Hip-Knock【ヒップノック】
今回はTEPPENの
「Hip Knock【ヒップノック】」
試してみました。

ボリュームたっぷりらしいトルソー型ホールですね。



比較的新しいメーカーの中では積極的なリリース数の多さもあって、オナホユーザーの中では認知されてきた感のある「TEPPEN」というメーカー。

あからさまに他メーカーの商品名をパロってみたり。
時代錯誤な2穴ハンドホールを発売してみたり。
数千個のオナホをレビューしていて初めて見かけるレベルの不良品が紛れていたり。
本当に日本製なのか?疑惑のある素材でメイドインジャパン表記してみたり。

・・・と、レビューを重ねれば重ねる程にメーカー名の「天辺(TEPPEN)」から、かなりの勢いで遠ざかってしまっているような気がする今日この頃。

コメント欄なんかでは昨日のエーワンの「黒ギャルの絶頂フェラ天国」よろしく、Amazonの中国ホールで同じものを見かけたなんて声も上がっているんですが、あれほど特徴的なフェラホールならまだしも、膨大な数の中から同じものを探してくるのは至難の業なので、見かけた方なんかはコメント欄で教えて頂ければ幸いです。

M9049-01-670x

さて今回は「ボリュームたっぷりトルソータイプ」というキャッチコピーがつけられている、トルソータイプのオナホール。

M9049-02-670x


「ボリュームたっぷり」や「ド迫力ボディ」と謳うには、やや頼りないような気もする434gという重量が気になる所で、これまでにも散々指摘しているようにトルソー型のオナホールはどうしてもおっぱいやらお尻やらに余分な重量を割り当てないといけないために(感覚的に全体の30~40%程)、434gのトルソー型の場合は実際の肉厚感で言えば260~300g程度のオナホしか肉厚感を感じる事が出来ず。

「ボリュームたっぷりのトルソー型ホール」だと謳うのであればせめて600gくらいあって初めて「確かにたっぷりだな」と思えるくらいのサイズのような気がしますね。

開封してみよう

001

重量は約434g、全長は約15cm。

さすがに400gは超えてきているので小さいな・・・とまでは思いませんが、やはりトルソー型だと貧弱なボディに感じてしまうくらいのサイズ感に見えてしまいますね。

002

くっきりとしたお尻の割れ目も再現されています。

もう昨今ではトルソー造形のクオリティは上がりに上がっていて、どのトルソー型ホールでも造形クオリティに大差がなくなってしまいましたね。

hipknock001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

固さは普通くらいで、臭いや油っぽさはほどほど~少し気になるくらいについている素材となっており、今回もMADE IN JAPANとパッケージに表記されていますね。

003

入り口はややデフォルメ感のある造形になっています。

004

入り口付近は締りの良さそうな狭いギザギザのヒダ穴がついている構造となっています。

005

一旦裏返してしまうと、先程まで存在していたギザギザのヒダ穴すらどこかに行ってしまい、ただの粗めのヒダがついた無造作系の構造に成り下がってしまいますね。

M9049-03-670x

内部は、もう数えるの面倒になるくらいの複数の要素が詰まった多段構造が採用されており、「多段構造=正義」の方程式がまだまだ通用していた一昔前のオナホールを思い出してしまいますね。

挿入してみよう

hipknock002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

普通に使える普通すぎるトルソー型ホール

といった感じの挿入感で、特に軸ズレしていたりするわけでもなく。
ボディバランスが悪くて肉厚に不具合が顕著に出ているわけでもなく。
のっぺりしていて内部構造が伝わってこないわけでもなく。
射精出来ない程の挿入感になっているわけでもなく・・・。

といったような、とりあえずオナホールとして最低限この基準はクリアしていて欲しいと思うような項目はどれもクリアしているように思える挿入感になっているように思いますね。

0010

内部はやや狭めで密着感も高くなっており、メッシュのような縦横の刺激が混じったようなヒダ的なものがペニスをよくコスってくれるような挿入感になっているので、刺激加減はほどほどに強めなバランスになっていますね。

多段階構造がいつもそうなってしまうように、結局の所一つずつのパーツが小さすぎてごちゃごちゃしていて雑多な感じの荒い挿入感になってしまっているのは今回もその通りな感じで、部分部分の刺激がどうのこうのというディテールは一切感じる事が出来ず。

奥の方にあるメッシュっぽいヒダがコスれてくる刺激くらいしか、表面上には現れていない感じですね。

002

素材的にもかなりあっさりとした軽い感じの挿入感になっており、そこそこ刺激寄りな挿入感でもあるので射精にまでは余裕で持ってはいけるんだけれども、射精寸前の気持ちよさの高ぶりというものが非常に低くなってしまっており、「とりあえず生理的に精子を吐き出しておく」といったようなジャンクオナニーのような使い心地になってしまっているのが残念な点ですね。

今までのラインナップの流れからすると、今回のように「普通に使える普通のオナホール」という評価になっただけでも一歩前進した・・・と言えるのかもしれませんね。

オススメ度的には40点前半台くらいの★3がちょうどいい評価だと思います。

オナホデータ

M9049-01-670xHip Knock【ヒップノック】
平均価格:2,700円前後
1gの値段(nkp):約6.2円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review003
販売店はこちら