惡戯-女上司-二人きりの秘めごと
今回はトイズハートの
「惡戯 女上司 二人きりの秘めごと」
試してみました。

全方向タコ足イボヒダ的なオナホールですね。




タコ足系のオナホール

と言われれば、ぱっと思いつくのはG PROJECTの「GOKU-HIDA VIRGIN[極ヒダばーじん] OCTOPUS」なんかが最近では記憶に新しい所ですが、その昔は"あいさぽーと”というメーカーから「ろり肉オクトパス」をはじめてとしていくつかタコ足っぽい触手系のオナホールが作られていたというのは今は昔の懐かしい話ですね。

タコやイカの足的な構造というのは見た目的もキャッチーなので、本来であれば一つのジャンルとしてもっと盛り上がっていてもおかしくはないくらいなはずなんですが、なぜかその絶対数は少なく。こうしてオナホ化されれば「お!来たか!」と少し注目してしまうくらいに珍しいジャンルになってしまっていますね。

ho9062pl

そんなわけで今回はトイズハートからのタコ足的なコンセプトのオナホール。

パッケージの前面に大きく「全方向タコ足イボ×ヒダ」というキャッチコピーが書かれているので、間違いなくタコ足的なコンセプトのオナホールのはずなんですが、肝心なパッケージの絵が

タコ足とは全く関係なさそうな女上司になっている始末

で、せめてもうちょっとタコに寄せられなかったんか・・・と低すぎるシンクロ率が気になってしまいますね。

001
よし。

せめてこれくらいは書かれていれば、タコ足的な構造にも多少は納得が出来るというものです。

ho9062-info

とりあえずこちらがタコ足的なオナホールの断面図。

おそらく「タコ足」と指しているのは前半部分の少し変わった形の縦ヒダ部分の事を言っているみたいで、真ん中には窄みついた締め付け部分。後半は横ヒダのついた短い突起が付けられた三段階の構造になっています。

002

タコ足と言っても吸盤的なものは再現されてはおらず、複数の縦ヒダでタコ足っぽい触手感を再現している感じですね。

1534307214885_898710_sample-1

この構造であればサボテン的なコンセプトでも十分やっていけたかもしれませんね。

開封してみよう

001

重量は約470g、全長は約16.5cm。

このくらいのサイズのオナホールは最近のオナホ傾向的にも珍しくはないんですが、350g前後のオナホサイズが多いトイズハートなだけに、

トイズハートにしてはでかい

と思ってしまうようなサイズ感ですね。

似たようなサイズのオナホはあったかな・・・と調べてみると、「変身!魔法娘ちゃん ~彼女のエッチな秘密~」というのがほぼドンピシャなサイズ感になっており、造形的にも似たようなものが使われているので、もしかしたら同じ型が使われているのかもしれませんね。

itazuraonnajousi001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

固さは普通~少し固めくらい。臭いや油っぽさはほどほどくらいについている素材が使われています。原産国は日本と書かれており、トイズハートの国産素材にはいつもなんらかの素材名が表記されているはずなんですが、今回は素材名が表記されていない珍しいパターンですね。

001

FANZAのページにはテキストでだけ「ヒトハダマテリアル」と紹介されていますね。何かおおっぴらにその名前が使えなくなった理由でもあるんでしょうかね。

002

入り口はかなりデフォルメされた感じの造形が採用されています。

003

おぉ~~いいねぇ~

入り口からの景色はタコ足的なコンセプトなんだと納得させてくれるくらいに、それっぽい作りになっており、なかなかそそられるような構造ですね。

12本くらい触手っぽい突起がついているような気がしますが、そこはまぁファンタジーの世界なので華麗にスルーしておきましょう。

004

こうして裏返した時の全体的なフォルムの方がタコっぽく見えるのが面白いですね。前半部分の構造は良いとして、後半部分が味気なさすぎる構造に見えてしまうのが気になる点で、多段階構造の犠牲者がまた一人増えてしまわない事を願うばかりです。

挿入してみよう

itazuraonnajousi002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

タコ足構造がまるで生かされていない・・・

見た目的にも一番派手で分かりやすく。キャッチコピーなんかも「タコ足」がうんたらかんたらと書いてあったので、てっきりタコ足的な縦ヒダが刺激の中心になっているオナホールなんだと思いこんでいたら、タコ足とは全く関係のない部分がものすごく突出して感じられるような挿入感になっていて、

003

なんて言われてしまえば、かなり良い顔で「なん・・・だと・・・?」というお決まりのセリフを返せてしまうかもしれません。

003

ではどの部分が突出しているのかというと、断面図的には一番地味なようにも見える真ん中の窄み部分で、この部分にペニスがクポクポと子宮口のように狭キツい穴に出入りする様が刺激の大部分を占めるような挿入感になっており、なおかつその奥には広々とした空間が設けられているので、チュッポチュッポと吸われるようなバキューム感なんかも感じられたりと、だいぶコンセプトイメージとかけ離れたような挿入感になっている感じですね。

001

もちろん前半部分にはザラついた感じのイボっぽさであったり、挿入する時には立体感のある縦ヒダをワサっと掻き分けるような動きも多少感じられるんですが、一旦挿入してストロークしていくと縦ヒダ部分があまりにも前半に集中しすぎていて構造的に刺激を感じさせるにはあまりにも短く。ストローク中は、前述した子宮口からのバキュームの刺激が強すぎるというのもあって「ほぼ何もしていない」くらいのタコ足部分の構造で収まってしまっている感じですね。

あまりにもイメージしていた挿入感とは違った為に動揺してしまったんですが、意識を集中させてみると、メインディッシュにもなっている子宮部分のほどよいクポ付き加減であったり、広い空間による強めなバキュームで亀頭をチュポられる感じだったりの挿入感は、そのコンビだけでも十分やっていけるくらいに実用性があり、どちらかというとメインディッシュのはずだったタコ足構造の方は別になくても構わないくらいの挿入感になっているというがこのオナホールの残念な点というか、面白い点・・・かもしれませんね。

001

雑コラではありますが、「どうしてもタコ足コンセプトで推したいんだ!」と言うのであれば、感度の低い根本部分だけにタコ足構造を配置するだけではなく、より縦ヒダの立体感を感じられるように子宮口の奥の部分にも同じような縦ヒダを付ける方が、子宮口の良さもタコ足構造の良さもどちらも同じくらい感じられていたように思いますね。(その分バキューム力が落ちるかもしれませんが)

オススメ度は★3くらいで、子宮系構造のクポ感が好きな方であればタコ足構造はあまり関係なく楽しめるかもしれませんね。

オナホデータ

001惡戯 女上司 二人きりの秘めごと
平均価格:3,500円前後
1gの値段(nkp):約7.4円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review003
販売店はこちら