onahotopics

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、ヨメ郎とのんびりサビキ釣りでサバやらアジをゲットしに行く為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

マンション懸垂壁オナから始めるライフハック|本しゃぶり

20200921114709
人は運命のイタズラで道を踏み外すことがある。

だがその裏にはメカニズムが存在する。

感情の仕組みを理解して、人生をコントロールする術を授けよう。

ショタラブドール購入マンガを巡ってTwitterで議論展開 「性犯罪を助長する」「社会的責任を自覚すべき」という批判は妥当なのか|ガジェット通信

001
あるTwitterユーザーが、ショタラブドールを購入した体験をマンガで発表。さまざまな批判を浴びたこともあり、マンガツイートを削除して「ユーザーの皆様に不快感を持たせてしまい申し訳ありませんでした」という謝罪文を掲載。それでも炎上状態は止まずに、アカウント自体が削除されています。

【海外発!Breaking News】トイレの便座に座った18歳少年、ニシキヘビに急所を噛まれる(タイ)|テックインサイト

toilet200910-300x198
「トイレの便器の中にヘビが潜んでいたら…」と考えただけでもぞっとするが、タイに住む18歳の少年が便座に座っている最中にニシキヘビに噛まれてしまった。

こともあろうにヘビは、一番避けて欲しかったであろう男性器に食らいついており、少年はかなり痛い思いをしたようだ。『LADbible』『New York Post』などが伝えた。

工場で345,000個相当の中古コンドームを洗浄し「リサイクル」販売した違法業者が逮捕 - ベトナム|iFRYER

1_3uub0wbdx43f9nxf23l67
ベトナム南部にあるアパートから、警察が30万個を超えるラベルがなくパッケージされていないコンドームを発見、これらのコンドームを違法工場で「リサイクル」処理し、一般の人々に販売したとして、違法工場の所有者を逮捕したと CNN が伝えている。

【酷似】8歳愛娘そっくりのラブドールがアマゾンで約6万円で販売されていた!|edamame

001
性的虐待から子供たちを救う活動をしている米非営利団体「Child Rescue Coalition」が、今月2日に投稿したこちらの画像とメッセージが物議を醸しているのでご覧いただきたい。

快感MAXの中華ラブドール輸入代理店「JUPITER DOLL」に突撃取材! 「ヤッてるときにパンパンパン」「肌が柔らかくて最高」|TOCANA

jupiter_02
ラブドールを知り尽くしている男性が今年6月、中華ドール正規輸入代理店「JUPITER DOLL」(東京都大田区)を開業した。  

近年、ラブドールの素材として使われているのは、「人体に最も安全」、「より人肌に近い」とされているシリコンだ。この素材を使っているラブドールは、見栄えも抜群なので、日本国内にある大手ラブドールメーカーも採用している。

ところが、同社でスペシャルアドバイザーを務めるkentaさん(34歳)は、「買うなら絶対TPE(※)です。TPE、TPE!!」と豪語する。何故なのだろうか?

AIで偽アダルト動画作成「ディープフェイク職人」を初摘発|産経新聞

afr2010020006-p1
アダルトビデオ(AV)の出演女優の顔を女性芸能人の顔にすげ替え、インターネットサイトに配信したとして、警視庁保安課などは2日までに、名誉毀損(きそん)などの疑いで、大学生林田拓海(21)=熊本市中央区黒髪=、システムエンジニア大槻隆信(47)=兵庫県三田市三輪=両容疑者を逮捕した。2人は容疑を認めている。

アダルトグッズの利用率、オカズ探索、データが示すコロナ禍での性事情の変化|@DIMENSION

PAKU150710540650_TP_V4-770x513
コロナ禍に伴う外出自粛やリモートワークの増加により、一人の時間を以前よりもつくりやすくなった人は多いはず。これを好機ととらえ、マスターベーションに対して積極果敢になったという人も少なからずいるに違いない。

そんな「コロナ禍でのアダルトグッズ利用率、“オカズ”探しの変化」に関する意識調査がこのほど、株式会社TENGAにより実施されたので、その結果を紹介していきたい。

「SM」は日本発祥の言葉?その誕生に深く関わった歴史上の出来事とは…?|Japaaan

779fc_1594_61407e73_81928cdb
ひと昔前と比べれば違和感なく日常でも使われるようになった「SM」という言葉。

「SM」が日本独自の表現であることは案外知られていない気がいたしますが(英語圏では一般的に「BDSM」が使われます)、それ以上に知られていないのが、「SM」という言葉の誕生に、誰もが知っている歴史上の出来事が深く関わっていたという事実ではないでしょうか。

コロナショック下でなぜ、人は「咀嚼音」に惹かれるのか|Forbes

37292cf7eb0d5582fc7747f2fc52407d297cf
コロナ禍で多くの「音フェチ」に愛し直されている癒し系サウンドがある。「ASMR」といわれる音コンテンツだ。ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response」、直訳すると「自律感覚絶頂反応」。その音を含む動画は、ユーチューブだけで5億回以上再生されている。

おっぱい系YouTube界が群雄割拠の時代に! アウトドアに書道、新ジャンルが続々 勢力図が変わる!|TABL

basuto-300x199
今、YouTubeにて、顔出しナシで豊満なバストを披露する“おっぱい系ユーチューバー“が人気を集め話題となっています。

“おっぱい系ユーチューバー“とは、顔は出さずに首から下のみの露出ではあるものの、豊満なバストを強調した衣装で動画を撮影、公開するバストが売りの女性ユーチューバーのこと。煽情的な大きなバストを映しながら、普通に演奏したり料理したりするシュールさと、顔出しナシというミステリアスさがウケているようです。