法が今、研究されている。 その使い方はいたって簡単。男性の腕、あるいは肩に透明のジェルを塗り込むだけ。

ジェルに含まれる成分が皮膚から浸透し、男性ホルモンに作用。そして、作られる精子の量を減らすという。使用後、3〜4ヵ月で効果はなくなる。女性の避妊薬にみられるような、性欲の減退といった副作用はないとのことだ。

【エロ閲覧注意】年商20億円の中国ラブドール工場に潜入!“神のマンコ職人”が作った「オーダーメイド性器」がズラリ|TOCANAs

2002lovedoll-2
経済成長の鈍化が顕著となっている中国だが、爆発的な成長を見せているのがアダルトグッズ産業だ。中国国内での市場規模が2018年に251億元(約4000億円)だったのに対し、2019年にはおよそ1.5倍増となる389億元(約6200億円)となる見通しだ。2020年には1兆円を超えるという試算もある。

 なかでも注目されているのがラブドールだ。中国では一体数十万円もするラブドールが爆売れしているという。

 そんなラブドール景気の実態を探るべく、筆者は中国の大手ラブドール・メーカーへの潜入取材を敢行した。

スロベニア初のロボット風俗店がオープン|SPUTNIK

2394158
スロベニア西南部セジャーナに、同国初のロボット化されたセックスドールの風俗店がオープンした。

45歳の理学療法士の尾崎まさゆきさんはシリコン製のセックスドールを買ってから、彼女は自分の全人生の愛となったと告白している。

スロベニアの起業家らは、隣国のイタリアでも人気のある事業を開始した。最近までイタリアにも同様の施設があったが、「民間企業に対するカトリックの圧力」により閉鎖された。

新型コロナウイルス流行拡大に対して「アダルトゲームを無料配布」するゲームメーカーが登場、ユーザーに「引きこもりプレイ」を推奨|GIGAZINE

00_m
中国を中心に感染拡大を続けている新型コロナウイルスに対して、アダルトゲームメーカーが支援を表明しました。このアダルトゲームメーカーは「外出する人の数が減れば新型コロナウイルスの流行は抑えられる」と考え、自社製ゲームを「無料配布」しました。

首輪、タトゥー、マスク、医療フェチが熱い ファッションとアートが集う『フェチフェス18』レポート|SPICE

01
2020年1月19日、『フェチフェス18』が東京・日本橋の綿商会館にて開催された。熱気に包まれた会場の様子をレポートしよう。

熟女デリヘルで72.5億円稼ぐ ブーム“火付け役”の驚愕手口|日刊ゲンダイDIGITAL

066dab58f6a35c0134552638c9c9c85c20200125123312770_262_262
全国約2100人、平均年齢44歳の熟女デリヘル嬢で、これまで稼いだ金額は15年間で72億5000万円――。

 デリバリーヘルス(派遣型風俗店)の女性従業員に売春をさせていたとして、デリヘルなどを経営する「FINAL STAGE」社長の朽木智寿容疑者(50=名古屋市千種区)ら同社社員の男女19人が24日までに、売春防止法違反(周旋)の疑いで警視庁保安課に逮捕された。