06151622_5ee721cd4a4d0今回はホットパワーズとキテルキテルの

「ホットパワーズ外伝 シマルシマル 最凶コラボ締付絶叫限界タイプ」

試してみました。

締まる的なオナホールですね。



今回で第4弾目となるホットパワーズとキテルキテルのオナホール。







今までに発売されたラインナップをざっと見返してみても、どれもがお互いの良い所をうまく引き出したコラボの鑑とも言えるような素晴らしいものばかりで、これまでの平均評価は★4.3と実用的な物が多く、どうしてもこうやってまたホッパとキテルキテルがコラボしたオナホールが発売されたとなると胸が高なってしまいますね。

06151622_5ee721cd4a4d0
さて今回は

「シマルシマル」

という名前の通り、「締まり」に特化したような分かりやすいコンセプトになっていますね。
パッケージに描かれているのはおそらく、キテルキテルのサキュバス的なキャラクターとホットパワーズの看板娘でもあるみくらちゃんの二人が絡み合ったイラストになっており、コラボっぽさは抜群のパッケージとして仕上がっている感じですね。

ただ、パッケージをよく見てみると・・・

001


右下の隅の方にやけに既視感のある黒光りしたオナホが掲載されており、ホッパ関係のブラックなオナホールには警戒心を抱いてしまいますね。

002

さてこちらが本体。
重量は約152g、全長は約14.5cmと少し小さめのオナホールなわけですが、やはりこの真っ黒なカラーと、幾何学模様の造形には見覚えがあり、確か遥か過去に発売されていた「大道寺ディルホ」と「半熟サキュバスつゆだく超ハードタイプ」でも使われていたものと同じ造形っぽいですね。

これまた昔のオナホの金型を持ってきてからに・・・と思いながらもホットパワーズの公式サイトで詳しい説明を読んでみると、なんてことはない

「大道寺ディルホ」のリメイク

として発売されたのが今回のオナホールだとしっかり書かれていました。

001

正直な所、コラボであったりパッケージの雰囲気であったりでかなり期待していた所もあるので、昔のオナホのリメイクだったという事実を知った時はかなりがっかり感が半端なく、パネマジというかパケマジを食らった気分ですね。

どうせリメイクするのであれば伝説のオーガ辺りを復刻させて、

「使えるわけないやろ!」

というお約束的なツッコミをさせてほしかった所です。

simarusimaru
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

見た目は凶悪そうな真っ黒なボディカラーになっていますが、固さ加減で言えばそこまで無茶をしているというわけではなく、固い事には固いですけど挿入不可能な固さ加減ではないというのがこの「大道寺ディルホ」よろしく「シマルシマル」なオナホール。

simarusimaru002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

8年前に比べればオナ郎のペニスもかなり鍛錬されて刺激耐性がついているので、昔よりかは楽しめるかもしれませんが、それと同じくしてペニスも肥えてしまったので、刺激が強いだけであったり締りが強いだけであったりのオナホールではすでに楽しめないかもしれませんね。

004

リメイク版なのでもちろん内部構造は「大道寺ディルホ」と全く同じで、横ヒダや縦に並んだイボがついたシンプルな構造ですね。

M8129-4-670x

確かこのオナホを作ったキテルキテルが全く売れずに困っていた所に、ホットパワーズが目をつけて販売にこぎつけた、みたいなエピソードがあったはずですね。

simarusimaru003
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

最近はあまりハードハードしたオナホールも少なく、このサイトでは刺激加減を5段階評価をつけているものの、MAXの5ってどういう場合につければいいんだったか・・・?と迷ったりする事が多いんですが、

これこそが刺激レベルが5のオナホだ

と、断言出来るくらいに分かりやすすぎるハード系のオナホールとなっていますね。

003

入り口はそこまで大きくなく、また刺激もかなり固い方ではあるので、まずはじめに挿入するのに少し恐怖を感じてしまうわけですが、ローションを馴染ませたり少しずつねじり込んでいったりするとある段階でスルっとすんなり入ってくれる感じですね。

シマルシマルという名前の通り、ペニスをギュウギュウと圧迫されている感じが半端なく、特に空気抜きをしっかりした時の締り具合はなかなか他のオナホでは味わえなくらいの締り加減となっていますね。

強力な締り具合に反して、内部構造自体の刺激はそこまで強烈なものになっておらず、ジョリジョリとした実用的なヒダがメインの刺激になっている為に、ある程度ペニスがその窮屈な挿入感や刺激に慣れてきさえすれば、じわじわと射精感がこみ上げてきて気持ち良さみたいなものも感じられるバランスになっています。

ありえるレベルでのギリギリ実用的なハードなオナホール

といった感じで、これくらい尖った挿入感のオナホールというのも最近ではほとんど見かけなくなってしまったので、昨今のオナホのラインナップの中に紛れ込ませばわりと個性を感じてしまうようなオナホールかもしれず、窮屈すぎるハードなオナホを探している方にはわりとピタっとハマったりするのかもしれませんね。

オススメ度としては8年前と同様に、★2な評価は間違っていなかったと思います。
せっかくならこの素材を使った新しい構造の令和のハードホールを見てみたかったですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■■[刺激系] (5段階:5)
ショップ平均価格:2100円前後
nkp(1g当たりの値段):13円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16大人のおもちゃ通販大魔王で詳細&レビューを見る