001
今回はRIDE JAPANの
「MADBORDER」
試してみました。

ツートン構造的なオナホールですね。




さて2022年も年の瀬が近付いてきたというのもあって、メーカーによっては『締めオナホ』になる可能性も出てきた頃合いで、RIDE JAPANも場合によっては今回のオナホールで今年最後になるかもしれないですね。

M9692-01-670x

さて、『MADBORDER』という名前が付けられている今回のオナホール。おそらくRIDE JAPANとしては初の試みとなる

ハーフ&ハーフ構造が採用されている

というのが1つの特徴になっているみたいですね。

M9692-03-670x

メーカーの公式名称では「ツートン素材」と表記されており、名前はどうであれとりあえず"前半と後半とで異なる硬度の素材が使われている”というわりと古くから存在している二層素材の手法ですね。

最近だとピーチトイズの『20HANDシリーズ』や『KAKUMEIKIシリーズ』なんかが、この手法をうまく活用して高評価を生み出していたりするので、今更ながらもこの手法を採用してくる・・・という事はRIDE JAPANもそれらを意識しての事なのかもしれませんね。

M9692-04-670x

前半部分のふわとろ素材なソフティータッチ部分には、小さめの縦ヒダが所狭しと埋め込まれている構造になっており、後半のバンジータッチ素材の部分には大きめの縦ヒダがどっしりと付けられている二段階構造なオナホールとなっているようです。

開封してみよう

001

重量は約460g、全長は約16cm。

ツートンな別素材はちょうど半分くらいの所で区切られており、前半部分がふわとろ系のソフティータッチ素材。後半部分が定番なバンジータッチ素材となっています。

madborder001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

左右の手で揉み比べてみれば明らかに前半部分の方が柔らかく作られているのが分かり、後半の方は素材差のせいで、バンジータッチな少し柔らかめな素材といってもかなりしっかりとした固さがあるようにも感じてしまいますね。

臭いは控えめ気味。油っぽさの方はバンジータッチ部分が控えめ気味くらいで、ソフティータッチ部分は少し気になるくらいについています。

002

入り口はリアル寄りな造形になっていますね。

003

入り口からは先程の断面図で確認していた小さい縦ヒダが付けられています。

004

少し気になるのはベースの壁にはあまり横ヒダらしいヒダがついておらずに、のっぺりさせているという点ですね。

挿入してみよう

madborder002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

かなり良いぞ・・・!

ツートン素材(ハーフ&ハーフ構造)の難しさというのは、どうしても固めの素材の方にアクセントが付きすぎてしまって、柔らかい素材部分の存在感が希薄になってしまう・・・といったバランスになりがちなんですが、さすがはそこらへんはRIDE JAPANのバランス感覚といった所で、実際にはそういったアンバランスな挿入感にはなっておらず。

しっかりとツートン素材を採用した意味を持たせる事に大きく成功しているような挿入感

になっていますね。

005

前半部分の細かく刻まれている縦ヒダ部分なんかは、その縦ヒダが交互に当たってくる感じだったりはふわとろ系の素材と非常に相性がよくて、単純な縦ヒダの連続というよりも もう少しグチャグチャグニャグニャとしたような複雑さを感じさせてくれるような挿入感になっている感じですね。

奥の方はどストレートに太ヒダが何本がついている構造になっており、「ちょっとシンプルすぎでは・・・?」なんて心配していたものの、いざ挿入してみればなるほど納得。

ふわとろ素材とバンジータッチ素材とのギャップのある素材感によって、奥の方はギューーっと窄まっているような狭穴っぽい挿入感になっており、そこに四方からの縦ヒダがムギュっとペニスに押し付けるようにして刺激してくる為に、ピンポイントで裏筋であったりをゾリゾリとしたヒダが的確に気持ちよく刺激してくれるような挿入感になっていますね。

本来であればそのギュギュっとしたアクセントの強く感じる奥部分が突出しすぎて、「前半部分がどうも感じにくい・・・」みたいなバランスになってもおかしくないんですが、前半部分に縦ヒダを細かく配置する事によってふわとろ素材ながらもエッジ感や存在感が強めになっており、なおかつ奥の縦ヒダをシンプルにする事によって、

素材差によって生じてしまうアクセントの強さを内部構造でうまく平均化させている

といったような上手い工夫が施されている感じですね。

006

グチャグチャグニョグニョとした複雑に感じる前半部分の柔らかい素材からの狭穴ライクな奥の挿入感と、太縦ヒダの存在感と実用性の高い構造が見事にバランス良く作られているオナホールといった感じで、

「なぜこういう構造や素材を採用したのか」というのを、とても分かりやすく挿入感で答えてくれているように感じる完成度の高いオナホール

になっていると思いますね。

ふわとろ系の素材や、比較的柔らかめなバンジータッチ素材が使われてはいますが、前半部分はともかく奥の方は密着感が高くてゾリっとしたヒダの刺激を感じやすい挿入感になっているので、普通~刺激寄りくらいのバランスが好きな人にはマッチしやすい刺激加減だと思います。

オススメ度としては★5は是非ともつけておきたいオナホールですね。

オナホデータ

M9692-01-670xMADBORDER
平均価格:2,500円前後
1gの値段(nkp):約5.4円
刺激レベル:■■■■□(5段階:3寄りの4)
review005
販売店はこちら