03181052_5e717ec88ad0b今回はホットパワーズの

「私が奥乃宮子宮(おくのみやうてるす)KO★BUKURO」

試してみました。

子宮姦的なオナホールですね。



「子宮ホール」

と言えば、皆さんご存知の通り今までにも様々なタイプのものが、おそらく100では効かないくらいの量が発売されてきているわけですが、そのどれもが

「子宮」の穴がゴール

に設定されているオナホールというものがほとんど・・・・・・というよりも、それが子宮ホールの基本的な構造になっている感じですね。

「一体何の話をしているんだ?」と自分で思ってしまうほどの序文なので、もう少し説明してみると、子宮の穴を通過した時のクポっとした刺激がマックスでその先の構造はわりと甘めに作られているものが大半なのさ、ということで簡単に図で説明してみるとこうなります。

001
確かに子宮ホールのほとんどはこのクポ!感自体はほとんどのオナホールで感じられるわけですが、それより先のゾーンと言えば、構造を感じにくい奥の部分ということもあって、ちょっとばかりイボイボしていたりはするものの、それ自体が気持ちいいとは少し違う多少のアクセントにしかなり得ていないものが多かったりしますね。

じゃあ子宮の奥も気持ちよくしてみよう

ということで作られたのが今回のホットパワーズのオナホール  ということが長々とした丁寧なホットパワーズの公式の説明文でしっかり予習していたらそう書いてあったので先に紹介してみようとおもった次第です。

001

今の若い子には1000%伝わらない表現をすると、こういう事ですね。


03181052_5e717ec88ad0b

そんなわけで今回の子宮コンセプトなオナホールがこちら。

現在のAmazonであれば100%審査が通らなくて、もはや顔くらいしか掲載出来ないであろう素っ裸な女の子がイラストになったオナホールで、こんな感じのエロス感満載なパッケージも今後はどんどん減っていくのかもしれないと思うと少し寂しい気もしますね。

ホッパの子宮系のオナホールと言えば「これぞ子宮姦 孕ませックス!!」が思い出される所ですが、現在ではすでに廃盤になっているようで、一応立ち位置としては「孕まセックス」のリメイク版というのが今回のオナホールになるようですね。

001

重量は約422g、全長は約16.5cm。
親の顔よりも見ている気がするホットパワーズでは同じの筒型造形で、ある程度な長尺ペニスにも対応したホットパワーズのデラックスサイズ(中型)な造形ですね。

watasigaokunomiya
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

固さは普通~少し固めくらいで今回はメテオ素材の「普通」が使われているみたいですね。
臭いや油っぽさはほどほどといった感じで、一昔前よりかはほんの少しだけ油っぽさがマシになっているような気もしなくはないですね。

002

入り口はいつも通りな丸い穴が空いた造形ですね。

003

裏返してみれば、あまり子宮っぽくないようなそれにも見えてしまいますが、真ん中にある大きなヒダに当たる部分が子宮口となっており、一般的な子宮系のオナホールよりもだいぶ真ん中寄りに配置されているのがポイントですね。

hop71-18

今までの経験上、オナホールの手前側に強い刺激の構造を持ってくれば、奥の弱めの刺激の存在がかなり曖昧になる事が多かったわけですが、コンセプト通りな子宮の奥の刺激もしっかり再現出来ているのかどうかがポイントになりそうですね。

watasigaokunomiya2
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

「OH!シキュウ、ワカリマース!」

といったような挿入感で、ホットパワーズがやりたかった事、再現したかった挿入感というのがオナホールからちゃんと伝わってくるようなオナホールとなっていますね。

真中付近にある子宮口の刺激は、分かりやすい程子宮子宮したボコッ!とした大きな引っ掛かりとなっており、さらにその先を抜けていくとヒダっぽい刺激であったり、ちょっとした立体感のあるモコモコとした当たり方をしてくる為に、コンセプト通りに子宮を抜けた先にもしっかりと刺激となる構造が用意されている感じですね。

前半部分は少しゆるくて浅い刺激にはなっているものの、子宮を貫通させずに浅めのストロークをすれば、裏筋らへんにザラザラとした少し膨らみのある塊みたいなものが優しく刺激してくれるので、それだけで射精にまで行くのは少し厳しい感じもありますが、前菜として浅めのストロークをしても十分楽しめるような作りになっていますね。

全体的にはとても丁寧に作られており、コンセプトもしっかり再現出来ている素晴らしいオナホールのようにも感じるのですが、ではなぜここまで冷静な感じで、さらには冒頭で「キモチイイデース」ではなく「ワカリマース」という表現でレビューしてきたのかというと、真ん中の子宮の引っかかり部分がオナ郎にとってはいささか邪魔なようにも感じてしまう蛇足な刺激に感じてしまい、ボコっとした強めの引っかかりを感じられるものの、それ自体があまり気持ちいいとは感じられないようなバランスになってしまっているからだったりします。

なので普通にロングストロークをして子宮口の刺激や、奥の刺激を楽しむような使い方よりも、子宮口の奥だけを使ったショートストロークをした方が気持ちいい動きだったりもするので、コンセプトが見事に再現出来ていて完成度が高く感じるオナホールだな、とは思うものの個人的な気持ちよさであったりオススメ度で言えば少し低めに見積もって★3くらいで完結してしまっているようなオナホールとなっている感じですね。

もちろん子宮系の強めな引っ掛かりが好きな人であれば、もっと素直に楽しめるであろうバランスなのは間違いないので、子宮系ホールが好きな人にはオススメしやすいオナホールだと思います。

最近は子宮ホールを使ってもそこまで相性の悪さは感じはなかったんですけど、久しぶりに「あんまり好きじゃない刺激のやつだな」と感じた子宮ホールでしたね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2800円前後
nkp(1g当たりの値段):6.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る