001
今回はタマトイズの
「ぴょこほーる 林ぴょんぴょこ」
試してみました。

Vtuberとのコラボホールですね。



2~3年くらい前まではVtuberとのコラボホールというのも、オナホールの時代の移り変わりを感じられたりと新鮮な気持ちでいられたんですが、あまりにもタマトイズがVtuberとコラボしすぎてしまったが為に、もはや無感情で「Vtuberとのコラボホールですね」と言えるようになってきてしまった今日この頃。

M9566-33-670x
オナホられているのは「林ぴょんぴょこ」というたまぷろじぇくと所属なVtuberの方。



VtuberやYoutubeの収益関連はあまり詳しくはないオナ郎なんですが、この子の登録者数が現時点で4140人というのは、プロダクションに所属しているVtuberとして十分やっていける数字なのか・・・というのが毎回タマトイズのコラボホールでVtuberを紹介する時に気になってしまう点ですね。

オナホ自体が「3000個くらい売れれば悪くはない方だ」という話を聞いた事があるので、4000人のファンの方の何割かが売上のブーストになってくれば、コラボ企画としては十分成功している・・・という見方も出来るのかもしれませんね。

M9566-28-670x

内部構造は昨今では見かける事の珍しくなってきた「無次元構造」と呼べるようなものが採用されているみたいですね。

M9566-32-670x

ただ、断面図を見る限りでは穴が半分ちょっとくらいの所で終わってしまっており、奥の肉厚ががっつり無駄になってしまっているように思えるんですが、これはあえて幼い感じのキャラクターのアソコの「奥付き感」を再現する為にこういう仕様になっているんでしょうかね。

「奥付き感を楽しんでもらう為に穴の長さは限りなく短くしておきました」と一言添えてくれていれば、「なるほど、あえてのそういうコンセプト」なのかと、このアンバランスな構造にも納得出来るんですが、そういった感じの説明は書かれていませんでした。

開封してみよう

002

重量は約451g、全長は約15cm。

微妙な胸の膨らみなんかが再現されている半トルソー型の造形になっていますね。がっつりとしたトルソー型にしてしまうと、どうしても肉厚がアンバランスになってしまうものなので、実用性を持たせつつもトルソー型を採用したいというのであれば、このくらいのトルソー感が一番現実的な形なのかもしれません。

pyokohole001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

素材はいつものタマトイズ自社工場製・・・の素材とは全く違うものが使われており、固さは普通~少し柔らかめくらいのややハリのある素材。臭いは控えめ気味で油っぽさはほどほどくらいな素材になっています。

パッケージには日本製の表記がない上に、中国製っぽい臭いの少なさなので中国製のオナホールかもしれませんね。

003

入り口はモリマンっぽい感じの縦スジが入った造形。

004

入り口付近はくぱぁ系の造形が採用されており、入り口っぽい輪っか部分が2つついていますね。

005

裏返してみた感じでは内部はかなりツルっとした構造になっており、裏返しているというのを差し引いてもヒダの作りはかなり浅いものになっていると思われます。

挿入してみよう

pyokohole002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

無次元系の構造でこんなハリのある素材を使ったらダメじゃないか・・・。

そこには柔らかく狭くうねった肉穴をニュルっと掻き分けていくような無次元系の挿入感の良さはまったく醸し出されてはおらず。奥の方はただたんにツルツルとしているだけの無構造に近いような挿入感になってしまっていますね。

002

もちろん多少はうねったりなんとなくヒダっぽいものもついてはいるので、全くもってのツルツルとしたストレートな穴ってわけではないんですが、そのうねり具合もヒダ具合もが気持ち良さや心地よさには直結していないような微々たるアクセント程度な挿入感だったりで、単純に内部構造が悪いというわけではなく、素材との相性がよろしくないと感じてしまう挿入感になってしまっています。

003

前半部分にはキャッサバでも見て分かるように、かなり大振りなヒダがニ枚程ついているので、この部分はハリのある素材とコリっとした引っ掛かりとの相性なんかは程よく感じられ、このオナホの大きな刺激ポイントになってくれている感じですね。

かなり底厚に作られている仕様自体は、そこまで使用感を大きく残っているという感じでもなく。普通に奥の方までストローク出来る上で、多少の窮屈さも感じられるような程よいバランスで幼女なコンセプトを上手く再現出来ているような気がします。

挿入感のざっくりとした感想で言えば

前半部分だけがコリコリと引っかかってくるだけのオナホール

といった印象だけで終わってしまっており、気持ち良さとしても★3程をつける程には満足感も高くはなく。普通に★2くらいをつけておきたくなるような何かと物足りさなを感じてしまうオナホールですね。

オナホデータ

001ぴょこほーる 林ぴょんぴょこ
平均価格:2,100円前後
1gの値段(nkp):約4.6円
刺激レベル:■■■□□(5段階:3)
review002
販売店はこちら