onahotopics

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、あまりにも期待外れで速攻返金処理してもらった「BIOMUTANT」の次になんのゲームをやるべきかと頭を悩ませる為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

「バーチャルセックス」体験したらすごかったし人類を滅ぼしかねないと思った話 【バーチャル美少女ねむの寄稿】|ねとらぼ

kontake1607966_210531nemu01
VRを始めとしたバーチャルコンテンツが日々新たに生まれては廃れ、洗練されていく昨今。これまでバーチャル空間では逆に実現の難しかった現実の行為――性行為をバーチャル空間で行う、「バーチャルセックス」が日本で実現していました。

 バーチャルに関する造詣が深い人でなければ何をどうやって行うのか想像もつかないこの「バーチャルセックス」とはどのようなもので、私たちに何をもたらすのか。NHK「ねほりんぱほりん」への出演経験もあるVtuberの「バーチャル美少女ねむ」さんがその体験の記録と、バーチャルセックスが人類にもたらしうる未来についての考察をねとらぼに寄稿してくれたため、ここに掲載いたします。

ビデオ通話を使った「バーチャル相互オナニー」のメリットとやり方|GIGAZINE

00_m
FaceTimeなどのビデオ通話アプリを使用してお互いに自慰行為を見せ合う「相互マスターベーション(相互オナニー)」がもたらすメリットとそのやり方について、海外ニュースメディアのMashableが解説しました。

Mashableが提唱する「相互オナニー」とは、パートナーの目の前でお互いに自慰をしてそれを見せ合うというもの。男女間で行う性行為については「女性はセックスでオーガズムを経験する確率が男性より低い」という性による格差が存在しますが、この格差を解消するためには相互オナニーの中でどのような刺激が快感につながるのかをパートナーに見せることが役立つ、というのがMashableの主張です。

「1日30回射精するコツ」をオナニー世界チャンピオンの日本人が伝授! 童貞と創造力の関係性も熱弁!(インタビュー)|TOCANA

ph080226
トカナの過去の人気記事を再掲! 今回は2016年2月に掲載した映像作家・エリザベス宮地氏へのインタビュー記事をご紹介する。  


世界中のアスリートが4年に一度、体力と技を競い合うスポーツの祭典、オリンピックが今年ついに東京で開催される予定だ。しかし、オリンピック公式競技以外にも、人々をアッと言わせる大会は世界に数多く存在する。ここで紹介するエリザベス宮地氏は、オリンピアンにも負けないストイックさをもって“あること”に取り組み、世界一の座を手に入れた男だ。

「ゲイではないのに男性とセックスをする男性」は少なくないことが調査で判明、一体なぜストレートの男性が男性と寝るのか?|GIGAZINE

00_m
女性を恋愛や性の対象としているにもかかわらず、「男性と性交渉をする男性」が多数いるということが、アメリカの大規模な調査で判明しました。

そこで、「ストレートの男性が男性とセックスをするのはなぜ?」という疑問の答えを、ブリティッシュコロンビア大学でジェンダーを研究しているトニー・シルバ氏が解説しています。

「コロナ禍のSEX」男女1万人調査で判明 “巣ごもりベビーブーム” は幻だった! 担当研究者が解説|smart FLASH

2_2
「コロナによる自粛生活が長引けば、男女ともにセックスが増えるはずだ。僕は、そういう仮説を立てたのです」  そう語るのは、医師で一般社団法人「日本家族計画協会」の北村邦夫理事長(70)だ。  

北村氏は、厚生労働省の「コロナ禍における第一次緊急事態宣言下の日本人1万人調査」研究班に参加。20歳から69歳の日本人男女1万人を対象に、第一次緊急事態宣言が発出された前後(2020年3月下旬から5月下旬)の生活の実態を多角的に調査した。そのなかで、北村氏が担当したのが「セックス頻度の変化」などに関する調査だ。

新型コロナウイルスが勃起不全を引き起こす可能性が示される|GIGAZINE

00_m
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者の11%が8カ月以上にわたって後遺症に苦しんでいることが明らかになっています。こうした後遺症について、マイアミ大学の研究チームが新たに「COVID-19が勃起不全を引き起こす可能性がある」という研究結果を報告しました。

