onahotopics

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、来月発売のモンハンライズの続編のためにウォームアップをし始める為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

セックストイは、本当に女性の性を解放するのか?|FIGALO.jp

fd3ac859a06d167e807325bf254b7551c24a497e
セクシャル・ウェルネス市場が急成長を遂げているが、セックストイは本当に女性の性を解放するのだろうか? セックスを主題とするインスタグラム@jouissance.clubを開設したイラストレーター、ジュン・プラにインタビューした。

コカインを注射したペニスが「真っ黒になって腐る」事件が発生|GIGAZINE

00
薬物中毒の男性がコカインをペニスに注入した結果、ペニスが壊死(えし)してしまったという症例が報告されました。

報告によると、問題の男性は35歳のヒスパニック系で、3日間にわたる耐えがたい陰茎および陰嚢の痛みによって、アメリカ・ニューヨーク市のブロンクスケア病院の救急外来に来院。来院時点で陰茎の膨張・白化・壊死・潰瘍化が進行しており、鼠径部(太ももの付け根)と右足に激痛が走る状態でした。

エッチな行為を生配信する「アダルトウェブカメラ業界」の実態とは?|GIGAZINE

00_m
ウェブカメラの前で性行為などを配信する「アダルトウェブカメラ」サービスを提供する業界の実態に、テクノロジー関連メディアのRest of Worldが迫っています。

AVの出演契約被害防止へ新法の概要まとめる…制作者に書面での契約義務づけ|読売新聞オンライン

超党派の国会議員は26日、強要などによるアダルトビデオ(AV)への出演契約被害を防止するための新法の概要をまとめた。制作者に書面での詳細な契約を義務づけ、違反があれば出演者が取り消せるようにすることが柱だ。

デリヘルの送迎は稼げるのか、地方在住、中高年エンジニアがバイトした結果|JBpress

img_d74a8796fff7ac79e226b8ff70b840cf7253270
「あれ、こんなところでおじさんが働いてる……」  近年、非正規労働の現場で、しばしば「おじさん」を見かける。しかも、いわゆるホワイトカラーの会社員が、派遣やアルバイトをしているケースが目につくようになった。  

45歳定年制、ジョブ型雇用、そしてコロナ──。中高年男性を取り巻く雇用状況が厳しさを増す中、副業を始めるおじさんたちの、逞しくもどこか悲壮感の漂う姿をリポートする。

VRで口の中を触られている感覚を再現 VRヘッドセットから超音波を放射 「虫が唇を這う」などが再現可能 Innovative Tech|ITmedia NEWS

tm1636144_sl04211_1_w490
米Carnegie Mellon UniversityのFuture Interfaces Groupが開発した「Mouth Haptics in VR using a Headset Ultrasound Phased Array」は、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に空中超音波フェーズドアレイを統合し、VR体験に応じて超音波で唇や口腔内に触覚を与えるシステムだ。

睾丸を日焼けさせて男らしさをアップさせる健康法「睾丸日焼け」が爆誕、男性不妊症になるかもと医師は警告|GIGAZINE

00_m
過去には肛門に日光を浴びせる「肛門日光浴」を実践する映像がSNSをにぎわせましたが、新たに睾丸(こうがん)に光を浴びせてテストステロン値を増加させようとする健康法が著名人によって提唱され話題となっています。

あの「ネッシー」が「クジラのペニス」だった可能性|NEWSWEEK

webw220419_ness-thumb-720xauto-414576
船乗りの間で語り継がれている海獣の目撃談について、ある分子生態学の教授が興味深い見解を示した。 英ダービー大学で教鞭をとるマイケル・スウィート教授は8日、連続ツイートで自説を展開した。

「その昔、旅人や探検家は目にしたものを絵に描いていた」──いかにも読ませる一文から始まる彼の投稿には、(20日の時点で)すでに9万5000以上の「いいね!」がついている