FACEHOLE-対魔忍凜子

今回はPPPの
「FACEHOLE 対魔忍凜子」
試してみました。

前回に引き続き、胸像型のフェラチオホールですね。



「胸像型フェラチオホール」

今までになかった新しい造形のオナホールが登場という事で、見た目の申し分のなさはもちろんの事、オナホールとしての使用感もそこまで悪いものじゃなかった前回の『FACEHOLE 対魔忍ゆきかぜ』。



オナホとしての使用時には笑いを誘ってくれるような衝撃的な使い方になるものの、対魔忍といえば「箱化」なるエロシーンが有名だったりもするので、ある意味では「対魔忍」とは親和性の高い絵面だったのかもしれません。

M8770-01-670x
今回は同時に発売されている同じシリーズの片割れの方ですね。基本的なコンセプトは『FACEHOLE 対魔忍ゆきかぜ』と同じく、こちらも胸像型のオナホールとなっており、重量なんかもほとんど同じ。

おそらく外型と内部構造だけが違ったバージョンになるんだと思います。

M8770-02-670x

こうして公式の画像なんかで見ると、わりとちっちゃく感じられるボディですが実際に手に取ってみると500g程のサイズなだけあってかなり大きめなサイズになっています。

キャラクターに合わせて衣装やおっぱいのサイズが大きく違った造形になっていますね。

M8770-03-670x

入り口付近にはかなり無茶にも感じる大きなカーブがついていますが、素材自体がそこそこ柔らかく、実際の使用時にはこのカーブ部分はペニスで無理やり真っ直ぐにするような使い方になるので、挿入が出来ないだとか軸ズレが過ぎるという事にはならなかったですね。

開封してみよう

007

重量は約488g、全長は約17cm。全体的なサイズ感はやはり『FACEHOLE 対魔忍ゆきかぜ』の方とほとんど同じですね。
こんなキン消しみたいな単色造形じゃ勃つ物も勃たんて…
こんなコメントをゆきかぜの方で頂いていました。造形のクオリティが高いからこそ「あともう少しこうだったら・・・」という欲が湧いてくるもので、確かに単色造形なのは残念なんですが、未だにちゃんと著色されているオナホールというものを見た事がないので、現時点では技術的にか、コスト的な問題で着色ホールというのは不可能なんでしょうね。

008

後ろ側は長い髪の毛で覆われていますね。

009

「何カップやねん」と言いたくなるくらいに、めちゃくちゃな爆乳仕様になっており、パッケージのキャラクターをしっかりと再現した素晴らしいこだわりですね。

001

全頭型のフェラチオホールではよく話題になる「目を付けて欲しい問題」をうまく回避した顔の造りになっています。

001

試しに目をつけてみたらどんな顔になるんだ・・・?

そんな事をふと思い立って、最新のテクノロジーを駆使して試しにつけてみたものの、それが良いのか悪いのかの判断はオナ郎には出来ませんでした。

taimaninrinko001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

固さは普通~少し柔らかめくらいで、臭いや油っぽさは控えめな素材が使われています。パウダーが少し多めにかかっているので、洗わずに使用する場合は黒系の服を着るのはやめておいた方が良いでしょう。

挿入してみよう

003

同じネタを2日連続でするのもなんだかなぁ・・・と思ったんですが、使命感みたいなものを感じたので一応ジャイアンの顔面パンチの画像も掲載しておきます。

入り口は小さすぎるので、一旦挿入にまで持っていくのはなかなかに大変で、ツルっとすべったり顔面が凹んだりを繰り返しているとストレスが溜まってしまいますね。亀頭側には十分なローションを含ませてあげればスルっと入っていくようになるので、工夫してみてください。

taimaninrinko002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

挿入の方向としては顔の位置が上でも下でも奥の挿入感に違いはなく、どちらかというと顔の位置を下に持ってきた方がストロークはしやすいかもしれませんね。

FACEHOLE 対魔忍ゆきかぜ』がやや刺激寄りなコリっとしたシンプルなヒダを味わえる挿入感だったのに対して、こちらの凛子の方はまったり気味なやや弱めの刺激加減となっており、内部には引っかかりも何もないようなのっぺりと感じるようなただの穴が広がっている感じですね。

007

内部には小さめなイボや網目状の浅いヒダがついているような構造になっているみたいですね。ペニスではその細かすぎる壁の構造は知覚出来ないくらいに細やかなものになっているんですが、ある程度ストロークしていたら射精出来るくらいの気持ち良さは十分こみ上げてきてくれたので、多少なりともザラついた壁の刺激は存在しているんだと思います。

008

どうしてもこの造形なので、普通のハンドホールに比べるとストロークの不便さや使いにくさなんかを感じてしまう所ですが、それでもオナホとしては使えないレベルでは決してなく。もしこれが仮に500gくらいの普通のオナホールであれば「もうちょっとアクセントなり個性なりを出して欲しくて!!」と動画の最後に叫んでいる所ですが、造形重視なオナホールで最低限射精出来るくらいの実用性があるのであれば十分商品としては成立しているように思いますね。

なんだったら、やけにくびれのありすぎる造形重視なトルソー型のオナホールなんかよりかは、挿入感の実用性は高いまであるかもしれませんね。

ハンドホールだけではなく、

胸像型の大型ホール

というのもこれから先に見かける事があるかもしれませんね。

オナホデータ

M8770-01-670xFACEHOLE 対魔忍凜子
平均価格:3,500円前後
1gの値段(nkp):約7.1円
刺激レベル:■■□□□(5段階:3)
review003
販売店はこちら