001今回はタマトイズの

「サイバーイグアナ監修! 極長ヒダ名器~レイ~」

試してみました。

エイの螺旋腸的なオナホールですね。



「サイバーイグアナ」

熱心なオナホーラーであれば聞いた事があるはずなこの名前。

大人のおもちゃ通販大魔王で「イルカのオナホ」という世にも奇妙なコンセプトでオナホデビューしたのは有名な話ですね。



動物の生殖器の構造についてかなり詳しいお方のようで、ちょうど去年の今頃に「エイのアソコは名器」というツイートをしており、オナ郎も「これが実現出来たらなかなかやべぇな・・・」なんてその当時思っていたわけですが、

まさかタマトイズとすでに共同開発していた

というのは知りませんでしたね。

これを新商品で見つけた時は「うぉ!本当に作った(・・・というか作っていた)のか!?」と軽い衝撃を受けたのは言うまでもありませんね。
001
そもそも先程の画像を見る限り、あの構造(螺旋腸)をオナホで再現するにはなかなか大変そうだな・・・なんて思っていたんですが、「本当に再現出来たのか?」と現物を目の前にしてもまだ半信半疑だったりします。

D50asV_VUAA__nG

いやぁ~これはさすがに無理でしょう。

という前フリをしながらオナホールの方をさっそく見ていきましょう。

001

重量は約680g、全長は約18cmとそのグラム数の大きさからもタマトイズの本気っぷりが伺えますね。
外側の造形は「エイのオナホ」という突拍子もないようなコンセプトとは違って非常にシンプルなものになっており、変にネタっぽい感じになっておらずに逆に内部構造への期待が高まりますね。

rei

少し柔らかめで臭いや油っぽさはやや気になる程度な、いつものタマプレミアム製の素材と同じ感じですね。

内部に空洞を広めにもたせている上に、内部構造のせいなのかやけにフワフワとした揉み心地になっていますね。

002

入り口も特に変わった様子はなくデフォルメっぽい感じの入り口ですね。

003

入り口をクパってみたのがこちら。
横ヒダでもイボでも螺旋でも子宮でも縦ヒダ山脈でも無造作系でもない、なんと形容していいのか分からない構造がそこに広がっていますね。

004

めちゃくちゃざっくり言えば「ヒダ構造」という説明になるわけですが、そのヒダが普通のオナホールとは規格外な長さと複雑な造りになっており、これがエイの膣を再現出来ているのかオナ郎には分かりませんが、今までにはないタイプの構造なのは確かですね。

あえて命名するのであれば

無造作系ベロヒダ

みたいな名前がしっくりくるんですが、すでに「螺旋腸」という正式名称がついていましたね。

tmpr-013-04

断面図で見るとホルモン感が半端なくて、自粛のせいでしばらく行っていない焼き肉屋に行きたい気持ちで一杯になってしまいました。

rei001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

気持ちいいには気持ちいいが・・・

人知を超えた超絶オナホのような挿入感を勝手に想像してしまっていた為に、拍子抜け感は否めない所ですね。

前提の使い方としては内部口径がかなり広めに作られている為に、推奨されている通りな完全な空気抜きを行わないとその魅力は半減してしまいますね。

見た目通りな大きなヒダがベロンベロンと引っかかってくるような挿入感になっており、素材の柔らかさも相まってかなり優しめなまったり系の挿入感となっています。

もう少し長めのランダムなヒダが意味のわからない複雑な動きをしてくるのかと予想していたんですが、わりと挿入感の方は素直な感じで連続したヒダのベロンベロン感以上の大きな動きはなく、ただひたすらにペニスを複数のヒダが舐めあげてくるような挿入感となっていますね。

001
真横からの断面図のイメージとしては、大げさに言うとこんな感じの構造になっており、長いヒダをしっかり出す為に口径が大きくなっているのは良いとして、サイドの肉厚が少し薄めな仕上がりになってしまっており、グラム数のわりには肉厚のナチュラルな締め付け具合が少し不足気味だという点。

また底の方がかなり厚くなっており、長尺なオナホなだけに寸詰まり感みたいなものはありませんが、サイドの肉厚が薄い為に底の重量が大きくてやや不安定なストロークになってしまうという二点が少し気になった所ですね。

001

底の問題点としては、「手の平で亀頭に押し付ける」という推奨な使い方をすれば逆にその厚さによってしっかりとした肉厚で亀頭をグリグリと責められる為に、奥についたビラビラのひっかかりも相まって、それだけも気持ちの良い動きを味わう事が出来る感じですね。

今までのオナホではあまり見られなかった新しいヒダの形として面白い構造にはなっていますが、肝心な挿入感はというとそこまで人外感のない長めのヒダがビロビロとめくれるような挿入感で収まってしまっており、もちろんそれらが連続して舐めあげてくる刺激は気持ちいいと言い切れる良さは十分持ち合わせてはいるものの、それが予想以上であったり想像を絶するような挿入感にはなっておらずに、「エイのアソコは名器」に期待を膨らませすぎていたのかもしれませんね。

優しい連続ヒダはこれでいてまったりな心地よいバランスにはなっていますが、オナホ的にはもう少し弾力のある素材であった方が複雑なヒダを感じやすかったかもしれませんね。

オススメ度としては★4くらいがちょうどいい評価だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:3300円前後
nkp(1g当たりの値段):6.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る