onahotopics

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、どうしても外せない我が子の為の用事に付きそう為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

AV新法とは何か?売春の「合法化」批判、セックスワーカーの「自己決定」とは| The HEADLINE

14298490ac50b5299ad0209bfc61a10fd665dc7f794bad4f09be1c615558057c
アダルトビデオ(AV)出演の契約をめぐる被害防止と救済に関する新たな法案、いわゆる「AV新法」について議論が加熱している。

13日、自民・立憲民主など与野党6党によって同新法の素案がまとめられ、支援団体などが「被害者に寄り添った被害救済を規定している」など肯定的な受け止めを示す一方、Twitter では #AV新法に反対します のハッシュタグが登場して、問題点を指摘する声もある。

ヨーロッパで流行の「サル痘」は男性同士のセックスを通じて感染拡大した可能性|GIGAZINE

00_m
現地時間の2022年5月23日、世界保健機関(WHO)がヨーロッパで「サル痘」の患者が100人を超えていると報告しました。突如ヨーロッパで感染拡大するサル痘については各国の保健当局が警戒を強めているのですが、これは「男性同士のセックス」が原因となっている可能性が報じられています。

女性用風俗はなぜ急増する? 低リスク・低コストなビジネス構造と、過剰サービスに疲弊する男性セックスワーカーたち|FINDERS

johu220531_TOP
「女性用風俗」――つまり、男性セックスワーカーが女性客に性感マッサージなどのサービスを行う性風俗店が近年急増している。「女性向け風俗」あるいは略して「女風」と呼ばれることもあり、そこで働くセックスワーカーは「セラピスト」と呼ばれている。「女性用風俗」で検索すると、さまざまな店舗のサイトがずらりと表示され、クリックすると「女性のためのファンタジーマッサージ!」「35億の女の楽園!」などの宣伝文句が踊るトップページが迎えてくれる。

面白い単語の組み合わを作るための法則が判明!|ナゾロジー

001
面白い単語の組み合わせには法則がありました。 シンガポール国立大学(NUS)で行われた研究によれば、人間が面白いと感じる単語の組み合わせには、意外さや下品さに加えて音感も重要であることが判明した、とのこと。

確実に「避妊」でき、準備不要で、再建手術も可能──今こそパイプカットを!|ニューズウィーク日本版

220614p53_PCT_01-thumb-720xauto-450382
想像してほしい。ホルモンを使わず、ほぼ100%効果的で、セックスの前に準備にあたふたする必要がなく、忘れることはあり得ない避妊法を――。

ただし、条件が1つ。睾丸がなければ駄目だ。 その避妊法とは、もちろんパイプカット(精管切除)のこと。アメリカでは、人工妊娠中絶の権利を認めた「ロー対ウェード」判決が覆されようとしている。妊娠を招く可能性がある人は、誰もがパイプカットを検討すべきときだ。

「まんだらけ」社長が書類送検 年600冊売った“ビニ本”の中身|文春オンライン

0012
昭和のエロ本に令和の警視庁がノーを突きつけた。  警視庁保安課は5月27日、わいせつな写真誌を販売目的で持っていたなどとして、古書店大手「まんだらけ」の辻中雄二郎社長(50)ら5人を、わいせつ図画有償頒布目的所持などの疑いで書類送検した。

累計来店者数1万人突破・売り場規模を2倍に拡大!iroha STORE大丸梅田店がリニューアルオープン!-西日本最大級の「フェムテック展」にも出展-|valuepress

0012
株式会社TENGA(東京都港区/代表取締役社長 松本光⼀)は、2022年5月25日(水)より、ブランド初の常設店であるiroha STORE大丸梅田店(大阪府大阪市北区)の売り場規模を2倍にし、リニューアルオープンいたします。 また、25日(水)~31日(火)の間、大丸梅田店13階で開催される西日本最大級のフェムテック展示会「ミチカケ・ウェルネスアクションvol.1フェムテック展」へも出展いたします。

深海で発見された「大人のおもちゃ」にしか見えない生き物 質感はまるで人間の皮膚|Sirabeeリサーチ

001
この投稿には1万件以上の「いいね!」が寄せられているほか、あるコメントでは生物の形状が男性が使用する大人のおもちゃに似ていることが指摘された。 また別のコメントでは「海に捨てられたアダルトグッズ」「とても教育に良いビデオ」「ソレにみえてしまった私の脳が嫌い」などの感想も寄せられている。

「ASMR規制」がSNSトレンド入り、YouTubeが新ポリシーで未成年の投稿を禁止|マイナビニュース

002.jpg
6月6日、YouTubeの「子どもの安全に関するポリシー」が規約改定。そこで未成年者のASMR動画投稿の禁止が定められたことに注目が集まり、「ASMR規制」がツイッタートレンドに入る事態となった。