ととのう
今回はメイトの
「ととのう」
試してみました。

サウナ的なコンセプトのオナホールですね。



いつの頃からかは分からないけど、最近ちょくちょく耳にするようになってきた「ととのう」というサウナ界隈で使われているこの言葉。

サウナと水風呂の往復を何回か繰り返しているとトランス状態に入る事があるらしいのですが、それをキャッチーな表現で表したのが「ととのう」という言葉らしいですね。

スーパー銭湯はわりと昔から好きな方でちょくちょく行っていたんですが、サウナにはそこまでハマっていなかった(一回入って終わる程度)ので、残念ながらこの「ととのう」という状態をオナ郎は体験した事がなく。サウナと水風呂に繰り返し入っている人を見ては「なぜそんな苦行のような事を・・・」なんて思っていたんですが、その苦行の先にサウナオーガズム的な快感があるとはさっぱり知りませんでしたね。

001

今回はそんな「ととのう」という状態をオナホで再現してみようというコンセプトですね。

ho9414jp-001

たださすがにそんなトランス状態をオナホで体験させてくれるような素敵なものが発売されるわけもなく、内部構造は「蒸気」と「サウナストーン」と「炎」を内部構造に落とし込んだだけ・・・というものになっているみたいですね。

オナ郎は先程も言ったようにサウナにハマっているわけでもなく、「ととのう」という言葉も最近知ったばかりなので、このコンセプトを見ても「ふ~ん」くらいにしか思わなかったんですが、NLSの方でこのオナホがピックアップされていたので何気なくその内容を読んでいたら、どうやらNLS内にはかなりのサウナ好きなスタッフがいるらしく、辛辣なコメントをしていて面白かったので紹介させて頂きましょう。

002

サウナ好きの方には逆に怒らせてしまうくらいのコンセプトという事でよろしいでしょうか?

開封してみよう

001

重量は約436g、全長は約15cm。全長はそこまで長くは取られないので、436gでも十分な肉厚感を感じるような造形になっていますね。

totonou001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

素材はいつものメイトの自社工場製の素材が使われています。固さは普通くらいで臭いや油っぽさはほどほどくらい。時期によって固さの異なる安定感のないメイト素材ですが、今回は普通くらいに感じる固さ加減になっていますね。

002

入口は一本の縦筋に、かなり大きめな穴が開いた入口になっています。

003

先程の内部構造の説明だと、入口のこのイボっぽい部分は「炎」を表している事になっていますね。

004

「この構造は何をイメージして作られたものか答えよ」というテスト問題があっても正解率は限りなく0%に近そうなサウナ的な構造がこちら。

とりあえずイボメインな構造で、奥の方は太めの山脈系のヒダがついている・・・という事は構造的にもとても分かりやすいですね。

挿入してみよう

totonou002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

メイトがサウナをナメているのかいないのかはさておき、コンセプトになっているサウナワードを借りて表現すると、

イボ構造のオナホとして非常にととのった挿入感

になっており、コンセプトの良し悪しはともかくオナホ的にはなかなか良いものに仕上がっていますね。

001

ゴロゴロデコボコとした複数ついているイボの1つ1つの存在が分かりやすいエッジ感の強めな挿入感になっており、誰が挿入しても「これは確かにイボ構造のオナホールだ」と納得出来るくらいに、イボ系らしさの感じられる突起系の刺激がメインになっていますね。

002

奥の方には太めの縦ヒダがついていますが、これもどちらかというとヒダと言うよりかはイボっぽく感じるような刺激になっていて、中盤のデコボコとしたイボがペニス全体を刺激してくる密集気味なイボ構造から、奥の方ではイボの数が少し減ってピンポイントでいくつかのイボっぽいものが当たってくるような挿入感の変化を味わう事が出来るようになっていますね。

柔らかくもなく、固くもない普通くらいな固さ加減になっているのも内部構造との相性が良く。刺激が強くなりすぎない程度なまだ万人受けしやすい加減に抑えられている上で、イボのエッジ感を最大限感じられるギリギリの固さ加減なんかが非常にバランス良く作られているように感じてしまいました。

中から奥まで余す所なく、どこかしらの部分で突起やイボの存在感を執拗に感じれるようなオナホールになっており、それらは決して単調な挿入感ではなくて、ストローク毎に変化を味わえるような程よい複雑さも感じさせてくれながらも刺激や全体的な挿入感自体はシンプルに収まっているというのが良い点ですね。

シンプルな刺激なんだけど昔から存在しているような普通のイボ構造ではないバランスの良い素直なイボ構造なオナホ  という意味では、少し前にレビューした「ココロフレクト」と同じように、

初心者の方が「やや刺激寄りでイボ系のオナホ」に挑戦してみるのにはちょうど良いかもしれない初心者向きなオナホ

といった感じですね。

オススメ度は70点前後くらいな★4は普通にあるんじゃないかと思います。

オナホデータ

001ととのう
平均価格:2,300円前後
1gの値段(nkp):約5.2円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review004
販売店はこちら