001今回はタマトイズの

「和服美人がもてなす螺旋艶椿」

試してみました。

Amazon限定のオナホールですね。


つい半年くらい前にトイズハートのAmazon限定商品でもある「錬金術師のオナホアトリエ」がなかなかに高評価だったというのもあって、月間ランキングの常連入りになったのは記憶に新しい所ですが、今回はタマトイズからのAmazon限定商品が発売されていたのでレビューしてみましょう。


001

普通のオナホールの箱形状なオナホールとは大きく違って、プルタブ式の円筒的な珍しいパッケージが採用されていますね。

001

お菓子の箱だったりではよく見かける形状なので特に珍しいわけではないんですけど、オナホのパッケージとしてはかなり珍しく、「Amazon限定商品」の箱なだけあって裏事情的なものを勘ぐってみれば、円筒状の箱自体はダンボール紙のような無地のもので他のオナホールにも代用が可能なものが使われているので、パッケージ部分だけをシールで作って低コストと低ロット化を可能にしている感じですね。

001

メーカー名も「TAMAZON」なんていうAmazonとTAMATOYSを融合させたような名前になっているので、これからもこのブランド名で定期的にAmazon限定商品をリリースする為の作戦みたいなものが、この円筒パッケージから伝わってきますね。

001

重量は約263g、全長は約13cm。
最近のオナホトレンド的にはやや小さめにも感じてしまうくらいのミドルサイズなオナホールとなっており、わりとシンプルな筒形状の造形となっていますね。

固さは普通くらいで臭いは少し気になる油くさい感じ。
油っぽさの方は控えめ気味くらいに収まっている、タマトイズの自社工場製の素材ですね。

002

入り口は記号のようなアソコの形を模したっぽい感じの仕上がりになっていますね。

003

内部はヒダっぽいような作りに見えますが、普通の横ヒダといった感じではなくて、ヒダパーツが部分ごとにまとまってついているような構造ですね。

004

前半部分には短いヒダが固まって出来た山脈系のような構造になっており、後半部分にはやや頼りない感じのピラピラとしたヒダがクロスして出来た模様のようなヒダがついていますね。

001
断面図で見てもそこまで大きな印象の違いはありませんね。
ヒダパーツの部分が入り口方向に向かって付けられているので、引き抜く時よりも挿入した時の方が刺激が強くなるような構造ですね。

wafukubijin
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

特にこれと言って特筆したくなるような特殊な挿入感というわけでもなく、感動レベルの気持ち良さというわけではないんですけど、

オナホとしてちょうどいい

と感じるような、ほどほどなサイズであったり、ほどほどな内部構造であったり、ほどほどな気持ちよさであったりが、どれも欠ける事なく必要分しっかり揃っているようなバランスの良い挿入感といった感じで、無難気味なオナホではあるんですけど全体的なクオリティは少し高めに感じてしまうようなオナホールですね。

メインとなっているのはゾリゾリとした少し厚めのヒダ刺激で、前述した通り挿入時の方が「ゾリゾリ感」が強く、引き抜く時にはやや弱い刺激になっており、ストロークの行きと帰りでアクセントがついている感じですね。

内部はモコモコとした山脈構造になっているので、これらのおかげでヒダに微妙な立体感のアクセントがついていたり、微妙なひねり加減が出ていたりと、シンプルすぎるヒダだけでは終わっていない細やかな挿入感の変化も味わう事が出来るようになっています。

もちろんこれより気持ちのいいオナホであったり、複雑なオナホだったりは数多く存在してるわけですが、

今日のオナニーはこれで十分満足

と言えるくらいには説得力のある挿入感になっており、これが無難なオナホールだと言ってしまうのであれば

オナホの無難レベルも一昔前に比べて大きく向上したもんだ

と思ってしまうようなバランスの良いオナホールですね。

オススメ度としては★4にはぎりぎり届かずくらいな★3がちょうどいいんじゃないかと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1600円前後
nkp(1g当たりの値段):6円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る