001今回はタマトイズの

「おんなのこのなか」

試してみました。

「RE:ゼロ」のパロディ的なオナホールですね。



「パロディメーカー」

一時期はそんな名前でも呼ばれていた事のあるタマトイズですが、今では「完全に」というわけではないにしても、発売するオナホがことごとく何かのパロディになっていた時代は終わってしまい、逆にパロディしているオナホールをこうして発売してきたりすると、「お!珍しいな!」なんて思ってしまうようになってしまいました。
001

オナホられているのは「Re:ゼロから始める異世界生活」に登場するメイド的なキャラクターで、シーズン1が流行りに流行っていた2017年頃なんかは、よくオナホールのパッケージでこの青髪の女の子を見かけたものですね。

今回登場したのはもちろんアニメのシーズン2がようやく放送開始された事を受けての事で、オナ郎ももちろん毎週楽しみにネットフリックの前で全裸待機している毎日だったりします。

こうして知っているアニメのキャラクターなので一見すればパロディなんだと認識出来ますが、オナホの名前なんかも全く関係ないものだったり、デザインもすっきりシンプルにまとめていたりするので、知らないアニメのキャラクターであれば、うっかりスルーしていた可能性が高いですね。

001

重量は約393g、全長は約13cm。
肉厚重視な胴短な感じのボディとなっており、このくらいの重量であれば通常14cmくらいは余裕である所を、13cmで収めてきている分、やけに分厚く感じる造形に仕上がっています。

onnanokononaka001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

少し柔らかめで臭いや油っぽさは少し気になるくらいにはついている素材が使われています。

002

入り口はシンプルに丸い穴が空いただけの造形で、穴のサイズもやや広めくらいの作りですね。

003

内部構造はこれまた「温泉欲情」系の太ヒダが乱雑に入り乱れた構造になっており、最近ではもはやタマトイズの十八番構造とも言えるくらいに、ちょくちょく見かけているような気がします。

最奥の部分だけが二層構造になっているというのが大きな特徴で、やや固めの素材が使われていますね。

M8145-11-670x


ブーメラン状に曲がった膣道

という事で、断面図で見ると内部は大きなカーブがつけられているのが分かり、全長を犠牲にした肉厚はこのカーブの為だった、という事が分かりますね。

onnanokononaka002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

雑だけど良い

そんな言葉が良く似合っているような挿入感となっており、何かのレビューで「丁寧に作られたオナホール」だとかそういった表現をしたりする事もありますが、そういったものは一切感じず。

所々で荒い部分が見え隠れしているものの、最終的にはなかなか美味しかったと思えてしまう男の手料理のようなオナホールになっていますね。

内部は見た目通りなグニョグニョとした複雑で立体的な挿入感となっており、太いヒダがペニスに絡みつつも程よい引っ掛かりな刺激を生み出している感じで、温泉欲情系なオナホのグニョグニョ感をしっかり感じる事が出来るようになっています。

コンセプトにもある大きなカーブも程よく機能してくれており、大きく引っかかるという程ではありませんが、挿入する方向によって裏筋への当たり加減が微妙に変化してくれるので、挿入感にいい感じのアクセントを与えてくれていますね。

奥の部分は子宮系のような狭穴にはなっていない為に、クポクポとしたような刺激はあまりありませんが、刺激が伝わりにくい亀頭部分にやや固めの素材が当たる事によって、奥部分の存在感みたいなものが強調されているような挿入感になっている感じですね。

基本的には前半部分のグニョグニョとした太ヒダの部分だけで気持ち良さや刺激としては十分実用的なものに仕上がっている所を、構造としてはそこまでハッキリと主張してこないカーブであったり二層構造の部分であったりがちょっとした二つのアクセントとして上手く補佐してくれているような挿入感で、

要素を雑に詰め込んだ結果上手くまとまってくれた

みたいな印象を抱いてしまいますね。

雑に感じてしまうのは挿入感だけではなく、カーブによって生まれてしまっている微妙な肉薄部分であったり、やや不安に感じてしまうような底の薄さ加減であったりの造形部分にも感じてしまうんですが、特に軸ズレしているわけでも、使用感に問題があるわけでもないので「けっこう荒めな造りだな・・・」とは思いはするものの、気持ち良さとしても使用感としても何の問題もなく使えてしまい、冒頭のような「雑だけど良い」みたいな感想になってしまう感じですね。

柔らかめな素材にもかかわらず内部構造の主張が結構高めなので刺激レベルはそこまで低くなく、5段階中の3.5くらいに収まっているので、普通~やや刺激寄りくらいのオナホが好きな人には程よい刺激加減になっています。

オススメ度としては★4くらいは十分にありますが、もうちょっとこう・・・一つ一つの構造や造形に丁寧さを感じるような造りで、もうワンランク上のオナホを目指して欲しかった所ですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2400円前後
nkp(1g当たりの値段):6.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る