なぜ「コンドーム配布、酒持ち込み可」?もはや理解不能の屁理屈|JBpress

img_2f95725a1cd2d650c573ea7ce65ea0b02165037
オリンピック・パラリンピックでは毎回、選手村や大会競技施設でコンドームが無料で配布される。それも大量に。  

東京オリンピックの前のリオデジャネイロ大会では、約45万個が配られている。

VRアダルトゲーム『Holodexxx Home』開発元が、Steam審査に3度落ちて悲しむ。約220万円を費やした開発者が伝えたいこと|AUTOMATON

20210514-161239-header-696x392
VRアダルトゲームを手がけるスタジオHolodexxxは、Steam参入の為に『Holodexxx Home』など、3つの作品を開発した。しかしながら、3度に渡りSteam上でのリリースを却下された。度重なる修正をしたにもかかわらず、である。Holodexxxは公式ブログの投稿とKotakuによるインタビューを通じて、Steamのアダルトゲームに対する不透明な審査基準の問題点について語っている。

エリザベス女王、“大人のオモチャ”の会社に「粋な対応」を見せる|FRONTROW

f5335121c9f542169e54b7a5d4c985befe0fe95f_xlarge
イギリス王室のエリザベス女王が、ここ十数年で急成長を遂げたアダルトグッズの販売・開発を行なう会社に“女王賞”を与えたことが話題になっている。(フロントロウ編集部) 

英王室のエリザベス女王が、いわゆる“大人のオモチャ”を販売・開発する会社に英国女王賞(企業部門)を与えたことがわかった。イギリスでビジネスを展開する企業にとって最高の栄誉とされる英国女王賞を受賞したのは、2015年以降、海外での売り上げが大幅にアップし、急成長を遂げているアダルトグッズ専門の企業「Lovehoney(ラブハニー)」。

社員のモチベーションを上げるため“自慰”休憩を設けた女性社長、画期的な策が社員の好評得る|リアルライブ

f8dc137452d30638b6e58f599e55e448_photo
コロナ禍により、職場環境が大きく変化したという人は少なくはないだろうが、海外では低下した社員のモチベーションを大胆な方法で上げようとした社長がいる。  

スペイン・カタルーニャ州にあるアダルト映画制作会社の社長の女性が、コロナ禍によって低下した社員のモチベーションを上げるため、社員に自慰行為のための休憩を毎日30分与えることにしたと海外ニュースサイト『LADbible』と『METRO』、『THE Sun』などが5月14日までに報じた。

海外オークションサイトeBayで性的表現を含む商品の多くが販売禁止に―成人向けビデオゲームも対象|GameBusiness.jp

94909
海外オークション・通販サイトeBayにてサイトポリシーが更新され、成人向け商品の販売が禁止となりました。

このポリシーでは「ヌードや性行為を示すものなど性的指向のものは販売禁止」というルールが制定。成人向けの映画や漫画、そしてビデオゲームの販売が禁止となり、2021年7月15日以降、アダルト専用ビデオゲームなどの成人向けカテゴリ商品の新規登録ができなくなります。

「女性アスリートの盗撮」規制の緩すぎる実態とは|DIAMOND ONLINE

1
全国紙社会部デスクによると、小山容疑者の逮捕容疑は2019年5月18日、テレビのスポーツ番組で放映された複数の女性アスリートが競技している映像を、静止画としてピックアップ。そのうちの画像39点を自分が運営するサイトに無断で転載した上、不特定多数のネット利用者が閲覧できる状態にしてテレビ局の著作権を侵害した疑い。  

このサイトは「アスリート」という項目で、「放送事故」「エロハプニングシーン」など性的なイメージのコメントを掲載。ほかにも女性の裸などわいせつな画像を集めた計九つのサイトを運営し、11年2月~今年3月までの約10年間で計約1億2000万円の広告収入を得ていた。サイトは無料で、目的は広告収入だったとみられ、最近では月に100万円以上の収入があったという。