001

今回はエグゼの

「ぷにみつ」

二種類試してみました。

多種内部構造的なオナホールですね。



※今回は二本同時のワイド版のレビューとなりますので、明日のレビューはお休みさせて頂きます。

最近ではあまり面白そうなものであったり、そもそもオナホをあまりリリースしていなかったりと「ぷにあなシリーズ」一辺倒が加速しているような気がするエグゼというメーカー。
  • エグゼ
  • G PROJECT
  • PPP
この3つのメーカーが同じ会社だというのは周知の事実ですが、2019年くらいからエグゼに割くパワーが明らかにダウンしている感じがしますね。

tsg0008870_01z
tsg0008871_01z

そんな状況の中、久しぶりに「G PROJECT」のオナホかと思ったらエグゼだったパターンのやや気合の入ったパッケージが発売されていたのでしっかりレビューしていきましょう。

スタンダードとソフトの二種類が同時に発売されており、イラストが全く違う珍しいパターンのパッケージになっていますね。


001

「多種内部構造で味わえる極上快感」

と書かれているので、「多段階構造」みたいなオナホールなのかもしれませんね。
001

勤勉なオナホーラーの皆様であればご存知の事かと思いますが、オナホールの内部構造というものは「◯◯構造」と呼べるようなパーツが多ければ多い程気持ちよさや複雑さが増すというわけではなく、むしろ一つ一つの構造がはっきり伝わってこずに多ければ多いほど「刺激がぼんやりしてしまう」という例の方が多かったりしますね。

必ずしもすべての多段階構造のオナホールの刺激や挿入感がぼんやりしているわけではなく、あくまで「そういった例が多い」というだけの話なので、あまりこの話を鵜呑みにしすぎるのもよくありませんね。

001

重量はどちらも約436g程。
全長は約15cmくらいの程よい肉付きのシンプルな筒型造形のオナホールとなっており、スタンダード、ソフトとどちらとも同じ形になっていますね。

箱から出した時に二重のビニール袋に包まれている上に、やけにパウダーがかっていたのでちょっとやべぇ感じの素材なのかと構えていたんですけど、袋から出してみると

良い意味でのやべぇ素材

となっており、スタンダード版は普通~少し柔らかめくらいの固さ加減。
ソフト版はかなり柔らかいふわとろライクな固さ加減なのにもかかわらず、臭いはかなり控えめに抑えられている上に、油っぽさもどちらかと言えば控えめ気味で収まっているという

最新型のソフト素材

と言えるようなものが使われていて、ちょっとびっくりしてしまいました。

まさかこの素材を日本の工場で作れるわけがあるまい、と思ってパッケージの隅の方を見てみると「MADE IN CHINA」の文字がしっかり書かれていてある意味納得で、前々から中国素材はすでに日本製よりも優れているんじゃないかとは思っていましたが、今回の素材でそれが確固たる根拠に変わってしまった感じですね。

何より大事なのがこの素材が中国だ日本だといったような産地の方はどうでもよく、

柔らかい素材でもここまで臭いや油っぽさを抑えられるんだ

という事実の方で、これから発売される柔らかい素材の臭いや油っぽさの問題は「仕様」ではなく「言い訳」にしかならなくなったという事ですね。

すべてのオナホールから臭いや油っぽさがなくなる未来が現実的になってきたように思えて、テンションが上がってしまいますね。

punimitu
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

入り口は幼い感じの造形になっており、くぱぁ的なギミックはなく、入り口からすぐに構造が始まっていますね。

003

内部はどちらも同じ構造になっており、前半部分には大小のイボがぎっしり詰まった構造。
後半部分は螺旋形っぽい感じのヒダがついた構造になっていますね。

tsg0008870_06z
tsg0008871_06z

なるほど、断面図で見てみるとあまり先程説明したような「多段階構造」といったような感じにもなっておらず、説明分を読んでみる限りでは3番のトルネード部分に「粒イボ・横ヒダ・縦ヒダ」をギュっと詰め込んだ構造の事を「多種内部構造」と呼んでいるだけのようですね。

スタンダード

punimitu1
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

いやいや・・・。

空気読め

と・・・。

001

なにをガッツリ軸ズレしとんねん

・・・と。


違うだろ・・・!

「素材だけじゃなくて挿入感もばっちりですね」

ここはそんな感じのレビューでびしっと決めておくべきなのに、こいつは何を空気読まずに軸ズレしまくっとるねん・・・と、ありえないレベルの軸ズレにはもちろん腹が立ちますが、こんなに素材感で盛り上がらせておいて初歩的なミスの爪の甘さでまともなレビューが出来ない事に腹が立ってしまいますね。

001

かっさばいてみると、真っ二つに割ったはずなのに片側はもはや穴すら存在していないレベルで横方向に軸ズレしてしまっており、もちろん挿入感の方にも多大な肉厚の偏りを与えてしまっていますね。

挿入感はわりと前半部分のイボのボコボコとした大きめのイボ感や、小さいイボのザラザラとしたイボ感もあってイボ系のホールとしてはそれなりに悪くない感じの刺激になっていますが、肉厚が偏りすぎてまともな使用感にはなっておらず、奥の方の構造もまともに機能しているとは思えずに「軸ズレしていなかったら」の評価も分かりにくい感じですね。

一応刺激みたいなものは感じられるので、頑張ってみれば射精くらいまでは到達出来そうなので★2くらいはありそうな感じですが、まっとくもってまともに使えないという意味ではオススメ度は★1以外にはありえないですね。

ソフト

punimitu2
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

ソフト版の方は、「さっきのひどい軸ズレは一体なんだったんだ」と思えるくらいに、しっかりとまっすぐストローク出来る軸ズレの欠片も感じさせないような挿入感になっており、とりあえずソフト版の方はまともな評価がくだせそうな感じですね。

使用感はかなりまったりとしたふわとろ寄りな挿入感になっていますが、前半部分のイボのザラザラ感がわりとくっきりしているので、低刺激な中にもザラついた壁の刺激はしっかりと味わえる感じですね。

また、入り口付近が少し肉厚気味になっているというのもポイントになっており、その分かりやすいイボ周辺の挿入感をやや窮屈な使用感に変えており、イボの刺激をより分かりやすくさせる為のものとして機能している感じですね。

奥の方は「多種内部構造」だとか言った螺旋形の構造があるはずなんですが、さすがに構造が短すぎるのかその存在はよく分からず、前半部分のザラついたイボ感に挿入感の意識をすべてもっていかれてしまっている感じですね。

まったり系のイボホール

それ以上でもそれ以下でもない挿入感な印象ではありますが、程よい肉厚感であったり、ちょっとした締付け感であったり、素材の良さであったりで総合的に平均点以上な良いオナホールになっている感じですね。

「ふわとろ系のオナホは好きなんだけど、臭いや油っぽさが嫌い!」

という方なんかにはとりあえずオススメしたくなるようなオナホールですね。

オススメ度としては★4くらいは十分にあるんじゃないかと思います。

オナホデータ

スタンダード[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ソフト[まったり系]■□□□□[刺激系] (5段階:1)
ショップ平均価格:2500円前後
nkp(1g当たりの値段):5.7円前後
スタンダードのオナ郎のオススメ度:(5段階評価:1)
ソフトのオナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■ぷにみつ-スタンダード-の販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る


■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る