onahotopics

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、モンハンライズでモンスターをしばきまくる為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

「ぼくは射精ができない…」 多くの人が知らない「射精障害」、深刻な「性」活の“リアル”|現代ビジネス

img_b285b28216ccf3eeb1d005c53a545abc67485
「射精できなくて困っています」

その男性は、パートナーである奥様と一緒に来院されました。「勃起はします。オナニーで射精することはできるのです。でも、彼女の膣の中では射精することができません。治療することはできますか」、彼はそう言いました。

ポルノがセックスレスを助長している?──Pornhub動画削除で考えるポルノ視聴と男性性の劣化の関係(前編)|日刊サイゾー

jyosei_fuuzoku-400x277
2020年12月14日、インターネットに激震が走った。大手ポルノ動画サイトPornhubが、アップロードされていた1000万本以上の動画を一斉に削除したのだ。突然の事態に世界中のポルノ愛好家は阿鼻叫喚し、SNS上はリンク切れになったブックマークを泣く泣く削除する人々の報告であふれた。
続きを読む

【精液アレルギー徹底解説】オナニーすると一週間ダウン…防御する手段なし! 辛すぎる症状とは?|TOCANA

GettyImages-200384936-003-680
■精液アレルギー  

世の中には精液にアレルギーを起こす人間が一定数います。  アレルゲンはキンタマで作られる精子ではなく前立腺で作られる前立腺特異抗原です。精液にドロッとした粘性があるのは、この前立腺特異抗原の働きによるものだと言われます。いわゆる精液の増粘剤です。

中国初のセックスドール風俗店を当局が閉鎖 理由示さず|ニューズウィーク

webw210325_sexrobot-thumb-720xauto-243413
中国で、セックスドールが客の相手をする風俗店の草分けが当局に閉鎖された。 広東省深圳にあるその店は地元の客で賑わっていたが、警察の指示で今月突然、閉鎖に追い込まれた。

経営者のリー・パイ(34)は処分を不服として訴訟を検討している。 リーは市内で2店舗を経営。警察が捜査終了までの暫定措置として閉鎖を命じるまで、どちらも大繁盛していた。

家族のため、私は体を売った|NHK

K10012944571_2103301629_2103311101_01_02
「後悔はしています。でも、自分で決めたことです」 こう話すのは東南アジアのタイに住む30歳の女性です。新型コロナウイルスの影響で、仕事を失い、家族を養うために、彼女が選択したのがセックスワーカー(性的サービスなどを提供し対価を得る人たち)でした。タイでは、彼女と同じような選択を迫られる女性が少なくないといいます。何が起きているのか、取材しました。

新型コロナウイルスに感染して3時間にわたりペニスが勃起し続けた男性が死亡|GIGAZINE

00_m
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は単に呼吸器系の症状が現れるだけでなく、脳に対するダメージや血液の問題が生じることが報告されています。そんなCOVID-19について、「3時間にわたりペニスの勃起が止まらない状態が続いた後に死亡した男性」の症例報告が医学誌のAmerican Journal of Emergency Medicineに掲載されました。

「アダルトサイト閲覧中のあなたを撮影した」と脅迫、ビットコインを要求する不審メールに関する相談が再び増加|インターネットウォッチ

ExocRyoVEAAMAwS
「アダルトサイトを閲覧しているあなたの姿の映像をばらまく」と脅し、仮想通貨を振り込むよう脅迫する“セクストーション(性的脅迫)”メールに関する相談が多く寄せられているとして、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が注意を呼び掛けている。

「根強い“性のタブー”に挑戦」TENGAが生み出した女性用アイテム『iroha』が大ヒットしたワケ|ウォーカープラス

001
「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」をコンセプトに、おしゃれでスタイリッシュなセルフプレジャーアイテムを展開する株式会社TENGA。男性用の「テンガオリジナルバキューム・カップ」を看板に据え、近年では百貨店への出店や、69カ所の国と地域で販売されるなど大躍進中だ。

今回は、TENGAをはじめとしたセルフプレジャーアイテムの魅力や商品開発の秘話などを広報チームの橘涼太さんと西野芙美さんに聞いた。

コロナ禍で大手メディアが「風俗産業」と「フリー売春」の実態を伝えない理由|ビジネスジャーナル

210318CH01
一時、新型コロナウイルスに感染した人への差別や中傷が深刻な問題となり、文部科学省は子どもや教職員、地域住民に対し、差別につながる言動を行わないよう緊急のメッセージを発表した(2020年8月)。その他にも、看護師、ごみ収集・資源回収労働者、配送業者とコロナ感染を結びつける職業差別が問題になった。接待を伴う夜の街の飲食店(キャバクラやホストクラブなど)も同様だ。

しかし、アンタッチャブルとでもいわんばかりに大手メディアが触れない職業がある。それは風俗業である。なぜか? その理由に、性産業に従事する女性たちを取材してきた作家の酒井あゆみ氏が迫った。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。