極PUNI MEIKI

今回はTeppenの
「極PUNI MEIKI」
試してみました。



このサイトではまだあまり馴染みはない「TEPPEN」というメーカー。



2019年に登場した比較的まだ新しいメーカーで、登場した頃なんかはちょくちょくレビューをしていたんですが、そのクオリティはお世辞にも高いと言えるものではなく。今までにも頻繁に新作を発売はしていたみたいなんですが、あえてレビューをする程食指が伸びるようなものは発売されてはおらず、このサイトではややスルー気味な姿勢でチェックだけは続けていたんですが、ここ最近発売されたものは

少しパッケージというかコンセプトに変化が生じている

ようなので、定期チェックも兼ねて久しぶりに「Teppen」のオナホールをレビューしてみましょう。
001
さてどういった変化が生じているのかというと、オナホ中級者くらいの方であれば容易に気付けるんじゃないかと思いますが、

パッケージやネーミングが他メーカーのオナホをめちゃくちゃ意識したものになっている

という点で、今回の場合はG PROJECTの「極◯◯バージンシリーズ」のロゴやらキャッチコピーが意識しているというかいうレベルではないくらいにパクられてしまっていますね。

004

一番分かりやすかったのが今回の「極PUNI MEIKI」で、他のオナホールにもどこかのメーカーが頻繁に使っているようなキーワードを使ったタイトルがつけられていたり、パッケージを寄せにいっていたりと、あからさまではないけどちょっと引っかかるようなパッケージになっていたりするので、

では中身のオナホールにもなにか変化はあるんだろうか

と気になってしまい、今回レビューしてみようと思ったわけですね。

M8784-02-670x

ちなみに今回のオナホの内部構造はこんな感じ。

本家の「極◯◯バージンシリーズ」の「すっごい◯◯(内部構造)」という定番の内部構造を誇張した分かりやすいコンセプトは真似られているようには見えず・・・。製作者の顔の見えないジェネリックなオナホのような構造に見えてしまいますね。

開封してみよう

001

重量は約457g、全長は約15cm。

片乳だけをはだけさせた珍しい着衣トルソー型となっていますが、パッケージのメイド服っぽい衣装とは全く違っており、せめてここはイラストと合わせられなかったんかいとツッコミたくなりますね。

gokupunivirgin001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

固さは普通くらいで臭いは控えめ。油っぽさはほどほどくらいにはついている素材で、質感はそこまで悪くはなく、てっきり中国系のオナホなのかな?と思っていたんですけど、パッケージにはMADE IN JAPANの表記がありました。

002

入り口はスジマン的な幼い感じの造りになっていますね。

003

最近だと逆に珍しく感じてしまう典型的な「くぱぁ造形」が採用されていますね。

わりとキツめそうな内部と二層構造が採用されているので、大事をとって裏返しはやめて後でキャッサバ画像で確認させてもらう事にしましょう。

挿入してみよう

gokupunivirgin002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

「すっごいすじ」だとか「すっごいイボ」だとか、そういった本家のメインコンセプトになっている凄い要素なんかは挿入感からはほとんど感じられないようなあっさりとしたものになっており、上っ面だけを模範した普通のオナホールになってしまっていますね。

001

ただ、全体的にはそこまで挿入感は悪いというわけではなく、ジョリっとした少しだけ複雑にも感じるヒダなんかが安定した刺激になっており、気持ち良さとしては十分射精にまで持っていけるくらいのポテンシャルは存在している感じですね。

002

トルソー型なだけに、背中側には少し肉薄に感じられるような部分もあったりで、一般的なハンドホールに比べると肉厚バランスの悪さは感じますが、そこまで気にしなければいけない程バランスが悪いというわけでもなく、トルソー型にしてはまだ肉厚のバランスは取られているように思います。

オススメ度としては40点ちょっとオーバーくらいな★3といった感じで、個人的にはこのオナホに3500円も出すのであれば、中身もパッケージもコンセプトもちゃんと考えて作っているG PROJECTの「極バージンシリーズ」を買った方がよりよいオナホライフを送れるんじゃないかと思いますね。

オナホデータ

001極PUNI MEIKI
平均価格:3,500円前後
1gの値段(nkp):約7.6円
刺激レベル:■■■□□(5段階:3)
review003
販売店はこちら