連続絶頂!!カリぐりぐ
今回はファンタスティックベイビーの
「連続絶頂!!カリぐりぐ」
試してみました。

片面二層的なオナホールですね。




ファンタスティックベイビー

もはや見向きもされないような新メーカーだった頃から1年と少しという短い期間を経て、ものの見事に結果を出してしまったが為に、ダークホースの時代を経て見事に人気オナホ馬になって次回作に結果が求められてるようになってしまい、さぞかし社内ではプレッシャーを感じているであろうこのメーカー。

ただ、「裏すじ妖技 ふわゾリの舞」のようなベタ褒めな★5が出るかどうかのさじ加減なんて、オナ郎が自ら気合を入れてオナホを製作してみたからといっても毎回★5のオナホを生み出せるかと言われれば、そんな自信は毛程もなかったりするくらいに運要素も絡んでくるものだったりするので、あまり気負わずに直近のオナホールで★4をコンスタントに出せている事に大きな自信を持って欲しい所ですね。

「★5は運の要素が絡むけど、★4がコンスタントに取れるのはオナホメーカーの地力の強さ」

★5のオナホなんて、たまたまオナ郎のペニスと相性が良かっただけ・・・という見方も出来ますからね。

M9392-01-670x

そんなわけで今作は「裏すじ妖技 ふわゾリの舞」でしっかりと実用性を見せつけてくれた

「片面二層構造」

という、めちゃくちゃ新しいわけではないんだけれども、言われてみれば確かにどこもやっていなかったコロンブスの卵的な新しい発想の構造で、片面二層なオナホールとしては第二弾となりますね。

二層構造一覧

確かニ年くらい前に、わりと真面目に作った現在存在するあらゆる二層構造のラインナップの図でしたが、やはりこの時にも片面二層構造というものは存在しておらず、今回新たにラインナップに加えさせて頂きました。

M9392-03-670x

前作の「裏すじ妖技 ふわゾリの舞」はヒダメインな構造でしたが、第二弾となる今回はコンセプトとしてもヒダとの対極にある分かりやすいイボ構造のオナホールになっているみたいですね。

実績のある「裏すじ妖技 ふわゾリの舞」と同じ片面二層を採用している・・・という前情報があるので、まだ挿入感にも期待はしてみたくはなりますが、これがもし普通のオナホールの断面図であれば「なんて無難な大イボ構造なんだ・・・」と思ってしまうような、ちょっと期待感が低い構造にも見えてしまいいますね・・・。

前のレビューの時も書いたような気がしますが、この断面図ではやはり片面二層の魅力というものが100%伝わらないような気がするので、こんなレビューサイトで熱心にオナホを勉強しにきてくれているユーザーの方にはオナ郎がなるべく分かりやすくお伝えさせて頂きますが、それ以外の多くの方にも伝わりやすいようにパッケージや説明画像の方でも見せ方を工夫した方が良いかもしれませんね。

開封してみよう

001

重量は約360g、全長は約15.5cm。

半透明な素材にうっすら内部の濃いピンク色の素材が透けている素材で、表面はツルツルとしたシンプルな加工で、入口付近の肉厚の盛り具合も控えめな造形になっています。

karigurigu001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

素材はかなり柔らかめで、れっきとした「ふわとろ系の素材」と呼べるようなムニュムニュとした触り揉み心地の素材感ですね。

臭いはほどほどくらいですが、油っぽさの方はそれなりに気になるくらいにはついている素材が使われています。

002

入口は特にこれといったアソコらしい造形にはなっておらず、小さめの穴が空いているだけの造形ですね。

003

入口をくぱぁしてみると、今作の真骨頂でもある片面二層な素材がしっかりと確認出来るようになっており、先程の断面図の画像から想像していたよりも、実物はかなり存在感のある大きなイボがついていました。

004
005

固めな素材の方は、巨大なイモムシのお腹側のような足っぽさのあるような大きなイボが8個程ついている構造で、もう片側はイボでもヒダでもない有機ヒダのようなザラザラとした壁面になっていますね。

挿入してみよう

karigurigu002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

いやまぁ普通に良いな。

さすがに大味すぎるデカイボ構造では実用性が著しく落ちてしまうのでは・・・なんて内部構造を見てからの予想もある程度はしていたんですが、挿入してみればなんてことなく「なかなか気持ちいいじゃねぇか・・・」と思ってしまったくらいには余裕の実用性はあったりで、良い意味で予想を裏切られてしまいましたね。

002

断面図から見ても想像出来るように、要となっているのは片面二層によって付けられているややハード素材な大イボの部分で、全体的にまったりとした挿入感に包まれながらも、裏筋側に確かなモコモコとした大イボが蠢く感触を味わえたりと、まったりしすぎて刺激のエッジ感が低くなってしまうふわとろ系の素材の弱点を見事にカバーして、まったりしつつもちゃんとしたイボの刺激も楽しめるオナホールとして仕上がっている感じですね。

感覚的にはこの前レビューしたTENGAの「TENGA Bobble マジックマーブルズ」のような異物混入型の挿入感がちょっとばかし頭によぎってしまう挿入感に近く、文字通りに柔らかい素材の中に存在している異物的な大イボの触感をダイナミックに味わえる挿入感になっています。

ただ、やはり要となっているのはダイナミックなイボメインな挿入感なので、繊細な気持ち良さを感じられる・・・と言う感じでもなく、ふわとろ素材に包まれながらの異物感のある大イボのアクセントが心地よく効いてくれているくらいのやや大味感のある気持ち良さではあるので、ただそれだけの挿入感なのであれば評価はそこまで上がらない所  なんですが、

「奥の方にもう一癖なんかおるな・・・」

という、イボとは違ったアクセントを効かせているのがこのオナホールのトータルバランスを一段階引き上げている素敵ポイントになっていますね。

001

キャッサバ画像で見ると一目瞭然ですが、イボの間にモジャモジャっとした固い素材ベースの有機ヒダのゾーンがあり、

なぜか最後の部分だけが奥までグイっと挿入した時に、強めに裏筋を引っ掻いてくる

という狙ってやっているのか、たまたま偶然そうなってしまったのかの意図が読めない偶発的な感じの挿入感のアクセントを加えてくれており、この部分が特にふわとろ素材とのギャップ感でかなり印象的で気持ちの良い刺激を生み出してくれていますね。

途中の所にも同じような有機ヒダはついているはずなんですが、道中の挿入感はわりとのっぺり気味な感じで、イボのモコモコ感だけが際立っている感じなので、もしかしたらイボとイボの間についている起伏の部分が邪魔をして有機ヒダにまでペニスが届きにくいような構造になってしまっているのかもしれませんね。

001

雑コラで作ってみると、もしかしたらこういう構造になっていた方が、ピンポイントで裏筋全体にザラっとしたアクセントを加えつつもイボの異物感まで味わえるような挿入感になって、もしかしたら★5にまで届いていたかもしれませんね。

現状のバランスでは★4くらいがちょうど良い加減といった感じで、ふわとろ素材でイボメインな挿入感のオナホールを探している方にはオススメしやすいオナホールだと思います。

ちなみにハード素材を上側にして使うと、結構普通な感じのザラついた刺激なふわとろ系ホールに変身してくれるので、ちょっと挿入感に飽きてきたな・・・って時には、角度を変えて上げると刺激が大きく変わってくれたりするのも、片面二層の良いポイントになりますね。

オナホデータ

M9392-01-670x連続絶頂!!カリぐりぐ
平均価格:2,100円前後
1gの値段(nkp):約5.8円
刺激レベル:■■□□□(5段階:2)
review004
販売店はこちら