001今回はエーワンの

「アナル解禁!!ギャルビッチ」

試してみました。

アナルビッチなオナホールですね。



なんだか久しぶりなような気もするどストレートなアナルコンセプトのオナホール。

001


もちろん大型ホールなんかではほとんどが2穴構成になっている為に、アナルに挿入するのが久しぶりというわけではないんですが、今回のようなハンドホール系の素直なアナルコンセプトなオナホールは、一昔前に比べると数が少なくなったように思いますね。

女性についている10個の穴の中でも、性行為に活用しやすい代表的な3つの穴のうちの一つがアナルなので、オナホとは相性が非常に良いはずなんですが、商業的に厳しいのか、年々アナルホールのリリースが減ってきている気がしますね。

001

重量は約242g、全長は約14cm。
ツルっとした表面のシンプルなボディとなっており、若干だけ前半部分にくびれが付けられていますね。

昨今の増加傾向にある重量に慣れてしまうと、やはり250g前後のオナホールというのは頼りなく思えてしまうようなサイズとなっており、「もうちょっと肉厚があればなぁ・・・」なんて手に持っただけで思ってしまいますね。

analkaikin
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

柔らかめで臭いはかなり控えめになっており、油っぽさもほどほどくらいに抑えられた素材が使われており、昨今の柔らか素材の進歩を感じる素材ですね。

002

ヴァギナ的な造形はただの飾りとなっており、その下に挿入用のアナルがついていますね。
一応アナルのシワも再現された造形ですね。

003

内部は二層構造になっており、全体的には縦ヒダがメインな感じの構造ですね。

M8103-5-x

あまりオナホオナホした感じではなく、どちらかと言うとリアルなアナルを再現しようとした構造になっているようです。

analkaikin002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

そんなに気持ちよくないな・・・

というのが正直な感想ですね。

全体的にかなりのっぺりとした、引っ掛かりポイントなんかがほとんどない構造なので、アナル的な構造としてはそののっぺり感自体は間違っていないものの、オナホ的には「これがアナルなんだ」と言われても、どうしても納得出来ないような物足りない挿入感になってしまっているように思いますね。

内部素材は外側の素材よりもハリのあるものが使われているので、多少の締め付けみたいなものはありますが、肉厚自体が少なめなのでそこまで強烈に締め付けてくるわけでもなく。
入り口は狭く作られているとしても、リアルなアナルのようなキュっとした括約筋の締め付けを再現出来ているわけでもなく。

単純にのっぺりとした小型のオナホでペニスをしごいているだけのような感覚以上のものはなく、気持ち良さ的にもイマイチな加減になってしまっていますね。

やはりアナルホールとは言ってもリアルな構造に寄せるのではなく、もう少しファンタジーな要素があった方がオナホとしては楽しみが多くなるような気がしますね。

オススメ度としては★1寄りな★2くらいがちょうどいい評価だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■□□□□[刺激系] (5段階:1)
ショップ平均価格:1100円前後
nkp(1g当たりの値段):4.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。