001今回はモードデザインの

「秘密の桃尻 調教日誌」

試してみました。

オナホホルダー的な商品ですね。



その昔、「オナホブースターゆむしぃ」という商品があったんじゃ・・・。



なつけー。

オナホの肉厚をブーストしてくれるという、商品が発売された経緯自体はネタっぽい流れでしたが、わりと実用性のあったこのオナホブースター的なアイテム。

分かりやすくいうと、

オナホブースターゆむしぃの据え置きホール版

みたいなのが今回の商品ですね。
001
商品画像の時点ですでに本体が掲載されてしまっているのでネタばれ感が半端ないですが、据え置き型ホールの本来の挿入穴の部分にぽっかりと大きな穴を空けて、その部分に好きなオナホールを装着出来るような造形になっていますね。

この商品自体にはオナホは付属していないとの事なので、気持ち良さではなんかではなく、素材や造形や使いやすさなんかが評価の基準になってしまいますね。

001

さてこちらが本体。
重量が約5.5kg程もあるので、これ単体だけでもかなりの大きさになっていますね。
造形の方は可もなく不可もなくといった感じで、昨今のトップレベルの造形に比べるとやや劣るような気もしますが、特におかしい所はないくらいの造形ですね。

tyoukyounikki
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

固さは普通くらい。
オナホ的な臭いなのでそこまで不快感はありませんが、少し強めな臭いになっているので気になる方は気になってしまうくらいの素材感ですね。
油っぽさも少し気になるくらいにはついてしまっているので、素材品質としてはそこまでハイクオリティなものではありませんね。

001

かなり大型なハンドホールでも装着可能・・・というか、ほぼ大型ホールくらいしか想定していないようなゆとりたっぷりな穴になっていますね。

世界最大級のペニスとも言われているジョナ・ファルコン級のペニスであれば、他のオナホを装着せずともこのままの穴で使えるかもしれませんね。

ちなみに穴の直径は横が9cm、縦が6cm。
穴の深さは15cm程はあり、もちろんオナホ素材なので伸縮してくれる為に、「手持ちのオナホが大きすぎて入らないよ!」という心配はほぼなく、どちらかというと、手持ちのオナホが小さすぎてフィットしないよ問題の方を心配した方が良さそうですね。
001



公式としては小さめのオナホの場合は「タオルで巻く」という手法を推奨しているみたいですね。
とりあえずスペーサーになるものであればなんでも良いんじゃないかと思います。

さてこの余裕たっぷりな穴に何のオナホールであればぴったりフィットするんだ・・・?という話ですが、実の所オナ郎にはこれにぴったりフィットするオナホに心当たりがありました。

001

という事で、いざという時の為にとっておいた「ヴィーナスリアル」くらいのサイズであれば、ぴったりフィットしてくれるんじゃないかという事で登場して頂きました。

001

全長は約16cm。
重量は約650g程のサイズなので、ハンドホールとしてはほぼ最大級なヴィーナスリアルさん。

001

ぐいぐいと押し込んで・・・。

002

ものの数秒で装着出来ました。

やはり予想していた通り、

ヴィーナスリアル専用グッズなんじゃないのか

と思ってしまうくらいフィット感が半端ないですね。

toy3801038_7
公式で用意されている画像の方も大魔王っぽい感じのオナホールだったので、もしかしたらこれを想定して作っているというのはあながち間違っていないかもしれませんね。

003

ちなみに昨日レビューした240g程のオナホールを入れるとこんな感じで、全く使い物にならないレベルでのスカスカ加減になってしまいますね。

003

もちろんタオルをスペーサーとして活用すれば隙間がしっかり埋まってくれるので、使用する分には全く問題ありませんが、見た目的には無理やり感が出てしまうのであまりよくありませんね。

tyoukyounikki002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

なにも問題ない。

仕様の通り、「据え置き型になったヴィーナスリアル」をそのまま体験出来るような使い心地で、それ以上でもそれ以下でもない至極当たり前な使い心地になっている感じですね。

使用中にスっぽ抜けたりする事もなく、据え置き型ホールとしての使い心地が悪かったりするわけでもなく、

好きなハンドホールを据え置き型にして楽しむ

というコンセプト通りで、なんの問題もないアダルトグッズですね。

やはり肉厚が大幅にプラスされている分だけ使用感に変化があり、ナチュラルな肉厚による締め付けが増すというのは大きなメリットとなっており、「ヴィーナスリアル」単体でも肉厚に不満なんてものはありませんでしたが、こうして据え置き型ホールに変化させて使い比べてみると、

650gでもまだ出せていない肉厚の恩恵

というのをひしひしと感じる事が出来ますね。

実売価格で15000円程の価格設定になっているというのが懸念点でもあり、据え置き型としては決して高くはない価格設定(むしろ安いくらい)ですが、もっと低価格で似たような体験が出来るエアピローなんかが存在しているので、

据え置き型ホールに変化させる為だけに15000円

というのが、はたして高いのか安いのか・・・・・・という話ですね。

もちろん肉の重みのどっしりとしたオナホ感はエアピローでは出せない所なので、据え置き型ホールを愛してやまない人なんかであれば十分その価値はあるかもしれませんね。

そこら辺の価格周りを考えると少し悩ましくも思ってしまいますが、オススメ度としては★4くらいはつけておいてもいいんじゃないかと思います。

オナホデータ

ショップ平均価格:16000円前後
nkp(1g当たりの値段):2.9円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る