001今回はトイズハートの

「火車娘」

試してみました。

妖怪シリーズ的なオナホールですね。


先月レビューした「猫又娘」に引き続き、二ヶ月連続で発売されたトイズハートの新たなる

妖怪シリーズ

というオナホール。



ありそうでなかなかなかった妖怪にフォーカスしてきた珍しいシリーズという事で華々しくデビューしたわけですが、残念ながら評価の方は★1と悲しい結果に終わってしまい、なんとか今回の続編で挽回を期待したい所ですね。

001
さて第2弾として発売されたのがこの「火車娘」。
全身ボディスーツの炎の使い手がバイクを操っている感じのイラストは、どちらかというと本来の火車的な妖怪というよりも、ゴーストライダーの方が近いイメージなのかもしれませんね。

一応車をイメージしてなのか、オナホの方もスパイラル的な構造になっているようで、螺旋構造にはわりと定評のあるトイズハートなので期待したい所ですね。

001

重量は約382g、全長は約14.5cm。
蛇腹模様のついたモコモコとした造形のオナホールとなっています。

kashamusume
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

固さは普通くらいな感じで、わりと弾力のある「ばーじんスキン」という日本製の素材が使われていますね。
臭いや油っぽさは控えめに抑えられている、最近のトイズハートの主力素材ですね。

002

入り口は螺旋模様をイメージしたような造形になっており、多少の窪みみたいなものは付けられていますが、基本的にはただの穴といった感じですね。

003

ベースにはうっすらとした横ヒダ模様がつけられており、前半部分には斜めに走る太いヒダがビシっと一本通った構造になっていますね。

ho8050jp-002

断面図の説明を見てみると、

とにかく螺旋を詰め込んだような構造

になっているようで、壱から四の構造まですべてが螺旋を意識した構造ですね。

kashamusume2
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

これだけ「壱ノ螺旋」から「四ノ螺旋」までスパイラルな構造に密着しまくったオナホールなのにもかかわらず、

肝心なスパイラルな要素がさっぱり感じられないような挿入感

になってしまっており、いくらなんでもスパイラル感の欠片くらいはあるだろうとオナホの声に耳を傾けてみるも、そこにあるのは細ヒダのゾリゾリとした刺激と、子宮っぽい奥のゾーンのクポクポとした刺激のみとなってしまっていますね。

71agCagfrVL._SL1000_

・・・とありますが、そもそもが非常に分かりやすい単一のスパイラル構造になっていたとしても、ペニスでそのスパイラルの良さを堪能出来るオナホールというのもかなり珍しいくらいにスパイラル構造のオナホールというのはバランスが難しい  と言うのは今までのオナホールでも散々レビューで感じた結果でしたね。

なので、そのスパイラルゾーンを複雑に組み合わせたとしても逆に一つ一つの構造の主張が弱くなっていくだけなので、結果的に「ヒダと子宮」だけで説明出来てしまうようなオナホールになってしまったというのも当然の結果だったのかもしれません。

肉厚的には十分感じられ、ヒダの刺激も当然ながら気持ちよさとしては安定感があり。
子宮ゾーンもそこまで強く主張してくるわけでもなく刺激のアクセントになっているような引っかかり具合が楽しめる挿入感ではあるので、基本的なオナホの性能としては十分及第点な感じですね。

40点は超えたかな・・・くらいの★3がちょうどいい評価だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:3000円前後
nkp(1g当たりの値段):7.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る