カテゴリ:レビュー > 中型ホール

r04502

ジョイボックスから発売されているあの「ミニ名器」がBIGになって帰ってきた!ということで「ミニ名器BIG」試してみました。昭和の香りが漂う、古風なパッケージでおなじみ?のミニ名器ですが、遂にBIGサイズが出ました。みんなが待ち望んでいた・・・?うん、待ってはなかったよね。
続きを読む

softinhard

アナル専用オナホール、ウインズの「ソフトインハード」試してみました。

中と外で素材が違うタイプのオナホールは今までにもいくつかありましたが、このホール程中と外で、極端に違う素材を使ったホールは他にないでしょう。
続きを読む

チン楽! タコ娘 (ヒダヒダのタコ壺)

侵略でタコ!でおなじみの、侵略タコ娘のオナホール「チン楽!タコ娘 」が遂に日暮里ギフトから出たのでさっそく試してみました。

何?本家はゲソ?

このパッケージを見て下さい。こっちが本家!と言えるくらいのクオリティ!

これはもう、イカ娘を”チン略”していくしかないですね。
続きを読む

チクドル ~美乳首アイドル~

トイズハートの変化球ホール、「チクドル」試してみました。

大量の乳首に挟まれたい・・・、圧倒的に乳首に凌辱されたい・・・、そんな皆様の願いをかなえてくれる夢のオナホールが実現しました。この前気付いたんですが、このトイズハートのアイドルシリーズって全部に「48」って数字がついてますね、これは48種類は出すぞ!という意気込みなのか、それともAKB的な記号なのか・・・。
続きを読む

FLIP HOLE WHITE

TENGAの革命的オナホール、「フリップホール ホワイト」試してみました。

フリップライトか、フリップホール。どちらを買えばいいのか悩んでいる人が多いと思います。値段で言えば明らかにフリップライトの方が安いのですが、そこで妥協していいのか・・・。でも高い方のフリップホールを買ってあまり気持ちよくなかったら・・・。しかも黒と白ってどっちを買えば・・・。
続きを読む

SI-X Type

トイズハートの新素材”発砲ウレタン”のオナホール「SI-X Type.H」試してみました。手コキをフューチャリングしている珍しいタイプのホールです。

「SI-X Type.F」はフェラチオ、「SI-X Type.H」は手コキ。フェラチオvs手コキなら間違いなくフェラチオが勝利してしまいそうですが、果たして手コキ軍に勝利はあるのでしょうか。
続きを読む

吾妻形

トイズハートが海外のオナホーラー向けに開発した「吾妻形」試してみました。海外向けということで、かなりBIGなサイズのオナホールですが、果たして日本人のサイズにはフィットするのでしょうか。


続きを読む

SI-X Type

発砲系新素材でおなじみ、トイズハートの「SI-X Type.F シックスタイプエフ」試してみました。このSi-Xシリーズは最近の新素材系ではかなり出来のいい素材なので、使った事ない人は一度試してみて下さい。21世紀の到来をペニスで感じる事が出来ると思います。
続きを読む

SI-X Type

トイズハートの新素材オナホール「SI-X Type.R シックスタイプアール」試してみました。

「ファインクロス」という、全く新しい発砲系素材のオナホールです。ゴムというよりも、プシュっとスプレーから出てきて固まるような感じの素材です。

同じ素材でも硬度が少しでも違えば挿入感が別物になるという奥の深いオナホールですが、素材が違えばそれはもう別次元の挿入感になってしまいますね。
続きを読む

EXE Rioっちゃお ローション付

今では超人気女優となってしまった柚木ティナ、もといRIOとのコラボレーションホール「RIOっちゃお」試してみました。

柚木ティナからRIOに改名した時は、そのままでも十分人気なのになぜわざわざ名前を変える必要があるんだ・・・と思いましたが、改名後のブレイクっぷりは半端なかったですね。モンハン3が出た後のPSP並みのパワーを感じました。






続きを読む

eroticanal

EXEのアナル専用オナホール「エロティカナル」試してみました。あまり需要がないのかは分かりませんが、オナホ業界でのアナルホールはかなり少ないですね。ちょっとずつでも見つけたら試していきたいと思います。
続きを読む

sic

トイズハートの新素材オナホール「SI-X Type.N シックスタイプエヌ」試してみました。いつもなら新素材にベビースキンだとか名前がついているんですが、このホールにはそれらしきものがなく、「ソフト素材」とだけ明記されています。
続きを読む

nanboku

ウインズのふわトロ系オナホール「南国物語 IN 開脚ビーチ」試してみました。パッケージの絵がホログラム?みたいに角度を変えると絵がかわる仕様になっていて、ノスタルジーな気分に浸れる事間違いなしな仕様になっています。昔あったよねこんなやつ。
続きを読む

shoyanotokimeki

トイズハートの無次元加工ホール「初夜のときめき」試してみました。無次元加工がちょうど流行りだした頃のホールですね、少し発売日の古いホールですが、今でも通用するのでしょうか。
続きを読む

Flicker

ギャルギャルしいパッケージのメイトの「フリッカー」試してみました。パッケージに超革命!だの新革命!だの書きまくっていますが、突拍子なホールはすぐに作れると思うんですよね。問題はそれが気持ちいいのかよくないのかとというわけでして。
続きを読む

このページのトップヘ