M8549-1-670x今回はRIDE JAPANの

「くちゅくちゅJaggy」

試してみました。

ギザギザ粒触感的なオナホールですね。



2021年一発目のRIDE JAPANのオナホ

という事で11月末を最後に、年末辺りは沈黙を続けていたRIDE JAPANが「もちろん用意していました」と言わんばかりに年明けそうそうに新作を発売してくれていたので、さっそくレビューしていきましょう。

M8549-1-670x


今回はバンジータッチでもハードタッチでもないベビータッチな二層構造のオナホールという事で、強すぎず弱すぎなバランスになりやすい刺激加減がオナ郎のペニスとの相性が良いせいか、わりと高評価が続いているベビータッチ二層素材なだけに、期待と股間が膨らみますね。

名前にもなっている「ジャギー(jaggy)」というのは「ギザギザ」という意味で、さて一体どんなギザギザなオナホールなんだという事で、先にそのギザギザ感の方を商品画像で確認していきましょう。

M8549-6-670x

渦巻いた模様のような形のヒダにジャギーよろしくギザギザな装飾が施されているような構造となっており、ありそうなんだけどなかったような気がする位の

RIDE JAPANらしい「微新しい構造」

が採用されていますね。

あっと驚くようなめちゃくちゃ斬新な構造だと、実用性が追いつかないなんて事にもなりかねず。
かといって気持ちいいんだけどよく見かける普通の定番構造だとキャッチーさに欠け。
そんなオナホールの微妙で繊細なバランスをうまい所に落とし込むセンスというのがRIDE JAPANが人気で居続けられる理由の一つのような気がしますね。

001

重量は約381g、全長は約15cm。
ほんの少しだけ入り口側に肉厚が寄せられており、基本的には非常にシンプルな筒型造形なオナホールとなっていますね。

kutyukutyujaggy002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

少し柔らかめで油っぽさはほどほど~控えめ気味くらい。
鼻をコスりつけるくらいに近づけても臭いはほとんどなく、記憶にある過去のベビータッチではもう少し臭いがあったような気がしたんですが、たまたまなのか、何かしらの改良を行ってきたのかはちょっと分かりませんね。

002

子供の頃に折り紙で作って遊んだ「パクパク」を思い出してしまうような縦と横に筋が入った入り口になっており、穴の内部口径はかなり広めに作られているみたいですね。

003

内部は真っ赤な二層構造になっており、先程の断面図で見ていたような渦巻状のヒダの片鱗みたいなものが入り口でもなんとなく分かるようになっています。

004

さっきのJaggy的な内部構造の特徴をあらかじめ予習していなければ、裏返しで見る絵面なんかはNPGのリアル系内部構造のそれに非常に近く、無造作系なんて言葉でお茶を濁していたかもしれません。

M8549-3-670x

なんとなくザラザラジョリジョリしていそうだというのは分かりますが、それ以上の感動や発見があるのか、しっかり挿入して試してみましょう。

kutyukutyujaggy
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

すごく「くちゅくちゅJaggy」している

というのが一貫して感じるこの感想。

「名前がくちゅくちゅJaggyなんだから当たり前だろ!!」と思われるかもしれませんが、名前と挿入感が完全に一致しているコンセプトのオナホールというのは非常に少なく、「これをくちゅくちゅJaggyと言わずしてなんと言うんだ」と思ってしまうくらいに、Jaggy感が満載の挿入感になっていますね。


さてJaggy感って一体なんだという話になるわけですが、もちろん和訳そのままの「ギザギザした」感じが、ペニスでも分かりやすすぎる程に感じられるような挿入感で、

001

本当にこのギザギザしたヒダのイメージそのままに、ペニスでもギザギザとしたあまり体験した事のないタイプの刺激を味わえるようになっていますね。

よくヒダとイボを足して二で割ったような・・・・・・といった表現をする事がありますが、今回のオナホールはそこからさらに鋭利な角度のついた突起的な刺激がプラスされているような挿入感で、ヒダっぽくもあり、イボっぽくもあり、なおかつギザギザっぽさも感じられるような新感覚な挿入感になっていますね。

刺激はもちろん高めには設定されていますが、素材自体がそこまで固くはないのでハード系のものよりかはマイルド寄りな刺激加減になっており、「刺激寄り」くらいが好きな方の方が楽しめるバランスになっていますね。

バンジータッチ素材だとギザギザのエッジ感が弱く印象が薄くなってしまい、ハードタッチ素材だと刺激が強くなりすぎてしまいそうな挿入感なので、あえて二層構造で発売してきたRIDE JAPANのバランス感覚のセンスというのがこれまたキラリと光るオナホールに仕上がっている感じですね。

奥の方にまで挿入しても亀頭の先端でもギザギザした触感なんかもしっかり楽しめたりで、尻尾の先までアンコが詰まっているタイヤキよろしく、オナホ全体でジャギーな挿入感を楽しめるようになっているというのも素晴らしい点ですね。

全体的には褒め気味のレビューな上に、新感覚なギザギザな挿入感というのはわりと楽しめたので、★5をつけてもおかしくはない所なんですが、使っているときは「★4くらいの気持ち良さだな!」と確信を得ながら射精していたので、★5でもいいような気もするけどここはペニ郎を信じて★4という厳しい評価にしておきましょう。

001

こちらがオマケのキャッサバ画像。
どちらかというと渦巻状のヒダは奥の方に集中してつけられていたみたいですね。

003

断面図だけですでに気持ちよさそうな構造ですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2200円(税込)前後
nkp(1g当たりの値段):5.7円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKAで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16大人のおもちゃ通販大魔王で詳細&レビューを見る
22_16x16信長トイズで詳細&レビューを見る