千鶴ちゃん開発日記
今回はタマトイズの
「千鶴ちゃん開発日記 ~強気な優等生をオナホ扱い~」
試してみました。

「千鶴ちゃん開発日記」とのコラボホールですね。



もはやコラボしておかないと落ち着かない体になってしまったのか、やけにコラボ商品を連発でリリースしまくってくる最近のタマトイズ。

M9513-10-670x
今回はVtuber・・・ではなく、商品名そのままな「千鶴ちゃん開発日記」というコンテンツとのコラボ商品という事で、調べてみた感じ成人コミックやOVAにもなっている作品のようですね。

M9513-13-670x

三次元パッケージのAV女優さんなんかの「アソコを完全再現!」と言われたら反射的に「ほんまかいな」とツッコミを入れてしまう所ですが、「二次元キャラのアソコを再現」と言われたらある意味ではなんでもありな世界ではあるので、どんな構造でも「そうなんですか」と納得せざるを得ないですね。

内部構造はかなり大きめな縦ヒダに加えて子宮ゾーンがやけに目立つような構造になっています。

なんだか最近、内部構造の説明に「縦ヒダ」という言葉をやたらと使っているような気がするのはきっと気の所為ではなく、オナホのちょっとしたブームによるものでしょうね。

開封してみよう

001

箱からオナホを取り出した時に感じたちょっとした違和感。

普段はあまり紹介する事はないんですが、オナホを包んでいる"袋”というのにも、各メーカーには各々の個性が現れていたりするもんなんですが、いつもの半透明な袋とは違う半透明なものに今回は入っていたのがちょっと気になってしまった点。

もう少し突っ込んだ話をすれば、この半透明な白い袋は中国製のオナホールによく使われている材質のものだったりするので、「今回は自社工場製ではなく中国製のオナホでも使っているのかな?」くらいの疑問を抱いてしまったので少し調べてみました。

008
一応確認の為にパッケージを改めて(舐め回すように)調べてみても、いつもタマトイズが使っている「安心の日本製」のロゴは確かに今回は書かれていませんね。

009

ただ、FANZAの商品説明のページにはちゃんと原産国が日本だと明記されていたりするので、おそらくは日本製のオナホールなのは間違いないんでしょうけど、じゃあなんでいつもしっかり入れてくる日本製のロゴは書かれていないんだ・・・という疑問は残ってしまいますね。

002

ちなみにこちらがオナホールの本体。重量は約428gで全長は約14.5cm。

入り口付記の太ももっぽい造形の部分に肉厚が多めに使われているような造形になっています。

tidurutyankaihatunikki001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

少し柔らかめで臭いは控えめ。油っぽさはほどほど~少し気になるくらいについている素材になっています。

これが日本製の素材であるのならば、間違いないのはタマトイズの自社工場で作っているものではまずないだろうという事で、臭いの低減っぷりなんかはかなり良い線をいっている素材ですね。

FANZAのページに日本製とさえ書かれていなければ「中国製だろう」なんて説明をしていたかもしれません。(あぶねぇあぶねぇ)

003

入り口は幼い感じの造形になっており、お尻だか太ももだかのラインまで表現していますね。

004

入り口付近はかなりガッツリとした「くぱぁ形状」な造形が採用されていました。

005
006

内部は二層素材になっており、典型的なぼてひだ系タイプの太めな縦ヒダに、若干大きめに子宮ゾーンが設けられている構造になっていますね。

挿入してみよう

tidurutyankaihatunikki002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

なかなか程よいぼてひだ感。

マキシマムにその特徴が醸し出せている成功例なぼてひだ系のオナホール程には、その複雑なグニョグニョ感はそこまで醸し出せてはいないものの、一突き毎に多少のグニョッっと複雑さのある縦ヒダのうねり具合を感じられる様なんかは程よく満足感を感じさせてくれるような挿入感になっている感じですね。

010

横ヒダのジョリっとした刺激も同時にしっかり感じられたりするので、普通に使いやすく。あまり意識せずともストロークしていれば自然と射精にまで到達出来てしまうような安定感のある使い心地になっているのが良い点ですね。

0010

そんなぼてひだ的な構造部分の完成度はそこそこ高いが為に、ちょっと気になってしまうのが最奥の子宮部分。

子宮の入り口部分を薄っぺらく作りすぎてしまった為なのか、子宮の穴に挿入するのが非常に難しくなってしまっており、奥までストロークしても「入った」といった感触があまりなくて「本当に子宮はついているのか?」と疑ってしまうような挿入感になってしまっていますね。

「ここか!ここか!えい!えい!」と、とりあえずがむしゃらにあらゆる方向や力加減でストロークしていれば、なんとなく「多分入っている」という箇所に巡り会えるんですが、その入っている感というのも非常に希薄だったり、奥のアクセントとしても良い構造になっているとは言えないような挿入感だったりで、完全に子宮部分でやらかしてしまっているような構造になってしまっていますね。

とは言っても、子宮部分が気持ち良さの邪魔になっているという程ではなく、単純に「あまり何もないように感じてしまう」くらいの挿入感なので、子宮部分がもっとちゃんとアクセントを感じさせるような作りだったりトータルバランスも良くてもっと良いオナホールになっていただろうな・・・という惜しさを感じてしまうオナホールではありますね。

前半部分だけでも★4くらいは余裕で付けられるバランスではあるので、「ぼてひだ系が好きな方であればオススメしやすい・・・」と言いたい所なんですが、普通に「ぼてひだ系」のオナホールで言えばもっと特徴が出せていてトータルバンラスの良いオナホールが過去にはいくつかあったりするので、「ぼてひだ系のオナホールは癖が強すぎて苦手なんだ」と思っているような方にオススメしやすいような、ライトな感じのぼてひだホールといった感じですね。

オナホデータ

002千鶴ちゃん開発日記 ~強気な優等生をオナホ扱い~
平均価格:2,400円前後
1gの値段(nkp):約5.6円
刺激レベル:■■■□□(5段階:3)
review004
販売店はこちら