女神の試練

今回はトイズハートの
「女神の試練」
試してみました。

ボテヒダ?的なオナホールですね。



2月から3月にかけては、パッケージリニューアルの再レビューだったり、素材変更版のレビューだったりで、なんだかんだとトイズハートのレビューが多かった月になってしまいましたね。

本日レビューするものを含めれば、今月はトイズハートの新作が全部で3つ発表されていたり。なんだか見た事のない新しいオナホメーカーが現れていたりと、ようやくオナホの冬にも終わりが来てくれたのか・・・と内心ホッとしているのはここだけの話です。

ho8757pl
女神の名器すぎる内部で徹底トレーニング

という事で、女神様にペニスを鍛えて頂こうというペニストレーニング的なコンセプトなのが今回のオナホール。

めちゃくちゃ真面目にツッコンでみると、「ペニストレーニング」と言っても
  • 増強増大
  • 早漏改善
  • 遅漏改善
  • 勃起力
等など。そのトレーニングの内容によって方法は大きく変わってくるはずなので、そこらへんが明記されていない以上、どういったコンセンプトなのかというのも少し想像しにくくなっているような気がします。

女神の名器で行えるトレーニングとしては、やはり早漏改善なんかが主なトレーニングなんでしょうかね。

開封してみよう

001

重量は約296g、全長は約16.5cm。
300g近くにもなってくると、それなりに実用性の高いサイズにもなってくるんですが、全長がやや長めに取られている分、少し細身で貧弱気味なボディのように見えてしまいますね。

megaminosiren001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

今回使われているのは「ヒトハダマテリアル」という、最近のトイズハートがよく使っている新しめの素材。

少し柔らかめで、臭いはほどほど。
油っぽさはほどほど~少し気になるくらいについている素材ですね。

002

入り口はシンプル気味な丸い穴。
入り口の穴と内部の構造までが地続きになっているような、少し変わって見える穴の造形になっています。

003

入り口付近は横ヒダがついており、少し奥まった所にもう一つの穴が空いているように見える構造で、そこからは縦ヒダ系の構造になっていますね。

004

内部構造は左右対称型で、それぞれの区間できっちりと内部構造が分けられている5段階くらいの構造になっていますね。

真ん中らへんの縦ヒダから大きめのイボなんかが、SFに出てくる他惑星に生息する謎の植物的なものに見えてしまいますね。

ho8757jp-002

真ん中の謎の植物的なイボの事を、トイズハート的には「ボテヒダ」と表現していました。「ボテヒダ」っていうのはもっとこう・・・ウニョウニョとうねる太いヒダ構造の事を指す言葉と解釈していただけに、どう見ても大きめのイボか突起にしか見えない構造の事を「ボテヒダ」と言われても、何か違和感を覚えてしまいますね。

挿入してみよう

megaminosiren002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

う~ん、アンバランス。

例えば、オナ郎がこのオナホを試作品の段階で試せていたのであれば、「とりあえずこの部分を手直しする事から始めよう」と、たった数ストローク後に言っているであろう明確な問題点があり、使用感の方に大きな影響が出てしまっていますね。

その問題点をお伝えする前に、挿入感の方を先にざっくり説明しておきましょう。

001

カテゴリで分類するとすれば「子宮系構造」のような、奥の方に窄みがあり、そこへ侵入する亀頭の引っ掛かりなんかを楽しめるような挿入感が一番分かりやすいメインディッシュな刺激になっています。

それらに加えて、トイズハートが言うところの「ボテヒダ」的な大きなイボが亀頭のカリの裏側から支えるように圧迫してくるような挿入感で、奥の子宮っぽい穴へ入る時にはクポついた挿入感を。引き抜く時にはボテヒダ的なイボが、カリの裏側を圧迫しながら立体感とザラついた刺激を与えてくれる、

二段構えで亀頭周辺を刺激してくる挿入感

となっていますね。

前半部分の横ヒダと縦ヒダ部分は、入り口から挿入する時だけしかほぼその存在を感じる事が出来ず、奥の方のクポ気味な挿入感の影に潜んでしまい、ほとんど空気と化していますね。

挿入感だけで見ると、子宮的な挿入感は好みの問題でもあり、そこそこ特徴のある良いオナホではあるんですが、さて問題点の方を次に説明していきましょう。

003

ちょうど矢印らへんの所が、先程説明した子宮っぽい構造とイボが裏から支えてくるような挿入感で、このオナホの一番の醍醐味を楽しめる部分になっているわけですが、いかんせん

一番印象的で刺激の要になっている部分がこのオナホの中で一番肉厚が薄い

というアンバランスな調整がされており、その部分だけやけに薄っぺらい肉厚でうっすらペニスが透けて見えてしまっていたりと、使用感としてもかなり大きな悪影響を与えているように感じてしまいました。

素材に少し柔らかめな「ヒトハダマテリアル」を採用しているというのも、アンバランスさを加速させてしまうような結果になっており、柔らかめな素材だけに余計に肉薄な部分が気になってしまうような挿入感ですね。

全体的には刺激はそこまで強くはなく。ピンポイントで亀頭に集中出来る箇所があるので、使い方によっては普通~刺激寄りくらいで刺激加減の調整が出来るようになっているのは良い点ですが、見方によっては少し中途半端な刺激加減という事にもなってしまいそうです。

本来であれば「子宮っぽい感じのクポ感にイボのプラスアルファがあるオナホ」という謳い文句でオススメ感を煽る事もできたんですが、このアンバランスな肉厚の造形のせいでオススメ度を低く見積もらざるを得ない感じですね。

個人的にはあまり気持ちよくも感じなかったので、★2くらいがちょうどいい評価になってしまいますね。

オナホデータ

ho8757pl女神の試練
ショップ平均価格:2,100円前後
1g当たりの値段(nkp):約7円
刺激レベル:■■■□□(5段階:3か4)
review002
販売店はこちら