PUNI-VIRGIN[ぷにばーじん]ZERO-Lv.2
今回はG PROJECTの
「PUNI VIRGIN[ぷにばーじん]ZERO Lv.2」
試してみました。

PUNIVIRGIN[ぷにばーじん]ZERO」の続編ですね。



一直線な構造の刺激がほぼゼロなオナホール

EqziFBmVoAEHHno

あらゆるオナホールは、いかにして内部構造にイボやヒダや突起をつけて、あらゆる刺激を探求しようと試みているのに対して、「無刺激」という衝撃的な逆転のコンセプトで登場した「PUNIVIRGIN[ぷにばーじん]ZERO」という名のオナホール。



そもそもが「無刺激なオナホール=逆に気持ちいい」というコンセプトの元に作られているわけではなく、ペニストレーニング的なコンセプトで作られている為に、気持ち良さが直接影響してしまうオナ郎のレビューでは評価こそは奮いませんでしたが、特殊用途で尖りまくったコンセプトというのもあってそこそこの人気があったオナホールだったように思います。

M9034-01-670x

ペニトレ兼無刺激系ホールの第二弾として発売されたのが今回のオナホール。

「刺激ほぼゼロ」

というコンセプトはそのままに、Lv.2になったことによって前作の究極の「のっぺり」構造から、もう少し変化を楽しめるような内部構造にパワーアップしているようですね。

M9034-02-670x

公式の紹介画像では真横からの断面図が掲載されていませんでしたが、入り口からのアングルでは大小のイボがつけられた構造になっているのが確認できますね。

なんとなくこの構造を見る限りでは、刺激を得るための引っかかりとしてイボをつけているわけではなくて、壁に起伏をつけることでモコモコっとしたアクセントを加えるためだけにイボがつけられているように見えるので、今回も挿入感にこそアクセントはあれども「刺激ほぼゼロ」的な挿入感になっていそうですね。

開封してみよう

002

重量は約384g、全長は約12.5cm。

最終形態の鉄雄感のあるボディ・・・ではなくて、おそらくパッケージのようなむっちり巨乳感を意識して作られたようなモコモコした造形になっており、ここまで奇抜な形のオナホールというのも、昨今のシンプル気味な造形が主流な中では珍しく感じますね。

punizero2001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

ふわとろ感のあるかなり柔らかめな素材で、臭いの方はほぼ無臭なくらいまでに抑えられていますが、油っぽさの方が少し気になるくらいについています。

004

入り口もムチムチな肉に挟まれているような造形ですね。

005

先程の紹介画像よろしく、入り口のかなり手前の部分には大きなイボが付けられていますが、手前すぎてクパっと開いてしまうと隠れてしまいますね。

007
008

あ、こういう構造だったのね・・・

公式の画像から想像していたものは、もっと内部がイボでモコモコとさせたもので統一されているのかと思いきや、内部の方は前作を踏襲した超のっぺり壁にスティック形状のようなものがプラスされた構造になっていました。

確かにこちらの方がシリーズの統一感があって良いとは思うんですが、公式の画像で断面図が掲載されていないのはあえて何かの意図があるんでしょうかね。

挿入してみよう

punizero2002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

なんて絶妙で残酷なレベル2っぷり・・・

普通レベル2とか言いながらも続編になったらもっと分かりやすく刺激を上げてくるもんだと思うんですが、本当にRPGのレベルが一つ上がって「しげきが1あがった」程度にしか前作からの変化がなく。

001

この刺激量の微妙な変化に気付く事の出来た自分を褒めたいまである、コンセプト通りな

「ほぼ刺激ゼロなレッスン用のレベル2なオナホール」

に仕上がっていると思います。

何も考えずにストロークしていれば、おそらくは前作とほとんど違いがなく「無刺激なめちゃくちゃのっぺりなオナホール」くらいにしか感じられないであろう挿入感なんですが、オナホの声をしっかり聞いてあげる事によって、射精しやすくなるような2つの刺激ポイント・・・というか

射精の為の2つの救済ポイント

のような、儚いアクセントを感じる事が出来るようになっています。

002

一つは入り口周辺にだけついている大きなイボの構造部分で、通常の深いストロークをしていればこの入口部分はほとんど刺激のアクセントにはならない部分なんですが、入り口付近だけで亀頭を出し入れする超浅いストロークを行えば、このモコっと当たるイボの感触がわずかながらも刺激の助けになってくれて、まるでロッククライマーが小さなエッジを見つけてさらに上に昇っていけるかの如く、はるか遠くにある射精への手助けの為の小さなフックポイントとして機能している感じですね。

001

もう一つはもちろん内部についている大きな縦ヒダの部分で、こちらも普通にストロークしていれば「縦ヒダなんて本当についているのか・・・?」と思ってしまうくらいに、存在感のない構造になってはいるんですが、ペニスに意識を集中させて角度を決めた上でゆっくりストロークしてみると、裏スジに当たる縦ヒダの感触を発見する事が出来るようになっており、ストロークしながら半回転させるような動きを加える事によって、妖精の息吹のような儚い刺激を裏スジに加える事が出来るようになっている感じですね。

ふわとろ素材のおかげで、終始心地よさみたいなものは振り切って感じる事が出来るので、ほぼ刺激ゼロで正直気持ち良いとは言えないこの挿入感でも、途中でペニスが萎えてしまう事はなく。延々とストロークは出来てしまうんですが、

「そろそろイキたいのに、なかなか射精のキッカケを掴めない」という、まさしく低刺激で射精する為のレッスンを受けているような挿入感で

前述した2つの救済ポイントを駆使して20分くらいストロークしていたら、ようやくドバドバと溜めに溜めた精子を吐き出す事が出来て、ようやく訪れてくれた射精時の気持ちよさよりも「G PROJECTの挑戦に打ち勝ってやった達成感」の方が強かったですね。

気持ちいい気持ちよくないの評価をすれば、なぜこんな無刺激なオナホールで頑張ってオナニーしなければいけないんだ・・・という感想になってしまい(心地よさは良いけれども)、オススメ度としては今回も★2程度にしか付けられない代物ですが、例えば射精障害だとか刺激系のオナホに慣れすぎたアイアンペニスの矯正用だとかの、コンセプト通りなレッスン用のオナホールという用途としては、無刺激だけど頑張れば射精は出来るという絶妙なレベル2くらいのバランスで作られているオナホールだとは思うので、そういった用途目的で買う方には評価以上に価値があるオナホールなのかもしれませんね。

オナホデータ

M9034-01-670xPUNI VIRGIN[ぷにばーじん]ZERO Lv.2
平均価格:3,000円前後
1gの値段(nkp):約7.8円
刺激レベル:■□□□□(5段階:1)
review002
販売店はこちら