onahotopics

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、正月のロスタイムとして許されている三連休を満喫する為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

Pornhubが「2021年アクセス統計」を公開、2021年を象徴するワードは「ヘンタイ」「フィットネス」「トランスジェンダー」など|GIGAZINE

00_m
世界最大級のポルノムービーサイトであるPornhubが、1年を象徴するキーワードや検索数が最も多かった検索ワード、国ごとの傾向などをまとめた「2021年度のアクセス統計」を発表しました。2021年を象徴するキーワードに「ヘンタイ」「フィットネス」「トランスジェンダー」などが選ばれたほか、検索ワードのトップを「ヘンタイ」「日本人」「レズビアン」が争ったこと、東京オリンピックが開催された影響なのか日本では「アスリート」の検索が急増したことなどが報告されています。

【閲覧注意】安全に尿道オナニーするための尿道指南! 天才・亜留間次郎が超徹底解説|TOCANA

3c12666f490f4ed7686dbed4cbea5cb5-e1635496504715
アナルに異物を入れるオナニーは有名ですが、尿道に異物挿入するオナニーもけっこうあります。日本では明治30年(1897年)に最初の症例報告があり、その後も一定数が発見され続け、症例報告数は軽く1200件を超えています。

 統計的調査を行った医師も複数いて、男女比は男性60.9%に対して女性39.1%で肛門異物の男女比が171:9で女性が5.2%しか居ないのと比較すると男女差が小さいと言えます。

【閲覧注意】生まれつき2本のペニスを持つ男!! 「陰茎重複症」患者の奇妙なペニス活用法と性生活|TOCANA

DoubleHeader_2
世界には、先天的に身体の一部が多い人々が存在する。6本以上の指が形成される「多指症」が有名だが、それよりもはるかに少ない確率で、男性が2本の陰茎を持って生まれてくる「陰茎重複症」という疾患も存在することはあまり知られていない。  

昨年末、この「陰茎重複症」の男性が、自身の半生を綴った自伝『Double Header: My Life with Two Penises(ダブルヘッダー:ペニスが2つある人生)』を上梓し、話題を呼んでいる。今回は、謎多き先天性疾患「陰茎重複症」について解説するとともに、それを抱える人生とは一体どのようなものか紹介しよう。

アダルト動画を配信する一般人の台頭 最高月収2500万円の猛者も|NEWSポストセブン

001
素人が動画投稿で億万長者になる──YouTuberたちが切り開いたこの流れが、「アダルト」の世界にも押し寄せている。どこにでもいる一般人が、スマホで自らの性行為を撮影・配信し、巨額のカネを稼いでいるというのだ。数百万人の視聴者を抱えるトップ配信者に密着した。  

無造作に布団がはだけた自宅のベッドで絡む、マスク姿の若い男女カップル。カメラアングルにこだわる監督も、吐息まで拾う音声スタッフもそこにはいない。どこにでもあるスマホで撮影されたものだ。昨今、こうした動画を世界に配信し、大金を稼ぐ者がいる。「Pornhuber(ポルノハバー)」と呼ばれる人たちだ。アダルトメディア評論家の尾谷幸憲氏が語る。
続きを読む

「アダルトサイトが欲しがる技術かもよ」「また日本が変なことしてるよ」 世界をザワつかせた明治大学・宮下芳明教授の「味わうテレビ(TTTV)」|ガジェット通信

tttvmeijiuniv00
明治大学の宮下芳明教授が開発した「味わうテレビ(TTTV)」が世界をザワつかせているようです。

捜査令状で見えたグーグルの「児童ポルノ検出」の舞台裏|Forbes

45095b460f45923daa1dc21f385b928cd0272
ハイテク企業は、自社のプラットフォーム上で増加し続ける児童の性的虐待に関するコンテンツへの対処を求められている。そんな中、アップルが人々のデバイスをスキャンして違法なコンテンツを探す試みは、プライバシーに関する懸念に直面して延期に追い込まれた。

このようなコンテンツは、米国の法律で違法となる可能性があり、グーグルの児童ポルノ発見システムのCSAMによって検出可能だが、この事実はこれまで一般には語られてこなかった。
続きを読む

ニルヴァーナ「ネヴァーマインド」のジャケ写の赤ちゃんによる「児童ポルノだ」という訴訟を裁判官が却下|GIGAZINE

00_m
ニルヴァーナの2枚目のアルバム「ネヴァーマインド」のジャケット写真に写る赤ちゃん本人が「あの写真は児童ポルノだ」としてレコード会社を相手取り訴訟を起こしていたのですが、裁判所が訴訟を却下したことが明らかになっています。